FC2ブログ

== 短編 ==

短編 (56)女湯ヒーロー(7)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (56)女湯ヒーロー(7)

「ナガミさん、こっち、こっち…」
結局メイド姿で作戦に参加することになった有華が、ドアから顔を出してナガミを誘う。

「ん?…、有華ちゃん、どうしたの」
脳天気な笑顔を見せるナガミは、まんまと罠にはまって誘い込まれる。

「ようこそ、ささ、どうぞ、ナガミさん、毎日ワケのわからん連中の相手させられて、大変ですねえ」
ニコニコ笑う白メイド有華の後ろから宮沢佐江がコーヒーを持ってくる。
「あ、佐江ちゃん、ありがとう、うれしいなあ」
ボーイッシュな佐江のスパルタンでセクシーな衣装をチラ見したナガミが、スケベそうに鼻の下を伸ばしてコーヒーをすする。

実はこのコーヒーこそがナガミ勃起エロエロ作戦のキモだった。赤マムシドリンクやスッポンの血、ジャコウジカ分泌液、ビーバーの精巣線など、チームÜに常備された精力増進剤をすべてブチ込んだ妖しげなスープの濃縮液が、このコーヒーにはたっぷり仕込んであった。

「はあ、おしいかった、あれ、佐江ちゃん?…、どうしたの?」
お気楽に笑いながらコーヒーを飲み干すナガミの後ろからこっそり忍び寄った佐江は、いすの脚にナガミの脚を縛り付け、手もイスの後ろに縛りつけた。
「楽しいこと、しましょ、ねっ」
トップスを脱いで控えめだが形のいい乳房をプルンとさらした佐江は、同じように裸になった有華とともにナガミのレザースラックスを脱がせ、ダランとした肉茎にしゃぶりつく。

「あ、うくっ…、有華ちゃん、は、あっ、佐江、ちゃん…」
二人の美少女にフニャチンを愛撫されたナガミは、特製コーヒーの効き目もあって、ソレをすぐさまジャイアントコックに変貌させていた。
「あら、ナガミさん、元気じゃんっ」
みるみる巨大化したソレに、サルガに変身して巨大化したナガミを見上げるような恐懼の表情を見せた有華が、好色そうな声でささやく。
「そうだね、ちょっと、味見、しようか?」
ニッコリ笑った目に淫靡な輝きを滲ませた佐江も、ギンギンにいきり立つ肉棒をペロペロ丁寧に舐めながら、有華の案に同意する。

「私から、いい?」
レースたっぷり純白オーバースカートを脱いで、純白レースブルマをもったいぶって足先から抜いた有華が、ウットリした表情でナガミにまたがろうとする。
「やだ、(総選挙の)順位が上の佐江が先でしょ」
ネチョッとした淫汁にまみれて濡れた秘肉にジャイアントコックを咥え込もうと、純白ニーハイの脚線美をつま先立ちする有華を押しのけ、佐江が拘束されたナガミに抱きつく。

「だ、だめだよ、ああ…、有華、ちゃん、ん、あ…、佐江、ちゃん」
宇宙怪獣の襲来を警戒して待機中だったナガミは、エッチなんかしている場合じゃないと拒もうとしたが、ジャイアントコックはヤル気満々に血管を浮きだしていきり立っていた。

「だめよ、それは私の役目でしょ」
もう、油断ならないんだから…。
物陰に隠れて様子をうかがっていた彩佳が登場して、裸でにらみ合う二人を退けると
「今度こそ、シテもらうわよ」
ちゃんと、勃つんじゃない…、
切れ長の目に妖しい光を帯びた彩佳は、ネットリした笑いを浮かべてレザーホットパンツを脱いだ。
「天国に、イカせて、あ・げ・る…」
もったいつけちゃって…、この、変態…。
ナガミとの初エッチに萌える彩佳は、いやらしい湯気を上げるアソコのトロトロな切れ目に、ビンビンのジャイアントコックを咥え込もうとまたがった。

短編 (57)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:07:42 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3196-92b72198
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next