FC2ブログ

== アベンジャー由紀 ==

アベンジャー由紀 (2)美女ストリップ

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
アベンジャー由紀 目次

アベンジャー由紀 (2)美女ストリップ

「じゃあ、オレからな」
ベッドに突き倒された女性のカラダを舐め回すように見下ろす今中は、早々と裸になって下腹部にそそり立つ肉棒を自慢気にシゴいていた。

「ああ、見ててヤルよ」
フィルターを噛んで紫煙をくゆらせる坂井が、今中のズルムケチンポを眺めてニヤニヤしていた。ビール片手にリラックスする二人は、順番待ちで強姦ショウ見物の構えだ。

生臭い異臭の漂うベッドの上でセクシーな女体を横たえた彼女は、相変わらず半眼の覚めた目で三人の様子をうかがっていた。

そんな落ち着いた様子を三人はビビって身動きできないのだろうと高を括っていた。これまでのケースでも暴れて抵抗するか、観念しておとなしく犯されるかの2パターンだったからだ。

「うひひっ、美人ねーちゃん、おとなしくしてれば、じきに済むからな」
身動きしない彼女が怯えているとあなどった今中は、
「口、取ってやるけど、騒ぐなよ」
猿轡のガムテープを剥がすと、プックリしたシャインリップにいきり立ったペニスをネジ込んだ。

「おっ、ええぞ、おまえ、ノリがいいじゃねえかっ」
彼女は強制されるままに邪悪な熱気をはらんだズルムケチンポを咥えると、バキュームフェラを開始した。極上なお口の奉仕にゾクゾクする今中は、興奮したうめき声を上げて腰を振っていた。
「なんだ、ヤリマンか、だったらムリヤリじゃなくても、よかったか」
バカ面でみっともなく腰を突き出す変態に、缶ビールを煽る二人はゲラゲラ笑っていた

「脱ぎたいの、お願い、解いて…」
しばらくフェラを続けていた彼女は、脈動するペニスに発射が近いコトを感知すると、素早く離れて甘えた上目遣いで懇願した。
「あえっ、あ、ああ…、でも、おとなしくしろよ」
イク寸前で中断されて不機嫌な声を漏らした今中だったが、フェラよりナカ出しに興奮する変態は、甘える淫乱美人の申し出をあっさり受け入れた。

「ストリップショウか、いいぞ脱げ、でも、ブラとパンティは残しとけよ」
「ああ、いきなり全裸だとつまらんからな」
強姦ショウ見物の二人はビールを焼酎に換えてご機嫌だった。

「うふっ」
手足の緊縛を解かれた彼女は扇情的な立ち姿を見せると、早くも酔いが回ってきた二人に流し目を送り、もったいつけるように上着を肩から抜いた。
「おおっ、いいぞっ、おら、脱げえっ」
妖しい秋波を送る美女が艶めかしく腰を振って脱衣するセクシーストリップを肴に、今中も焼酎を煽りはじめた。

「脱いだわ」
ジャケットとタイトスカートを脱いだ彼女が声をかける。ガーターストッキングと純白レース下着姿でセクシーポーズを取り、まばゆいばかりのセクシーバディを誇示する美女が、男好きする笑顔で性犯罪者たちを見下ろしていた。

アベンジャー由紀 (3)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:12:25 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3119-f1250c2b
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next