FC2ブログ

== 隣の奥さん 奈津実 ==

隣の奥さん 奈津実 (66)老兵はただ消えるのみ

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
隣の奥さん 奈津実 目次

隣の奥さん 奈津実 (66)老兵はただ消えるのみ

「お、おお…」
サカリのついた若妻に股間を愛撫された老紳士は、やせてシワの寄ったノドをゴクンと鳴らしてツバを飲み込むと、しなだれかかってくる熟れた女体に、緊張で震える手を伸ばしていた。

「あ、あん…、気持ち、いい?」
エスニック水着のブラに覆われた胸を、興奮したスケベ紳士のシワだらけの手で揉み砕かれた奈津実は、長いまつげの切れ長の目でウットリした視線を向けると
「ここも…、して…」
鼻にかかった甘え声でおねだりし、パレオをまとったビキニパンティが窮屈そうに膨らんだアソコへ、もう一方の手を誘う。

「お、むほおっ…」
欲情した若妻のフェロモンにのぼせ上がってまともな判断力を無くしたエロジジイは、だらしなく顔を緩めて柔らかい胸の感触を楽しみながら、
「ふむわあっ、極楽じゃあっ」
ビキニパンティに指先を伸ばし、メスの色香を発散する淫靡なシワに食い込ませた。
「は、あん…、ううん…、ああんっ」
老人のやせた指先で一番感じる部分をイジられた淫乱人妻は、切なげな吐息を漏らして火照った女体を妖しくくねらせていた。

「ふおっ…、おおおっ」
口に溜まったツバをクチュクチュと鳴らすジジイは、数年ぶりに元気になった息子にうれしそうな雄叫びを上げると
「ひさしぶりじゃあっ」
もどかしげにズボンを脱ぐと、下半身裸になって奈津実に抱きついた。
「ああんっ、来てえ…」
天井に向かってそそり立つ老兵のロングガンをチラ見した淫乱人妻は、ウットリした笑みを浮かべ、エロジジイに半ケツに剥かれたお尻をすりつける。

「お、おおっ」
淫乱人妻が漂わせる艶めかしい色気に狂ったジジイは、弾力のある腰肉を抱えるとワレメの奥に、
「いくぞおっ」
若い頃には何人もの従軍慰安婦をヒーヒー言わせたという、長さと命中精度が自慢の三八歩兵銃を突っ込んで、
「うらあっ」
動物的な欲求のまま突撃を敢行した。
「はあっ、きてえっ」
濡れたあそこに亀裂に食い込む熱い肉棒に、成熟した女体を妖しくくねらせる淫乱人妻は、興奮してうわずった声を上げて、老兵の突撃を待っていた。

が、ケダモノじみた本能で煮えたぎる血潮の激しい奔流に、老化した血管は耐えきれなかった。
「うっ…」
脳内の血管がブチ切れたジジイは、糸の切れた操り人形のようにその場にへたりこんで何も言わなくなった。

「え?…」
アソコに食い込むロングガンに子宮まで犯され、快感に苦悶するみだらな期待に火照った女体を妖しくよがらせていた奈津実は、
「いやあ…、いじわる」
突然静かになった老紳士の下半身裸のマヌケな姿を見下ろすと、欲情した女体をプルプル揺らして不満そうな悲鳴を上げた。

「もう…、ダメなおじいちゃんね…」
エロボケ奈津実は、老人が生死の境をさまよっているなどとはツユほども考えず、エレベーターを再始動した。

エレベータが1Fに着くと、床で痙攣する老人には目もくれず、奈津実はさっさと降りていった。

「お、おいっ…、大丈夫か」
代わりに入ってきた宿泊客が、下半身丸出しのストリーキング老人の異変に声を上げて大騒ぎになったが、
「…」
ニンフォマニアとなった奈津実に意識に老人の存在などすでになく、いきり立つケダモノに陵辱されるのを求め、官能的な女体を艶めかしく揺らしてプールに向かう経路をたどっていた。

隣の奥さん 奈津実 (67)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:42:20 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3062-ede86756
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next