FC2ブログ

== 腐女子モヨ子 ==

腐女子モヨ子 (40)マユユ

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
腐女子モヨ子 目次

腐女子モヨ子 (40)マユユ

「くっ…、いくぞっ」
うっ…、
オタ美少女敦子を専属穴奴隷にしたテツは、いやらしくゆるんだ顔に汗を浮かべながら上機嫌で腰を振って、湿った淫靡な音を女子校のトイレに響かせていたが
で、出る…。
玉袋が収縮して裏スジがしびれる感じに、唸るようにナカ出しを宣言した。

「あひっ、な、はひっ、あああっ」
激しい肉棒の出し入れで秘肉のスキマからイヤらしい汁をたっぷりかき出され、オマタをネチョネチョに濡らした毛玉美少女は、
「はあっ、いっぱ、いっ、ああっ、欲しい」
突き上げられる勢いで忙しく頭を揺らしながら、ナカ出しされる被虐色情に発情した女体をゾクゾクさせ、はしたないアヘ顔でおねだりをしていた。

「う、でっ、くっ」
おっ…、くうっ、お、ほおおっ…。
ただれた快感にまみれ、汗が艶めかしくテカる若い女体に抱きついた女装変態は、限界まで膨張した肉棒を根本まで突き刺すと
「う、うっ…」
尿道を駆け上がる熱い奔流に唸って、ズルムケチンポをドクドクと脈動させ、白濁液を子宮に注入した。

「あ、あつ、いいっ」
どS女装変態にギュッと抱きしめられて淫靡にゆがめられた女体が、ナマ出し種付けの快感にもだえ、柔肌をピクピク震わせていた。
「い、いっ…、はあ、ああっ」
子宮にへばりつく粘っこいナマザーメンにむちむちエロバディもだえさせ、白目がちなイッちゃった目を泳がせる敦子は、
「あ、ああ…」
吸い付くようなシットリ太ももをテツの腰に絡め、ムチムチギュウウッと締めつけていた。

「…、離せっ、服、早く着ろ」
…、モヨ子が…、
ケダモノじみた邪念の素を吐きだしたテツは、ずいぶんトイレに滞留していることに気付き、
戻らないと…。
若いカラダ全体をさざ波のように襲う、どMな悦びの余韻で妖しい表情を見せる敦子を、乱暴に突き放した。

「あんっ…」
半立ちチンポが抜けて、さっきまで入っていたソレを示すように、口を開けた膣口からドロッとザーメンが便器の水溜まりに垂れる。
「は、はい…、あ、あんっ、はああ…」
艶めかしい吐息を漏らしたどM穴奴隷は、ネチョネチョのオマタを恥ずかしそうにティッシュで始末して、またエッチな声を漏らすと、のそのそとブラを装着していた。

「…、早くしろっ」
ノロノロすんなっ…、
たるんだ息子を女性用下着にしまって、完璧な美女JKコスに戻ったテツは
このっ…。
炭酸水のアワのように全身でパチパチはじける快感の残滓で、ゆっくりとしか動けない敦子のハダカのお尻に、容赦なくお仕置きした。

「ひっ、ごっ」
どSな怒りのこもった手の平が、お尻のスベスベした肌でバチンと大きな音を立てた。あまりの痛さに飛び上がって尻タブを熱く腫らした敦子は、
「ごめんなさいっ」
どM奴隷らしく謝るとセーラー服っぽい私服を着ようとジタバタした。

「おら、いくぞ」
まだヘソ出し状態の敦子を引っ張ったテツは、女装姿で警戒する必要なかったのだが、顔を出して誰もいないこと確認してからトイレを出た。

「まっ、まって」
乱れたスソを気にする敦子は、フレアミニや上衣を引っ張りながら、テツについていった。

「うひっ、お帰りなさいですうっ」
テツが廊下の突き当たりのさらに奥の漫研に戻ると、同人誌に夢中のモヨ子が顔を上げ、お気楽な笑みを見せた。
今度は、ロリか…。
モヨ子のオタ笑いを無視したテツは、斜向かいに座るツインテールに注目していた。

「ぐふふっ、彼女は綿鍋麻友さん、うはわっ、ですうっ」
どSご主人様のやぶにらみする先に気付いたモヨ子は、うれしそうに腐女子仲間を紹介した。
「1年の綿鍋麻友です…、マユユと、呼んでください」
ノートにネームを書くのに夢中だった麻友は、モヨ子の声に顔を上げると、お愛想でロリなカワイイ笑顔をテツに向けた。

腐女子モヨ子 (41) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:27:04 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3021-d93bd49f
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next