FC2ブログ

== 短編 ==

短編 (19)ボクの彼女(5)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (19)ボクの彼女(5)

「あ、あっ、ああっ、せんせいっ」
佐藤先生のエロエロ豊満バディに抱きついたボクは、とにかく興奮してワケがわからないまま、柔らかい下半身の弾力に腰をバウンドさせていました。

「ああ、だめえ、はっ、あっ、ああっ」
切なげな吐息を甘く響かせる淫乱教師は、網タイツガーターストッキングの太ももをボクの腰に絡めて、グイグイ締めつけてきます。

「あ、あっ…、先生…」
先生のカラダが気持ちよすぎて、ボクはあっという間に発射しました。オチンチンがビクビク震えて、ドピュッドピュッといっぱい出ました。先生のナカにいっぱいザーメンを注入して、スゴイ気持ちよかった。
「や、ああ…、は、ああ…」
ボクにナマ出しされた先生は、湿った太ももでボクの腰をギュウッと締めつけてきます。眉をしかめた難しそうな顔をしてましたが、すごいエッチに見えます。

「…、どう責任、とるつもり…」
しばらくハアハアと荒い息をしていた先生は、急にキリッとした顔になるとボクを睨んできます。
「責任…、ですか?」
美人の先生が真面目な顔をするととてもコワイです。ボクは縮んだチンチンからオシッコが漏れそうになりましたが、なんとかガマンしました。

「赤ちゃん出来たら、結婚してくれるの?」
迫力満点の美人顔が迫ってきて、ボクは腰が引けてフニャチンが抜け出しました。先生はソレに濡れ濡れのアソコの柔らかい肉を押しつけて、さらに迫ってきます。
「そ、それは…」
まだ高校生になったばかりのボクが、結婚できるわけ無いし、半ベソでうつむいていると
「なんちゃって」
急に笑顔になった先生の顔が、カワイイ系くるくるヘアの彼女の顔とダブっていました。

「気持ちよかったあっ…」
ボクの首に抱きついた先生は、ボクをギュッと抱き寄せて楽しそうな声を耳元にささやきます。
「あ、あの…」
まだ状況が飲み込めないボクは、情けない声で応えます。
「だから、私だってば、ちょっと先生のカラダ、借りちゃった」
先生の顔と彼女の顔が交互に現れて、ボクに説明します。

ちょっと落ち着くと、声は先生なのですが話し方が彼女だとわかりました。

彼女はいろんなエッチをしてくれましたが、本番はまだ未体験でした。彼女の説明によると本番のセックスだけは、生きている女性のカラダを借りないと出来ないのだそうです。

ボクは彼女が乗り移った先生とセックスをしていた、ということらしいです。

「わかった?…、キレイにしてあげる」
先生の豊満ムチムチバディがしなだれかかってきて、彼女の顔がニッコリ笑ってます。
「あっ…、ああ…」
彼女に支配された先生が、ボクのフニャチンを色っぽい唇で咥えて、ペロペロ舐めはじめました。

短編 (20)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 10:39:45 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3154-db908e32
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next