FC2ブログ

== ブリとブラ ==

ブリとブラ (12)律の危機

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
ブリとブラ 目次

ブリとブラ (12)律の危機

「はあ…、だべりすぎたな…」
女子更衣室で律は通常のブラからスポーツブラに着替えていた。一人言をつぶやきながら、朝一のティータイムでゆるみがちな気持ちを、授業に向けて引き締めようとしていた。

中井戸律め…、けしからんカラダしやがって…。
そんな真面目な若い体育教師の瑞々しくセクシーな女体を、イヤらしい視線が視姦していた。

「…、だれ?」
ブラを外してパンティ一枚だけになった律は、淫らな視線を受ける背中におぞましい寒気を感じ、諸肌をさらしたまま胸を両手で押さえて振り返る。
なっ…、なんて、勘のいいヤツ…。
ロッカーに隠れて完全に気配を消していたつもりの闖入者は、体中から発散するスケベオーラがダダ漏れで、ロッカーのスキマから噴出していることなど全く自覚してなかった。

「出てきなさいっ、この変態っ」
正義感の強い体育教師は不埒な卑劣漢を成敗すべく、不穏な空気を漂わせるロッカーを一喝した。
なぬうっ、無礼な…、変態とは聞き捨てならん…。
そのものズバリの指摘だったが、本人には全くそのつもりがないので、ロッカー内の変質者は見当違いの言いがかりと憤りながら、若く瑞々しいからだを正面から見て恥知らず股間を膨らませていた。
「出てこないなら、こっちから行くわよ」
正義の勝利を確信する凛々しい横顔は、返り討ちに遭う危険など全く考えずに、ロッカーを開いた。

「この、無礼者っ」
律がロッカーを開けると、どうやってこの体格が収まっていたかと驚愕するほどの巨体が飛び出し、柔らかい女体に抱きついて口を押さえた。
「んっ…」
お、大山っ?…。
筋肉のかたまりに抱きすくめられて身動きできない律は、その声と生臭い息で中年体育教師の大山だとわかった。

40過ぎで独身の大山は、性的欲求不満の固まりのような男だった。律にあからさまにイヤらしい視線を向けるのは日常茶飯事で、
「運動着は、ブルマだ」
などとコスプレまがいの衣装着用を強制するセクハラ発言さえ連発していた。

その都度セクハラだと訴えてきっぱりと退けていた律だが、しかし体育主任の大山は一応上司であり、それ以上強硬にはできなかった。

そんな律の遠慮を自分への好意だと独りよがりに信じ込んだ変態は、とうとう女子更衣室に忍び込むというあからさまな犯罪行為に手を染めたのだった。

「中井戸、オマエは年長者に対する態度がなっとらん」
なんとか逃れようとジタバタする律を片手で押さえ込んだ筋肉のかたまりは
「この精神注入棒で教育してやる」
タイツのように下半身に張り付いたジャージを下げると、怒張して邪悪な熱気をまき散らす肉棒を律の柔らかい女体に押しつけた。

「犯罪ですよ、やめなさいっ」
バカデカイ手の平が外れて口を解放された律は、毅然とした声で大山の暴挙を訴えたが、
「だから、これは教育だ、すぐに済むから、おとなしくしろ」
棍棒並みのソレを律のお尻にこすり付けて、柔らかい弾力の気持ち良さにご満悦の変質者は、ゆがんだニヤケ顔でくっさい息を律のうなじに吐きかけていた。

「やっ、やめろっ、変態っ」
お尻のワレメに食い込むソレに総毛立つようなおぞましさに襲われた律は、ヒジ打ちや後ろ蹴りを繰り出したが、筋肉のかたまりには蚊に刺されたほどにも感じなかった。
「変態とはな…、やはり、これは親身な教育が、必要だな」
変態呼ばわりを不当な言いがかりと感じる真性性的異常者は、分厚い唇をベロリと舌で舐めつけると、パンティを引きずり下ろした。

「やっ、やだっ」
最後の砦のパンティを奪われて一糸まとわぬ姿にされた律は、急に恥ずかしさに襲われて弱気な女性の顔を見せた。
「誰かあっ」
変態に陵辱される危機に恐怖した律は、わずかな茂みを隠すように内マタに力を込め、悲痛なか弱い女性の声を上げた。

「動物の交尾は数秒から数十秒だ」
女々しい悲鳴に興奮して加虐色情を体中に充満させた大山は、やくたいもない早撃ちを自慢気に宣言すると、
「すぐに済むから、じっとしてろっ」
お尻のワレメを強引にこじ開け、先端にヌメリ気を帯びた邪悪な精神注入棒を、女体の中心部に押しつけていた。

ブリとブラ (13)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 09:29:05 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3032-7fc6ab27
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next