FC2ブログ

== 女学生璃紗 ==

女学生璃紗 (14)変態紳士登場

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女学生璃紗 目次

女学生璃紗 (14)変態紳士登場

「はあはあっ…」
ナマ本番でありったけのザーメンを注入し、ただれた性欲を満足させた疲労感を味わって、しばらく璃紗のカラダをまさぐっていた祐一だったが、
「あっ、おい、ケータイ、出せ」
窓の外の風景をチラ見して慌ててケータイを取りだした。

「あ、はい…」
めくるめく快感の余韻浸ってぼんやりした璃紗が、言われるままにケータイを差し出すと、
「よっ、っと、よしよしっ」
祐一は勝手にアドレス交換してニンマリすると、いかにも強姦されたという着乱れた璃紗の姿をカメラに収め、
「じゃあ、またあそんでやるっ」
停車ボタンを押して、せわしなくバスから降りていった。


なんだったの…、はああ…。
璃紗はバスを降りていく祐一の背中をただ茫然と見送っていた。
やだ、出てきた…。
大量に注ぎ込まれた精液があふれてきてティッシュを当てた璃紗に、性のはけ口として慰み者にされたミジメな感情が湧き上がることもなかった。

それはメスの本性が勃起チンポのナマ挿入を悦んでいたからだが、まだ璃紗にその自覚はない。

「今度は、私の番ですね」
急に声をかけられて、オマタの始末をするまま璃紗が顔を上げると、紳士然とした中年がフルチン状態でソレを勃起させていた。
「はあ?…」
なに?…、おちんちん?…、誰?…。
イキナリの展開にいきりたつ肉棒を無表情に見つめる璃紗だった。
「後ろ、向いてください」
状況が理解出来ない無表情の璃紗に、ニッコリ笑った変態紳士は後ろ向きになるようにやんわり命令する。

「あ、はい…」
後ろ?…、こうするの?…。
言われるままに背もたれに抱きついて、ツルスベのみごとなお尻を突き出すと
「んっ、おお、いいですよおっ」
変態紳士がバックから抱きついて、いきなり挿入した。
「んあっ、ああんっ…、ん…」
ひっ、お、おっきい…、お、おく、までえ…。
祐一より一回り以上大きい肉棒でいきなり奥まで犯された璃紗は、苦しそうにのけ反って口をパクパクさせたが、バス車内でのいやらしい声を自覚して口を押さえた。

「はうっ、ああっ、いい、です…」
苦しそうにもだえる女体に抱きついたエロオヤジは、カクカクと腰を振って愛液とザーメンまみれの息子を快調に出し入れした。

「ん、んっ、んっ、んっ」
あ、や、ああっ、い、いいっ…。
ナマ出しでいったんは絶頂を味わったカラダは、その鋭敏になった感覚でデカマラを味わい、より高みの快感を味わっていた。
い、やっ、あ、ああっ…、
おちついたスローテンポな挿入で、リズミカルに子宮まで犯される璃紗は、
ひっ、ひいっ…、狂う、くるっちゃう…。
膣粘膜がゆっくり引き裂かれるような、苦痛のともなった快楽に溺れ、頼りなく開けた唇のハシからヨダレさえ垂らしていた。

女学生璃紗 (15)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:48:02 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3087-cc8d55ae
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next