FC2ブログ

== 女学生璃紗 ==

女学生璃紗 (28)前後から陵辱

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女学生璃紗 目次

女学生璃紗 (28)前後から陵辱

「あ、ああ…、おちんちん…」
ひっ…、み、見てるうっ…、
体育会系三助男に陵辱される璃紗は男がしがみつく反対側を見て、シワクチャのおじいさんが血走った目を向け、
おちんちん…、勃ってるうっ、ああっ…。
股間に半立ちチンポをぶら下げているのを見て、羞恥心を熱くするのと同時に、秘めた露出狂的な倒錯した変態性癖を昂ぶらせた。

「オチンチン、欲しいの?…、じゃあ」
先輩に遠慮して手を出しあぐねていた最下級生が、そのセリフにそそり立った元気な肉棒を差し出す。
「え?…、んっ、ふわっ、ちゅるじゅっ」
ひっ、お、ちんちん…、おっきい…、お口が、壊れちゃうっ…。
バックから犯されるまま、目の前にデカチンポを差し出された璃紗は、強制フェラでおしゃぶりをはじめた。

「んっ、ふぶわっ、ちゅじゅるじゅびずちゅうっ」
くっ、苦しっ、あうっ、くうっ…、
四つん這いの体位にされ、厚めの濡れ濡れ媚肉のスキマをズンズン突きあげられる衝撃で、汗が垂れて火照った柔肌を忙しく波立たせる璃紗は、
くひっ、でも、おいしっ…。
バキュームフェラで吸引しながら、デカチンのカリ根と裏スジを舐め回した。

「うっ…、入れて、いい?」
途中参戦した最下級生は、強烈なフェラに早くも発射を予感してナマ挿入を希望する。
「じゃ、オレが後ろにっ」
それでバックで突きまくっていた三助男は、トロトロマ○コからいったん愛棒を引き抜くと、ヒクヒク震える菊門に先端を押しつけた。
「あふっ、にゃらっ、ひ、うううっ」
え、お尻?…、や、あ、ううっ、ひいいっ…。
初めてのアナルを犯された璃紗は、水気を滴らせる女体を怖じ気で緊張させたが、抵抗する間もなくケツ穴をズルムケチンポで犯された。

「じゃあ、ボクは前から…」
前を開けてくれた先輩に感謝の会釈をした下級生は、抱え上げられた璃紗に抱きつくと、サオを握ってヌルヌルトロトロの秘肉の裂け目に挿入した。
「あ、いっ、いいっ…、くっ、狂うっ」
ひっ、くっ、狂うっ…、オマ○コ…、こ、壊れちゃうっ…。
屈強な男子二人に挟まれ、前後の穴にデカチンポを突きされた璃紗は、白目を剥いたアヘ顔でヨダレを垂らし、
ああっ、いっ…、オチンチンが、出ちゃうっ…。
二本差しが女体を貫通して口から出そうな錯覚を覚え、M字開脚した太ももを苦しそうに震わせていた。

「んっ、いいっ」
初アナルを頂いた先輩三助男が、控えめな乳房を揉み砕きながら、うわずった声を漏らすと、
「ボクも、気持ちっ、いいですっ」
前から抱きついて腰をガシガシ振りまくる後輩も、極上の快感に溺れて汁気まみれのアヘ顔を舐め回す。

「んっ、ひっ、ひゃらあ、ひひゃあっ…」
いっ、あっ、オチンチン、気持ち、いいっ…、
健康な男子二人に前後から圧迫される璃紗は、両穴に激しくチンポを出し入れされる、ただれた快感に翻弄されていた。
うんっ、くっ、狂っちゃう…、
気絶しそうな快感にまみれた淫乱女子大生は、三助先輩男に体中まさぐられて、水滴まみれの柔らかい曲線を淫靡にゆがめられ、
い、イクうっ、イッちゃううっ…。
後輩男にだらしなく開けた唇を嬲られ、引き出された舌を吸われて、だらしないアヘ顔で首筋から乳房までヨダレを垂らしていた。

女学生璃紗 (29)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:22:46 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3102-3fd563c7
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next