FC2ブログ

== 短編 ==

短編 (2) 肉便器(2)

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 目次

短編 (2) 肉便器(2)

「んっ、んんっ、んっ」
ギュッと抱きついて膨らんだ股間を押しつけてきたしゅうに、純潔の危機を感じた玲子は力一杯暴れた。
「んっー、んっ、んんーっ」
吊された手がバタバタと暴れ、緊縛されたニーハイの太ももが偶然に膨らんだ股間を刺激していた。

「あ、あ…、ああっ、うっ…」
柔らかい弾力が勃起した息子をこすり、熱い官能の刺激が下半身を突きあげる。少年の敏感な性器は太ももにこすられてあっさり昇天してしまった。

「や…、やだあっ、変態っ、死んじゃえっ」
体操着に沁みるベットリした感触を太もものナマ肌に感じた玲子は、生理的嫌悪感をムキ出しにして、早漏少年を大声で罵った。
「あ…、だ、黙れっ」
思わずパンツの中で漏らしてしまったしゅうは、クラス一の美少女に早漏だと思われただろう恥ずかしさで、逆ギレした。
「こっ、こうしてっ、やるっ」
平常心を無くしていきり立ったしゅうは、ハアハアと興奮した湿った吐息にまみれ、毒を吐きまくるカワイイ唇を押さえ込み、食い込みパンティのスジを乱暴にコスリはじめた

「んっ、んっ、んんうーっ」
敏感な部分を乱暴に愛撫された国民的美少女は、攻撃的な性欲をあらわにする少年に恐怖して思わずオシッコを漏らしたが、苦痛にもだえて若い柔らかい女体を暴れさせる。
「お、おとなしく、しろっ」
頭がカッとなって後戻りできないしゅうは、オシッコの湿り気を帯びたパンティをめくって、スベスベしたマン肉をイジリはじめた。
「んっ、んっ、んうんっ」
まだ誰にも触らせたことない女の子の大事な部分に、いやらしい這い回る指先に恐怖する玲子は、あふれそうな涙を下まぶたに溜めていたが、アソコのピッタリした合わせ目からネットリした汁を滲ませていた。

「ど、どうだっ」
頭に血があがって止まらないエロ少年は、ハアハアと興奮した吐息でカワイイ横顔を湿らせながら、
「気持ち、いいだろっ」
指先のネットリした感触にこわばった笑いを見せると、スジに指を食い込ませて忙しく行き来させる。
「うっ、んんうっ、んっ、んっ、んんっ」
乱暴で稚拙な愛撫でも健康な若い女体は反応していた。カラダの芯で熱くなる女のサガを意識せざるをえない玲子は、それを打ち消すように懸命にかぶりを振っていた。

「ほっ、ほらっ、濡れてるぞっ、変態は、オマエだっ」
ネチョッとしたヌメリ気で淫靡にテカる指先を、カワイイ顔の前に突き出した早漏少年は、どうだと言わんばかりに半ベソの玲子を見つめた。
「んーっ、んんっ、んんっ」
玲子はケモノの匂いがかすかに漂う指先から顔を背けようと暴れた。声が出せない国民的美少女はイヤイヤして頭を振り、セミロングの髪が左右に乱れる。

「もっ、もっと、して欲しいんだな」
興奮して若い性欲をムキ出しにするしゅうは、美少女の顔を抱えてしっかり押さえると、きれいなピンク色の処女マンに、無茶苦茶に指を行き来させた。
「んっ、んっ、んんーっ」
少年の性的衝動に制圧されて何も出来ない悔しさに、半ベソで柔らかい唇を噛む玲子だったが、下腹からジンワリ湧き上がってくる官能の悦びを否定できずに、M字開脚されたニーハイの太ももをプルプル震わせていた。

短編 (3)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:47:41 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3134-c668b7db
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next