FC2ブログ

== 女学生璃紗 ==

女学生璃紗 (29)前後穴精液注入

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女学生璃紗 目次

女学生璃紗 (29)前後穴精液注入

「ふぐっ、ひっ、らめっ、イグうっ…」
い、イク、イッちゃ、ううっ…。
アナルとマ○コを同時にズコズコされるただれた快感で気を失いそうな璃紗は、大浴場の高い天井を見上げて、酸欠の金魚のように口をパクパクさせていた。

「うっ…、せ、先輩、お先、ですっ」
発情した女体からダダ漏れするフェロモンに溺れて、ペース無視で腰を振りまくっていた後輩が、先に絶頂に達した。
「ひっ、あ、ああっ、熱いっ」
くっ、あ、当たる…、そこっ、いっ、いいのおっ…。
後輩は思いっきり腰を突き上げ、挿入時よりも大きく勃起した愛棒でボルチオ性感帯を攻め立てた。
ひいっ、いっぱい、あひっ、あふれちゃうっ…。
子宮に煮えたぎるザーメンをたっぷり注入され、膣に逆流するのを感じる璃紗は、本能的に膣を収縮させてドクドク脈動する肉棒を締めつけていた。

「あ、ああ、はああっ…」
淫らによがる女体にたっぷり種付けした後輩男は、満足そうな溜息を漏らすと璃紗から離れた。
「じゃあ、今度は、オレがっ」
粘膜越しにガシガシと太刀を交えていた先輩三助男は、前の邪魔モノがいなくなってアナル陵辱挿入を本イキで開始した。

「んっ、あっ、ら、めえっ、こっ、壊れるっ」
ひっ、うっ、くっ、くるっ、い、イッちゃうっ…。
バックからのしかかられて、浴場のタイルで女豹のポーズを強制された璃紗は、激しい挿入に掘削機でアナルを掘られる妄想を覚え、恐怖混じりのあえぎ声を上げる。
「うっ…、お、おおっ、イクぞっ」
怖じ気で緊張した女体にサオを括約筋でキツク締めつけられた先輩は、断末魔のうなり声を上げると
「ひっ、あ、熱いっ…、い、やあああっ」
くっ、くるうっ…、あっ、いっぱい、くるうっ…。
大量の白濁液を直腸に放出した。熱いザーメンでアナルの内側を焼かれた璃紗は、女豹のポーズのまま伸び上がり、白い喉を見せて野獣のような咆哮をあげた。

「よかったよ、キレイにするから、起きて」
最後の一滴まで注ぎ込んだ先輩が、快感にまみれてもだえる女体から離れると、後輩が璃紗を介抱して三助を引き継いだ。
「あ、あんっ、は、ああっ」
あ、そこっ…、ひっ、あうっ…、い、いいっ…。
あぐらをかいた後輩に抱きかかえられてはしたなく開脚した璃紗は、トロトロの媚肉を指でクチュクチュかき回されると、また快感の頂点に誘われてもだえのけ反る。

「いっぱい、出ますね」
官能の悦びにもだえる女体の膣口に二本指を差し込んで、自分が注入したザーメンを秘肉の切れ目からかき出す後輩三助は、照れたように笑っていた。

「んっ、あ、ひゃっ、らあっ、らめえっ」
いっ、やらっ、ひっ、ひゃらあっ…、
前後の穴を陵辱されて、体全体の感覚が異常に敏感になっている璃紗はそれどころではなく、
いっ、いぐうっ…、イク、いっちゃうっ…。
厚ぼったい大陰唇を広げて、やや赤味がかかったピンクの媚肉の切れ目に入り込む指の愛撫に、またも絶頂に突きあげられ、阿呆のようなだらしないアヘ顔をさらしていた。

女学生璃紗 (30)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:16:31 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3103-751718d6
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next