FC2ブログ

== アベンジャー由紀 ==

アベンジャー由紀 (16)一筋の明るい光

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
アベンジャー由紀 目次

アベンジャー由紀 (16)一筋の明るい光

最愛の母を失い、父の安弘からも見放されて、閉鎖病棟に移された由紀が社会に復帰するチャンスはもう無くなったと思われた。

しかし閉鎖病棟で出会った医師は、由紀の心を覆った漆黒の闇に一筋の光を投げかけた。


彼女の名前は生島冴子。まだ20代の若い医師だが、由紀のように優しすぎるが故に心に傷を負ってしまった患者を数多く診てきた。

天国にいる淑子はひとりぼっちの由紀が不憫で、そんな冴子をひき合わせたのかも知れない。

冴子はカルテを見て、由紀の優しすぎる心が病状を絶望的に悪化させたのだとすぐに理解した。まるで淑子が乗り移ったかのように冴子は献身的な治療を行い、由紀の回復のために出来る限りのことをした。


まず冴子がしたのは、由紀の心を深い暗闇から引き上げるコトだった。向精神薬による薬物治療と同時に、冴子は時間が許す限り由紀に寄り添って話しかけた。

冴子が話しかける内容はその日の天気など、他愛のない世間話ばかりだった。そして一緒にいるときは出来るだけ手を握るなどのスキンシップを続けた。

冴子が一緒にいられないときは、冴子から指示を受けた看護師が同じように付き添った。

そんな冴子の地道な努力が、闇に閉ざされた由紀の心を少しずつ小さな光で照らしていった。


「由紀ちゃん、今日もいい天気よ」
いつものように冴子はベッドの横に座って由紀に話しかける。由紀は何を話しかけても、うつろな目を天井に向けたままで、まぶたを閉じてうなずくだけだった。

しかしその日の由紀は違った。頭をゆっくりと傾けた由紀は
「見たい…」
冴子の目をジッと見つめて小さくつぶやいた。

「そ、そう…、見て、いい天気よ」
胸にこみあげてくるモノをぐっとこらえた冴子は、優しく由紀を抱き起こすと窓の外を見せた。
「ほんと…、いい天気…」
ベッドに座った由紀はキレイに晴れ上がった空をみつめて、かすかに笑みを浮かべていた。

「うん…、ホントね…」
由紀の笑顔を初めて見た冴子は感情を抑えきれず、やせたカラダを抱きしめると声を押し殺して泣いていた。

アベンジャー由紀 (17)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:18:29 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3174-426a809e
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next