FC2ブログ

== 女学生璃紗 ==

女学生璃紗 (12)後部座席の痴態

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女学生璃紗 目次

女学生璃紗 (12)後部座席の痴態

ヌルッ、って…、ぬっ、濡れてるっ…。
尻タブの圧迫をはねのけ、その奥に指を進ませた祐一は、指の腹に触れたネットリした感触に、飛び上がりそうなほど沸き立った。

こ、こんなに、濡らしやがって、変態痴女、めえっ…。
こわばった顔をニンマリさせたエロボケ高校生は、ケダモノじみた本能に身を任せて、指先をせわしげにバイブレーションさせる。
や、あ、やん、だ、だめえっ…。
恥ずかしい事実を知られた璃紗は、少年に顔を向けられず、ただ女体を硬くしてぎこちない愛撫を受けていた。

「(こ、こっち)」
バスが止まって客が乗り込んでくるとハッとなった祐一だったが、覚悟を決めたようにかぶりを振ると、発情した女体を押して一番後ろの席に移動した。
「やっ…」
あ、あんっ、や、ああ…。
窓側に押しやられた璃紗は、興奮した少年にミニスカをまくり上げられて太ももを広げられた。
「(だ、だまれっ)」
ガタガタ震えながら大胆な痴漢行為を続ける少年は、頼りない悲鳴に顔を上げると切羽詰まった表情でにらみつけた。

「んっ…」
こ…、こわい…。
ギラギラした目から顔を背けた璃紗は、両手で口を押さえると自分から足を開いた。
「(へっ、イイ子だ…)」
勢いに任せた恫喝で璃紗を支配したつもりの少年は、悪ぶった口調で耳元にささやき、濡れた秘裂に指を差し込んだ。
「んふっ、ん…」
や、あ、ああ…。
愛液まみれの亀裂をクチュクチュとかき回す指先に、切なげにギュッと目を閉じた璃紗は、
はあっ、い、や、やああ…。
閉じそうな太ももをプルプル震わせ、いやらしい声が出そうになるのをガマンしていた。

「(さ、触れっ)」
秘所をイジられて欲情する女体に理性を無くしてのめり込んだ祐一は、膨らんだ股間を解放して口を押さえる手を取って握らせた。
「は、ああっ、はい…」
やっ…、
完全に主導権を取られて支配された璃紗は、いわれるままにするしかなかった。いきり立つソレをおそるおそる握った璃紗は、
あん、熱い…。
ビクビクと震える熱さに子宮をキュンとさせて、アソコからエッチな汁を溢れさせる。

「な、舐めてやるっ」
初めて勃起したチンポをキレイなお姉さんに触ってもらった祐一は、興奮した吐息まみれのうわずった声を漏らす。キャミの肩ひもをズリ下げたエロボケ高校生は、乳房をひりだして硬くなった先端を舐めた。

「あ、ああ…、だ、だめえ…」
あんっ、だ、だめえ、見られ、ちゃう…。
バス内でのお淫ら三昧な仕打ちに、辺りをうかがった璃紗だったが、幸い自分たちに注目する乗客はいなかった。
あ、はあっ、や、ああ…。
ソレである意味安心した璃紗は、胸の先端とアソコのポッチを同時に刺激される、ただれた快感に艶めかしくよがり、ますます祐一の劣情を誘っていた。

女学生璃紗 (13)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:02:10 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3085-5a09951e
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next