FC2ブログ

== アベンジャー由紀 ==

アベンジャー由紀 (11)百姓オヤジ

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
アベンジャー由紀 目次

アベンジャー由紀 (11)百姓オヤジ

…。
静かな湖畔の森の陰で、由紀は草むらに横たわっていた。
…。
白い雲がゆっくり流れていく真っ青な空が目に沁みて、時折目尻から涙がこぼれて耳タブから首筋に伝っていく。

強姦グループは由紀の処女マンにそれぞれ2回ずつナマ出しし、変態性欲を満足させると由紀を置き去りにしてどこかに消えていった。

…。
体のあちこちが痛くて、まくり上げられて乱れたセーラ服で陵辱された女体をかろうじて隠す由紀は、何も考えられずにただ草むらに横たわって空を見ていた。


「あ、あんた、何してんだっ?」
そこへ野良仕事帰りでクワを担いだオッサンが通りかかり、女子高生のただならぬ姿を目撃して大声を上げた。

「…」
その声にゆっくりまばたきしてから顔を傾けた由紀が見たモノは、作業ズボンを脱いだオッサンのズルムケチンポとキタナイ尻だった。
「こ、こんな、若い女は、ひさしぶりだっ」
慢性女日照りの独身中年は憐れな少女を助けるどころか、セーラー服がはだけた若い女体に瞬間欲情して襲いかかった。

「や…、やだあ…」
性欲に狂った獣たちに輪姦されて、2巡目にはもう抵抗する気力もなかった由紀は、山芋のようなズルムケチンポを、処女の血が混じった淫液でグチャグチャの、充血した秘肉の裂け目に挿入されても、小さく呻いただけだった。

「ふがっ、んがあっ、た、たまらんっ、若返るようやっ、ええのおっ」
由紀のつぶやきなど聞いちゃいない変態オヤジは、興奮してのぼせ上がったわめき声を上げ、淫汁まみれの山芋を出し入れし、イボだらけのキタナイケツを振っていた。

「…」
オッサンに見つかったときと同じ体勢で草むらに横たわる由紀は、ほとんど感覚のなくなった膣にオッサンの山芋がズコズコと挿入されるのを感じながら、生臭い鼻息で鼻毛ビロロンが忙しくそよぐデッカイ鼻の穴を、ぼんやり見ていた。

「んっ、お、おおっ…」
久しぶりに女の柔肌に触れたオッサンは、ひとしきりワケのわからない言葉をわめいていたが、突然停止して、ふくれあがった山芋をドクドクと脈動させ、由紀の膣ナカに大量のザーメンを放出した。

「はあ、えがった…、んじゃ、お嬢ちゃん、暗くなる前に、帰れ、なっ」
満足そうに鼻歌とともに作業ズボンを装着したオッサンは、カッコ付けているつもりなのか、大げさな仕草でクワを肩にかけると、のしのしとガニ股で去っていった。

アベンジャー由紀 (12)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:31:55 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3148-2fa39c0a
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next