FC2ブログ

== 腐女子モヨ子 ==

腐女子モヨ子 (41)マユユとあっちゃん

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
腐女子モヨ子 目次

腐女子モヨ子 (41)マユユとあっちゃん

「マンディか…、よろしくな」
ブリブリプリティな美少女を、テツはシレッとした美人顔で眺めていた。

「な、なんで、それをっ」
忘れようとしていた二つ名で呼ばれたマユユは、笑い出しそうにゆるんだ美少女顔をなんとか保っていたが、動揺を隠せなかった。

「あのタマを親指と人差し指でつまんでパクッとしてから、ムササビみたいに飛んでたろ」
そんなオタ美少女にテツは追い打ちを喰らわせる。
「いやああっ、言わないでえっ」
その役名で出演したPVの1シーンを指摘されたマユユは
「あ、あれは、マイコー…、マイケルが血迷ったんですうっ」
例のPVの監督であり、アニメ映画『鉄コ○筋クリート』の監督を名指しして、奇妙なニックネームの責任をなすりつけていた。

「麻友…、イヤだったの?」
戻ってきて何も言わずにスチールイスに座っていた毛玉美少女敦子が不機嫌そうに口を挟むと
「真栄田さんはいいですよ、アカナだもん」
ハイテンションなツインテール美少女は甘えた声で、絶対的エースの二つ名を口走った。

「テツ子様、『腐女子モヨ子』はフィクションでございます、実在の個人・団体とは一切関係ございませんので、そういう発言はお控えください」
チームド○ゴンネタで盛り上がる二人を無視したモヨ子が、女装テツに真面目な顔でツッコンだ。
「オマエ、生意気…、ケツ出せ」
モヨ子らしくない真面目ぶってスカした表情にムカついたテツがお仕置きを宣言すると
「はいっ…、ひっ、ひいいっ、あ、ありがと、うひっ、ございますっ」
紺スカートをまくり上げたお尻にスパンキングを喰らったモヨ子は、尻肌が焼けるような激痛に反り上がったが、ゆがんだオタ笑いをみせて奴隷らしい態度でお礼の言葉を口走っていた。

「ひいいっ」
テツのどSな一面をマジマジと見せつけられて震え上がった麻友は、よけいなことを言いすぎたのを自覚し、
「ご、ごめんなさあいっ」
頭隠して尻隠さず状態で、ちょっと大きめのプリティーお尻をプリプリ振って、平身低頭して謝っていた。
「…」
仏頂面のエースは顔に出さなかったが、どMな悦びにふるえるモヨ子が羨ましそうで、テツ専用になった色っぽいカラダをウズウズさせていた。

「じゃあ、マユユでいいよ」
つきあいきれねえ…。
作者の気まぐれにしぶしぶつきあっていたテツだったが、なんだか面倒なことになってくると、とっとと見切りをつけ、話を本筋に戻した。
「はい、マユユです、でも実在のアイドルとは一切関係ありませんし、38歳の高校教師でもありません」
テツが女装だといまだに気付いてない麻友は、どS迫力美人にぎこちないロリ笑顔を見せたが、モヨ子に気を使って(というより単独主演の深夜ドラマをアピールしたくて)、よけいな一言を付け加えていた。
「ん…、オマエもお仕置きして欲しいらしいな」
怖じける様子を見せながら悪ノリするロリ美少女に、倒錯したどSな興奮を覚えたテツは、美女顔を憎々しげにゆがめていた。

「ひっ、は、はいい…、痛くしないで、下さあい」
どS女装イケ面にお尻を突き出してミニスカを自分からまくった麻友は、ボーダーのコットンパンティだった。
「ここか、お仕置きして欲しいのは…」
コイツもバカだ、自分からしねえだろ…。
パンティをプックリさせるあそこのスジに興奮したテツは、パンティが食い込んだソコに指を行き来させる。

「えっ、あ、や、やめてえっ、エッチですうっ」
感じる部分を刺激する指先にエッチな声を漏らした麻友は、緊張したお尻をかなり硬くしながら、幼い女体の芯を熱くしてネットリした汁を膣口に滲ませていた。
「あの、テツ子様…、ぐふうっ、お叱りなら、うひっ、わたくしめに…」
どSご主人様にイジられるツインテール美少女を羨ましそうに見ていたモヨ子は、ガマンできずにおずおずとすり寄ってきた。

「ああっ?…、ジャマだっ」
なんだ、コイツ、ジャマすんなっ…。
いいところで茶々を入れるオタ女にムッとしたどS女装イケ面は、躊躇無く尻ビンタでお仕置きして、
「ひいっ、あ、ありがとうっ、うぐっ、ございますっ」
どMな悦びに浸るエロ腐女子を撃退した。

「やっ、あひいっ…、指がっ、やあんっ…、入ってますうっ」
アソコに食い込んだ指先が、尻ビンタの反動で湿ったパンティ越しに膣口に侵入していた。
「麻友っ、気を付けっ」
二人がいちゃつくのをいまいましそうに見ていた毛玉オタ敦子が、漫研部室全体がビリビリ震えるような号令をかけた。
「はっ、はひっ」
お尻を突き出したツインテールはその大音量にビクッと震え、直立不動の姿勢を取った。アソコに食い込んだ指は当然抜けていた。

やっぱ…、こええ…。
湿り気を帯びた指のやり場に困ってヒラヒラさせたテツは、改めてネクラオタ女の恩讐のこもった迫力に圧倒されて、恐怖さえしていた。

腐女子モヨ子 (42) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:58:45 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3023-2c72b83f
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next