FC2ブログ

== 短編 ==

短編 (3) 肉便器(3)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (3) 肉便器(3)

「すごいぞっ、いっぱい出てくるっ、そうか、肉便器だもんな」
緊縛セーラー服美少女を腕に抱えて、オシッコで濡れたパンティをめくり、ヌメリ気でヒタヒタになったマン肉の裂け目をいじくり倒すしゅうは、壁に貼られた紙を見て、興奮してうわずった声を上げた。

「んっ、んっ、んんっ」
なすすべもなく指マンで弄ばれる玲子は、ミジメで情けなくてボロボロ泣いていたが、若い女体は恥ずかしい切れ目から、いやらしい汁をとめどなく垂らしていた。
「じゃ、じゃあっ、肉便器として、つっ、使ってやるっ」
性欲に支配されて我を無くしたしゅうは、床に打ち棄てた猿轡を拾ってカワイイ口に詰めると、汗ばんだ短パンを脱いだ。

「んーっ、んんっ、んんっ」
少年の股間でそそり立つ邪悪な肉棒を見た玲子はおぞましさに怯えた目を見せ、イヤイヤしてセミロングヘアを左右に大きく揺さぶっていた。
「い、入れてやるっ」
血走った目でなさけない泣き顔をにらみつけたしゅうは、パンティをはいたままの腰を引っ張ると、反り上がろうとする息子を、パンティをめくったマン肉の裂け目に押しつけた。

「んっ…」
M字に開かれた股間に押しつけられた肉棒は、濡れ濡れの秘肉の切れ目に侵入し、処女の純潔をあっさり穢した。
「んんっ、んっ、んんっ」
プニプニの頬にボロボロと涙を滑らせる玲子は、緊縛された手脚を緊張させるだけで、少年の狂った性欲にただ蹂躙されていた。
「んんーっ、んっ、んっ」
そして膣粘膜をかき分けて侵入してくる熱い肉棒でメスの欲情を喚起され、官能の悦びを感じる女のサガに、自己嫌悪するしかなかった。

「キツ…、あ、あったけえ…」
手に吸い付くような柔らかい腰肉をめいっぱい引っ張り寄せ、若くワガママな欲望でいきり立った肉棒を根元まで挿入した強姦少年は、処女マンのキツさにうれしそうに唸り、
「気持ちいいぞ、肉便器めっ」
残忍な笑いで顔をゆがませて、さっきまで口汚く毒を吐いていた、しかし今はただの憐れな美少女を見下ろしていた。

「んっ、んっ、んっ…」
生殖本能に支配された野獣がゆっくりと腰の回転をはじめる。一定のペースで突きあげられる若い女体が、同じリズムで脱力した泣き顔を前後に揺らしていた。
「んっ、んっ…」
手足に食い込んだ荒縄に自由を奪われてどうしようもないと観念した玲子は、少しでも早くしゅうが果てることを、ただそれだけを願っていた。
「んっ、んんーっ、んんっ」
しかし愛液まみれ膣粘膜をかき分けて出入りを繰り返す勃起した少年の性器は、若い女体を次第に官能の悦びに突きあげ、苦しそうだった鼻息に少しずつ甘い響きを忍ばせていた。

「な、なんだよっ、気持ちいいのかっ、肉便器っ」
猿轡をカマされて悔しそうだった泣き顔に、メスのいやらしさが漂ってきたことを敏感に察知した強姦少年は、
「そうだろっ」
猿轡を取って美少女の泣き顔をのぞき込んだ。

「ち、ちがう…、へ、変態っ…」
外された猿轡にヨダレの糸が引いていた。血走った目でのぞき込んでくるしゅうから気弱そうに目をそらす玲子は、
「ぜ、絶対に訴えて、やるんだから…」
下腹部から湧き上がる熱い官能の荒波に、エッチなあえぎ声が漏れそうになるのをガマンし、精一杯の虚勢を張っていた。

短編 (4)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:03:05 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3135-eb9eee81
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next