FC2ブログ

== 短編 ==

短編 (84)裏木戸からジョージ(6)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (84)裏木戸からジョージ(6)

「どうぞ」
ドリップしたコーヒーを氷いっぱいのカップに注いだ季絵は、ナマ太ももの奥をのぞかれるのを意識しながら、男の前で膝をついて置いた。

「…、いただきます…」
ムッチリした太ももの根本がキャミで隠れている部分をチラ見した男は、コーヒーも一気飲みした。
「あの、じゃあ…」
そしてすぐに立ち上がると、縁側で靴をはき始める。

「…、あの、これよかったら…、どうぞ…」
え…、いっちゃうの…。
逃げるように急いで靴を履く男の背中がにじんで、痛いほど寂しさがこみ上げて来る。季絵は思い切ってキャミに両手を入れてパンティを脱ぐと、男の前にさしだした。
「え?…」
ホカホカの生パンを渡された配達員がビックリしたように振り返ると、目の前に薄い茂みがあった。

「どうぞ、お好きなんでしょ」
見られてる?…、夫にしか、見せて…、
股間に突き刺さる男の視線に、季絵はソコのスジからいやらしい汁を垂らし、
ううん…、夫だって、こんな風に見たことない…。
ムッチリした太ももをかすかに震わせて、汗が滲んだナマ肌をすりあわせていた。

「うっ…」
男は小さく呻くとプチンと何かが切れる音を聞いた。次の瞬間
「ああっ」
野性に支配された男はくびれたキャミのお腹に抱きつき、板張りの縁側に押し倒した。
「はうっ、うああっ」
ケダモノのように声を上げ、社会の窓から取りだした怒張した陰茎を柔らかい下腹に押しつけた。

「あんっ、やあっ…、やさしく、してえっ、ああ、お願い」
あんっ…、襲われた…、
力が入った手がキャミをまくり上げ、シットリした柔肌を這い回る。
んあっ…、私、求められるっ…。
キレイな乳房が握りつぶされ、醜くひしゃげる。乱暴な愛撫の痛みにもだえる季絵だが、性欲ムキ出しの男から求められる悦びも同時に感じていた。

「あ、そ、そこ…、ああっ…」
あ、ああっ、くるうっ…。
体重を預けてのしかかってくる男に、太ももをムリヤリ広げられた季絵は、秘肉の合わせ目を食い込む男の分身の熱さに、せわしげな吐息とともにうわずった声を漏らした。

「うわっ、はあっ、あっ、んぐうっ」
ケダモノのような本能を押さえつけていた理性の糸が切れて歯止めの無くなった男は、つらそうにゆがむ美顔にますます興奮し、濡れた秘肉の入り口にカウパーまみれの先端を押しつけると、腰を突きだしていた。

短編 (85)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:47:06 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3253-cc672f04
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next