FC2ブログ

== 短編 ==

短編 (4) 肉便器(4)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (4) 肉便器(4)

「そうかよっ」
快感の荒波に翻弄されて崩れ落ちそうな玲子が、かろうじて強がるのをカワイイと思ったしゅうは、同時にどSな加虐色情に襲われて思いっきり腰を突き上げた。

「ひっ…、あ、ああ…」
反り上がった熱い珍棒で子宮まで突きあげられた玲子は、白い喉を見せつけるようにのけ反り、苦しそうなあえぎ声を漏らす。
「じゃあ、こっちは、どうなってんだ」
エッチに感じているコトを認めない国民的美少女を、イジワルな笑いで見下ろすしゅうは、セーラー服の上衣をまくり上げた。
「やあ…、やめ、て…」
首の下までまくり上げられた玲子が弱気に抗うが、強姦少年の目に純白のブラがまぶしく飛び込んでくる。カップからあふれそうな上乳がタプタプ波打っていた。

「これ、なんだよ」
ブラをズリ上げると、プルンと揺れた乳房の先端にピンク色の乳首が異常に突出し、プルプル揺れる。
「すっげえ、感じてやがる」
イジワルな笑いを浮かべるしゅんが硬くなった先端をクリクリイジると
「や、やだあっ、あっ、ああっ」
緊縛されて頭ぐらいしか動かせない玲子は、セミロングヘアを振り回してのけ反り、カワイイ口からいやらしいあえぎ声を漏らす。

「くっ…、ふうん、ココが感じるわけだ、肉便器の玲子ちゃんは…」
乳首にもだえる女体に愛棒をキュッと締めつけられたしゅうは、イジワルに笑いながら両乳首をつまみ上げてオッパイをタプタプ揺らした。
「やっ、あっ、ああっ、やめっ、おねがいっ」
上下左右に振り回されるオッパイに合わせて切なげに頭を振る玲子は、子宮まで食い込んだ肉棒を膣全体でキュッキュッと締めつけてくる。

「くっ、いいぞっ、この肉便所、なかなかだっ」
キツい処女マンに締めつけられる快感で2度目を発射しそうな強姦少年は、ナマナカ出しを決意して、ガシガシと腰を振り始める。
「やっ、やだっ、あっ、ああっ」
少年の単調な、しかし力任せで激しい挿入に、あふれ出る愛液をぬめった飛沫にして洋式便所の水溜まりに飛ばす玲子は、欲情したメスになって艶めかしいあえぎ声を吠えまくっていた。

「くっ…、い、いくぞ…」
勢いに任せた激しい挿入で快感の頂点はあっさり訪れた。裏スジに熱いこみ上げを感じたしゅんは、恥ずかしいアヘ顔をさらす国民的美処女の発情した女体に抱きつくと、
「うっ…、くう…」
膨張した肉棒をドクドクと脈動させて熱い白濁液を処女の子宮に注ぎ込んだ。
「や、あ、ああっ…」
昨日まで男を知らなかった国民的美処女は、子宮を焦がす熱いザーメンにのけ反り、だらしなく開いた口のハシからヨダレを垂らし、M字に開脚されたニーハイの絶対領域をヒクヒクと痙攣させていた。


「…、よかったぞ、また使ってやるからな」
処女マンにたっぷりとザーメン注入した強姦少年は、焦点の合わないトロンとした目の玲子に満足そうに笑って、半立ちの息子を差し出した。

「ありがとう…、ございます…」
荒縄で緊縛されたままの女体を脱力させ、淫液でグチャグチャになった媚肉のスキマからザーメンをドロッと垂らした肉便器は
「またのご利用を…、お待ちしております…」
力の抜けた声でお礼の口上を述べると、愛液とザーメンにまみれた半立ちチンポをペロペロと舐めて、後始末のご奉仕をしていた。

肉便器 終わり

短編 (5)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:04:50 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3136-184a58f5
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next