FC2ブログ

== 女学生璃紗 ==

女学生璃紗 (19)発狂寸前

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女学生璃紗 目次

女学生璃紗 (19)発狂寸前

「んぐっ、あっ、しぬっ、しぬうっ…」
んっ、いっ、いいっ…、
超高級リムジンンの中で璃紗は、2回目で持続力を保った絶倫紳士に陵辱され続けた。
もう、壊れるうっ、し、死ぬうっ…。
10回以上も快感の絶頂にイカされて、精神崩壊一歩手前だった。

「そろそろ、いこうか」
璃紗の洪水状態オマタで高級スーツをビショ濡れにした豪徳寺は、2度目の膣内発射を宣言すると、ヌルヌルの腰肉を抱えると腰の回転を速めた。
「ひっ、またっ、いくっ、いっちゃうっ、いっ、いびいっ…」
ひいっ、またっ、イクうっ…、ああっ、死ぬ、死んじゃう…。
極太チンポで勢いよく子宮まで貫かれた璃紗は後ろに倒れるほどのけ反り、絶倫紳士に白い喉をさらし、ピクピク震わせる。

「うっ、くっ…、で、うっ…」
低い声を呻いて裏スジをかけあげる熱い奔流を感じた豪徳寺は、子宮に食い込んだカリをいったん引くと、めいっぱい腰を突き上げて子宮をカリの形に広げた。
「うっ、あ、ああああっ、う…」
ひゃらあっ、あひゃあっ…、
ムリヤリ子宮口を広げられて、子宮に直接ザーメンをドクドクと注ぎ込まれた璃紗は、断末魔の悲鳴を上げて中年紳士に両手両足で抱きつくと、ヒクヒクと痙攣した。

「んっ、ああっ…」
ああ、いっぱい、ザーメンが…、
子宮に収まりきらない白濁液が膣に逆流した。
ひひゃっ、あひいっ…、キてるっ、ひいいっ…。
カリがはまってキツキツの子宮口からあふれるザーメンに膣粘膜を焦がされる美人大学生は、たくましいガタイに回した太ももをビクビク震わせ、背中に回した手を爪立てていた。
「あ…、や、ああ…」
やらあっ、出る、出ちゃうっ…。
ヒッと音と立てて大きく息を吐くと、発情した女体がダランと弛緩して、ブジョワッと二人の股間にオシッコをまき散らした。

「璃紗、気持ちよかったか…」
快感の頂点で気を失った璃紗に、オシッコシャワーを浴びた豪徳寺は苦笑いしながら、脱力して寄りかかる女体を優しくなでていた。
「あ、はあはあ…、ごめん、なさい…」
やだ、オシッコなんて…、ああ、恥ずかしい…。
体中で快感の火花がパチパチとはじけ続けていたが、璃紗は盛大にオシッコを漏らした恥ずかしさで、豪徳寺の顔を見られなかった。

「かわいいよ、璃紗…」
恥じらう璃紗のいとおしさに萌えた絶倫中年だったが、どSなイジワルな気持ちも湧き上がってきて、汗でヌルヌルするお尻を抱えてまさぐりながら
「今度は、こっちだな」
尻アナに指を突き刺して、グリグリした。

「やっ…、お、ねがいっ、もうゆるしてっ」
ひっ、お尻っ?!…、もう、絶対、狂っちゃう、死んじゃうっ…。
節くれ立った指先で直腸を犯された璃紗は、慌てて豪徳寺から飛び退くと、反対側のソファで自分を抱きしめて小さくなっていた。

「ぷっ…、冗談だ、もう、おしまいだ」
怯える璃紗にどSな加虐色情を満足させた絶倫紳士は愉快そうに笑うと
「璃紗、こっちに来なさい」
手をヒラヒラさせて璃紗を呼び寄せた。

女学生璃紗 (20)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:09:46 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3093-78f13806
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next