FC2ブログ

== 短編 ==

短編 (94)妄想女子高生(7)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (94)妄想女子高生(7)

ああ…、はあっ…。
おバカな妄想にまみれてまたがった紗季に、逆姦状態のカオルはなりゆきのまま脱童貞していた。

「あ、ああ…」
あ、あんっ…、い、いい…。
バージンロストは紗季も同じだったが、毎晩シリコンバイブで疑似セックスしてきたという点ではカオルよりも経験者だった。生チンポを咥え込む悦びに若い女体を熱くしていた。

んんっ…、
同年の女の子から犯されても寝てるフリをするしかないヘタレ少年は、しかしオナニーとは全く違う快感に腰がムズムズして、ジッとしているのがつらかった。
あ、ああ…。
まだムケきってない勃起チンポが女性器に挿入される気持ち良さが、まだ経験のほとんどない少年の理性を惑わせていた。

「はっ、ああっ」
ん、あ、いいっ…、
ナマチンポを咥え込んで本イキで腰を振る紗季に、カオルの変化は見えてなかった。初めて生チンポにして興奮し、
んっ、あっ…、はあ、ああっ…。
妄想癖を激しくする暴走娘はナマ脚を大きく広げた紺ヒダミニのスソを激しく波立たせ、腰を前後に振ってただれた快感を貪っていた。

「んっ、くう…」
あ、はあっ…、
欲情した若い女体を艶めかしく踊らせ、激しく腰を振って生チンポの出し入れを繰り返す紗季に、
だっ、あっ、きもち、いいっ…。
カオルはノドの奥から湧いてくるあえぎ声をガマン出来ずに、小さな声で切なげにもだえていた。

「や、ああっ、いいっ」
んあっ、きゃっうんっ、い、いいのっ…。
毎晩一人で機械仕掛けのバイブでエクスタシーを感じていた紗季だったが、生チンポの固くて熱くて、しかししなやかな人肌を感じさせる刺激は全く別モノだった。
きゃひっ、いっ、ああっ…、
妄想にまみれた性欲のまま欲望を貪った紗季はいつもと違う快感の大波に襲われて、ブラとミニスカのみの汗がにじんだ女体を痙攣させると、
いっちゃ、あふっ、ううっ…。
ギュッと目を閉じて唇を噛み締めるカオルに抱きついた。

「ん、あ、ああ…」
あうっ、はっ、あああっ…。
汗で湿ったブラだけの上半身で抱きつかれたカオルは、ギュッと締めつける膣の気持ち良さに暴発した。
「あ…、はあっ…」
んっ…、あっ、ああっ…、
女子高生の膣ナカで射精した同級生は、ドクドクと脈動する勃起チンポから熱い白濁液を放出する気持ち良さに、
あ、ああっ…。
もだえる若い女体を抱きしめ、種付けの動物的本能から腰を突き上げ、半ムケ勃起チンポを子宮まで挿入していた。

短編 (95)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:10:10 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3263-6d57bd0b
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next