FC2ブログ

== 隣の奥さん 奈津実 ==

隣の奥さん 奈津実 (50)慌ただしいお出掛け

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
隣の奥さん 奈津実 目次

隣の奥さん 奈津実 (50)慌ただしいお出掛け

「ほら、ティッシュ」
なんだよ、かわいいじゃねえか…。
てれながらオマタに手を当てるこずえにティッシュボックスを差し出す慎次は、いまさらながらどM奴隷美少女の魅力に萌えていた。

「ありがと…、見ないでね…」
数枚のティッシュを抜き取ったこずえは、恥ずかしそうに背中を向けると、さっきまで慎次の息子が突き刺さっていたオマタに手を差し込んで、ガニ股気味にあふれ出るザーメンの処理をした。
「…、はやくしろよ」
やべ、立ってきやがった…。
メガネッ娘のみだらな後ろ姿に、今したばかりなのに再度もよおしたエロ浪人が急かす。

「あ、うん…」
若干苛立ち気味の声に慌てて振り返ったこずえは、早くも元気を取り戻した息子に
「やんっ、座って」
浮きたった声を上げて慎次の前に膝をついた。
「おおっ…、いいぞ…」
うひっ…、コイツ、どうして、くうっ…、こんな、うまいんだ…。
ベッドに座った慎次は、ほぼ勃起状態の息子をペロペロするこずえのテクに、ご機嫌で間の抜けた声を漏らしたが、
うっ…、や、やばい…。
なんの気無しに眺めた隣家の窓辺に、冷たい視線を向ける奈津実を見てギクリとした。

「も、もう、いいっ、いくぞ、準備しろ」
見てたのか…、奈津実さん、きょわい…。
恐くて視線を上げられないヘタレ浪人はドキマギしながら着衣し、息子にお口の奉仕を捧げるこずえを急かす。
「あんっ、あ、でも」
元気を取り戻したソレにエッチな期待をしていたこずえは、名残惜しそうに離れたが、エッチ汁で濡れたパンティを寄り目な困り顔で見た。
「なんだよ」
早くしろよ、このグズ女…。
奈津実を待たせるのがコワイ慎次は、不機嫌そうに語気を強めた。
「あ、あの…、パンツが…」
使用済みパンティを指先につまんだこずえは、その声にどMな被虐色情を刺激されながら、おずおず応える。
「ああっ?…、水着、着ればいいだろ」
ちっ、そんなこと…。
こずえの気弱な声にサディステックな興奮を昂ぶらせた慎次は、思わず怒鳴りつけていた。

「ひっ…」
怒気のこもった声にビクンと震え上がったこずえは思わずお漏らしし、中途半端に拭いたオマタを湿らせた。
「は、はい…、あひゃうっ…」
慌てたどM奴隷美少女は、例の極小ビキニをナマ美脚に通してオマタに引き上げると、ヌルヌルの秘肉に食い込ませていた。
「じゃあ、いくぞ」
コイツ、なに一人で、ヨガってんだ?…。
色っぽい声を漏らすこずえに不審な目を向けた慎次だったが、
「あん、まってえっ」
奈津実を待たせたくなくて、モジモジするこずえの手をつかんで部屋を出た。

「あら、こずえちゃん、ごはんは?」
玄関で靴を履いていると、君枝が声をかけてくる。
「いいから、行ってくる」
うっせえ、ばばあっ…。
こずえは申し訳なさそうにしていたが、慎次がぞんざいに応えて外に出た。

「いきましょ」
外に出ると奈津実は家の前で待っていた。
「あの、すいません、お待たせして」
ただ立っているだけなのに大人の色気を漂わせる奈津実に、デレッとした慎次が応えると
「あのっ、ウチの車で…」
それをさえぎるようにこずえがリムジンに目配せした。

「え、こずえさんの車だったんですか、すごいですね」
柔らかい物腰に艶めいた魅力を感じさせる人妻が、子供のように大きく目を見開いて、豪華なリムジンに感心していた。
「奈津実さんは、前にどうぞ…」
運転手がうやうやしくドアを開き、慎次の腕に抱きついたこずえが対面の席を勧める。
「すいません、じゃあ…」
前屈みで乗り込もうとした奈津実が笑顔で振り返ると、
「どうぞ、どうぞ…」
自分の車であるかのように応えた慎次は、大きく開いた胸の谷間からあふれそうな柔らかい肉に、鼻の下を伸ばしていた。

「伍代くん、乗りましょ…」
慎次のスケベ面に不機嫌そうなこずえは、
「あ、おいっ」
エロボケ浪人を車に押し込むと、隣に座って寄りかかり、若い女体を押しつけながら、
「出してください」
微笑ましいと言わんばかりの優しい笑顔を見せる奈津実を、ジッとにらみつけて牽制していた。

隣の奥さん 奈津実 (51)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:56:16 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3044-b1a89404
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next