FC2ブログ

== 女学生璃紗 ==

女学生璃紗 (17)2回戦開始

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女学生璃紗 目次

女学生璃紗 (17)2回戦開始

「え…、はい…」
するって?…、あ、セックス、するのね…。
特大肉棒から目を離せない璃紗は、淫乱なメスの本能に背中を押され、豪徳寺の前にひざまずいていた。

「おっ、くうう…、いいよ…」
広げた脚の間にカラダを入れた璃紗に、そそり立つ男性自身をペロペロ愛撫された豪徳寺は、うれしそうな吐息を漏らし、キャミのナマ肌を優しくなでていた。
「は、はい…」
んっ…、ほめられた…、うれしい…。
口に溜まったツバを飲み込んで顔を上げた淫乱女子大生は、変態紳士の優しい言葉にうれしそうにうなずくと、ツバに濡れたシャインリップでカリにパクついた。
「おっ…、うまいよ…、く、うう…」
妖しくテカる唇をめいっぱい広げてカリを咥え込んだ璃紗が、鈴口をペロペロと舐める気持ち良さに、節くれ立ったたくましい指先が白い肩に食い込む。

「んふっ、ふっ、じゅっ、じゅびるっじゅぶるうっ」
気持ち、いいんだ…、もっと、してあげる…。
淫乱なメスの本性に支配されて、アソコを濡れ濡れにヒクつかせる璃紗は、丸太のような幹を懸命に咥え込んで、ディープスロートな愛撫を捧げた。
「おっ、おおっ、も、もう、いいよ…」
トロけるような極上フェラに発射を予感した豪徳寺は、璃紗を抱え上げると巨根にまたがらせた。

「あ、くっ…、くるしい…、んっ、うっ…、はいった…」
ひっ、さ、裂けちゃう…、く、んんっ…、お、おっきい…、
たくましい両手で腰を押し下げられた璃紗は、秘裂を引き裂かんばかりに侵入してくる特大チンポに苦しそうにのけ反りながら、
ああっ、すごっ、いっ…、く、狂っちゃ、ううっ…。
膣粘膜を引き裂きそうな巨大な圧迫感にどMな被虐色情を熱くし、アソコのスキマからネットリした汁をプチプチと飛び散らせていた。

「は、ああ…、いいよ、すばらしい…」
目眩しそうな快感に発情する女体を対面座位に抱えた大富豪は、肉棒を締めつけられる快感に、満足そうな笑みを浮かべる。
「んっ、くっ、あ、ああ…」
ひいっ、すごっ、いっ…、
苦痛混じりの激しい快感に気を失いそうな璃紗は、発情した女体を切なげに震わせながら、懸命に奥まで受け入れた。
あひっ、あ、ああっ…、あたるっ…。
鈴口をぱっくり開けたカリでボルチオ性感帯を刺激された璃紗は、だらしなく開いた口のハシからヨダレを垂らすアヘ顔を見せて、ムッチリ太ももをプルプル震わせていた。

ボルチオ性感帯で感じない女性も多いようだが、膣へのペニス挿入で感じる璃紗には、クリやGスポットと同じくらいにオーガズムを得られる場所だった。

「じゃあ、動くよ」
挿入しただけで軽くエクスタシーに達する璃紗の、感度の良さにご機嫌の大金持ちは、汗の浮いたラブハンドルを抱えて、ゆっくりと挿入を開始した。
「ひいっ、ああっ、うくうっ、ああっ」
あ、ひっ、く、くるっ、ああっ…、
カリにヒダヒダ粘膜がすり切れそうで、膣を引き裂かれそうな巨大チンポに、ビクンとのけ反ってリムジンの天井を見上げた璃紗は
そこっ、あっ、食い込んで…、ああっ、壊れちゃうっ…。
早くもGスポットからプシッと潮を吹き、女体を破壊しそうな凶悪な肉棒に、いやらしい潤滑油をまぶしていた。

女学生璃紗 (18)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:30:40 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3090-a5b4008d
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next