FC2ブログ

== 女学生璃紗 ==

女学生璃紗 (24)ホームでナカ出し

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女学生璃紗 目次

女学生璃紗 (24)ホームでナカ出し

「にゃらっ、らっ、めえっ」
ひっ、あっ、あうっ、うっ…。
電車のドアの前で乳繰り合うセーラー服JKと淫乱女子大生を、大学生風男とリーマンが生チンポ挿入して陵辱していた。

「んっ、ひゃっ、らっ、あっ、ああっ」
うっ、ひっ、あ、当たるっ、そこっ、だめえっ…
ミニスカをズリ上げられてスベスベお尻をムキ出しにされ、補欠のリーマン男にバックからズコズコ挿入される璃紗は、ガマン出来ずにこもったあえぎ声を漏らし、ノーパンのオマタをネチョヌルに濡らしていた。

○×…、○×…。
次駅のアナウンスが流れて、電車がホームに滑り込む。

昼間の閑散時のホームは客がまばらで、璃紗たちに注目するモノはほとんどいなかったが、公衆の面前でセックスする後ろめたさでどMな被虐色情を熱くする璃紗は、恥ずかしくて顔を上げられなかった。

「あっ、んっ…」
はんっ…、あぎゅっ…、
電車が停止するとドアが開いて、璃紗はリーマン男の圧力で押し出された。合体したままホームに降りて、根元まで突きあげられた璃紗は、苦しそうにのけ反ったが
はあはあ…、恥ずかしい…。
丸出しの胸を手ブラで隠して、かかとを上げた脚を頼りなさげにフラフラさせた。

「やんっ、お姉様…」
同じように支えが無くて不安定な留美が抱きついて来た。

ホームで女同士が抱き合って後背位でセックスを続ける変態カップルは、意外にも他の乗客から注目されなかった。

面倒事を嫌ってワザと避けて通った人もいるが、4人が腰を密着させて性器を見せなかったので、セックスしていると思わなかったのかも知れない。

マヌケなカニ歩きでホームのハシに移動した4人は、本格的な野外露出挿入を開始した。
「ひっ、う、ううっ」
濡れ濡れで広がった媚肉の裂け目をズコズコと陵辱される淫乱JKは、はしたないあえぎ声をこらえて、こもった吐息を響かせ、
「にゃ、らっ、ふぁらあっ」
イク、イクうっ…、イッちゃうっ、おかしく、なるうっ…。
手頃な大きさの乳房を揉み潰されて、汗やヨダレで汁気まみれのだらしないアヘ顔をさらす璃紗は、ジュブズブといやらしい音を立てて肉棒を挿入される悦びに没入していた。

「うっ、い、くうっ…」
若いリーマンは発情した女体のキツイ締めつけに早くもフィニッシュを迎えていた。
「あひっ、ひゃ、らあっ、ああっ」
あ、熱いっ、ああっ、いっぱい、きて、るうっ…。
鋭敏になった膣粘膜に、いきなりザーメンシャワーを浴びた璃紗は、発狂しそうな悦びにもだえ、汗まみれの女体をヒクヒク震わせた。

「んっ、おっ、いくぞっ」
リーマンが発射したのを見た大学生風男は、チェックミニスカがまくれ上がったナマ腰にしがみつくと、グラインドを早めて膨らみきった愛棒を激しく出し入れした。
「あ、いっ、ひいっ」
激しい突き上げに脚を浮き気味にしてたたらを踏んだ留美は、こちらも前触れ無く発射された熱い白濁液に膣を焼かれるどMは悦びにまみれ、
「んっ、く、うう…」
快感の絶頂に突きあげられると、ジュワアッとオシッコをまき散らした。

女学生璃紗 (25)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:37:42 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3098-315526b8
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next