FC2ブログ

== 隣の奥さん 奈津実 ==

隣の奥さん 奈津実 (63)三人で?

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
隣の奥さん 奈津実 目次

隣の奥さん 奈津実 (63)三人で?

「やだあっ、伍代くんは、こずえじゃなきゃ、ダメなの…」
メガネッ娘奴隷美少女のこずえは、放心状態で腰を振る慎次と奈津実の間にカラダを滑り込ませ、カクカクと空振りするナニを股間に誘っていた。

人妻との本番を妄想して夢心地のエロボケ慎次は、シャンペンボトルでこずえにブン殴られたことさえマヌケにも気付いてなかった。ヨダレを垂らしただらしないニヤケ面の変態は、白目をむいて半ば意識を無くした状態で、腰をカクカク振っていた。

「あ、うっ…、あうんっ」
もだえる美人妻に覆い被さった奴隷美少女は、オマタを突き出してソレを導くと
「伍代くうんっ、きもち、いいっ」
バックスタイルで見事に合体を果たし、うれしそうなあえぎ声を上げ、頭を左右に振ってショートヘアの髪を悩ましげに乱した。
「おおっ…、いいかあ」
はあっ…、
半ば意識を失いながらケダモノじみた本能だけで行為を続ける真性性欲異常者は、
ナマで…、バコバコだあ…。
息子に絡みついて来る膣粘膜のムズムズするような気持ち良さに没入し、悦びにもだえて汗を滲ませる若い女体にしがみついていた。

「はああ…、やあん…」
こずえにかばわれた形で愛撫を中断された奈津実は、不満そうに艶めかしい吐息を漏らし、無自覚に慎次のスケベ心を誘っていた。
「…、待ってろ…」
うっせえ…、
脳震盪を起こして錯乱した慎次の意識では、奈津実とこずえが入れ替わっていた。怪訝そうに奈津実を一瞥した慎次は、
オマエは…、あとだ…。
ムッチリしたオマタに手を差し込むと、ヌルネチョに濡れた亀裂を乱暴に愛撫した。
「や、あ、アアッ、いっ、いいっ…」
成熟した極上の女体はとっくにトロトロに出来上がって、そんなおざなりな愛撫にもうれしそうにもだえ、歌声のような甘美なあえぎ声を奏でていた。

「はあっ、おらあ…、はあっ、いくぞお…」
くっ…、いい…、人妻、いやらしい、エロエロだあ…、
奈津実の艶めかしいあえぎ声にのぼせ上がった変態は、混濁した意識で相変わらず奈津実とやっているつもりだった。
ナマザーメンで…、種付けだ…。
悦びにもだえるこずえの若い肉体を、力のこもった両手で淫靡にゆがませてしがみつき、愛液でネチョネチョに濡れた肉棒を忙しく出し入れし、ズコズコと腰を振りまくる。
「やっ、いっ、あっ、いいっ、あ、あんっ…」
激しい挿入に翻弄されてズンズンと突き上げられるこずえは、ベッドに懸命にしがみついて欲情した若いカラダを支え、
「は、おっきい、あんっ、よおっ、伍代くうんっ」
最愛の恋人の劣情に陵辱されるどMな悦びに浸りきっていた。

「いっ、はあっ、いく、はっ、ぞっ」
ぬっ…、で…、るっ…。
野性的な本能だけで交合を続けていた変態は、股間がしびれるような感覚に緊張したカラダをのけ反らせ、ふくれあがったナニを充血した秘肉の裂け目に思いっきりたたき込むと、
「うっ…」
マヌケなうめき声を上げ、昨日女になったばかりのメガネッ娘美少女の胎内に、ドクドクとザーメンを注ぎ込んだ。
「あんっ…、は、はあっ、来てるっ」
膣粘膜を引き裂かんばかりにふくれあがったナニが、ドクドクと脈動してナマ放出する熱い白濁液で、
「はっ、伍代くんっ、はあっ、熱いよおっ」
子宮を熱く焦がされる被虐的な悦びに、随喜の涙をこぼす奴隷美少女は、カワイイ嬌声にまみれて切なげに身もだえする。

「あ…、ああん…」
仲間はずれにされて、ただれた快感に没入する二人を傍観するしかない奈津実は、半ば正気を取り戻して欲情する熟れた女体をもてあましていた。
「はあ、あなた…」
ナマ放出する快感にマヌケ面をさらす慎次を、物欲しそうに見つめる人妻はムッチリしたオマタに手を差し込んで、無意識にみずからを慰めはじめた。

「んっ、あ、はあっ、あんっ…」
ネットリ濡れた湿地帯に入り込んだしなやかな指先は、一番感じる部分を優しく愛撫し、火照った人妻の体を妖しくもだえさせる。
「あ、あんっ、はあっ、ああっ…」
はしたなく脚を広げ、汗がうっすら浮かんだ艶めかしい女体を妖しくもだえさせる奈津実は、クチュクチュと湿った音を響かせ、
「んっ、あっ、いっ、あんっ、いっちゃうっ」
若い二人の満足そうな荒い吐息が響くホテルの一室で、一人遊びの淫靡な声色を協奏させていた。

隣の奥さん 奈津実 (64)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:33:42 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3058-e1a40ae7
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next