FC2ブログ

== 腐女子モヨ子 ==

腐女子モヨ子 (38)どS暴君の残酷な気まぐれ

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
腐女子モヨ子 目次

腐女子モヨ子 (38)どS暴君の残酷な気まぐれ

「はあ、ああっ…、忘れてた、ションベンだったな」
はあっ、くっ、くうっ…、ジラしてやるっ…。
イレ込みすぎた激しいグラインドで息が切れたテツは、苦し紛れにサディステックな笑いを浮かべると、スカトロな強制排尿をたくらんだ。

「ああっ、はあっ、え、えっ?…」
発情した柔らかいカラダ全体が上下する激しい挿入に翻弄されていた敦子は、それが突然休止すると、苦しそうな息づかい混じりに気の抜けた声を漏らしたが
「やっ…、あっ…」
いきり立つ肉棒をパックリ咥え込んだ膣口の上にあるオシッコの穴を、指の腹で乱暴に押し潰されて、
「やあ、いやあっ…」
下半身がしびれるような尿意で内マタに震えると、泣き声混じりにむずがってカラダをよじらせた。

「おらっ、シーシーしろっ」
出しちまえっ、ションベン垂れろっ、オタ女っ…。
サディステックな攻撃的でケダモノじみた性欲の昂ぶりにうわずった声で、オシッコをこらえて震える毛玉美少女を怒鳴りつけたテツは
おらっ、出せっ…。
ビンビンの息子を根元まで押しつけて、広げられた秘肉のスキマからネットリしたおツユを絞り出し、オシッコの穴をグリグリと刺激した。

「やっ、あ、ああっ…」
元々オシッコのためにトイレに来ていた敦子は、怒気のこもったキツイ指先に観念して
「やだっ、やあっ」
ジュワッとはしたない音を立て、扇状にオシッコをばらまいた。
「いやっ、やっ、あああっ…」
生理が来てから異性の前で排尿した経験のないオタ美少女は、ナマ本番の最中に盛大にお漏らしする恥辱に、カワイイ顔を真っ赤にして悲鳴のようにあえぎ声を上げた。

「くっ…、キタネエなあ…」
ぐふふっ…、ビショビショだよ…。
便器や床をビショビショに濡らすオシッコシャワーを、狂気を帯びた目で満足そうに眺めていたどS女装イケ面は、
「この、ションベン垂れっ」
喰らえっ…。
しまりのないオタ娘をお仕置きし、お尻に思いっきり平手打ちを喰らわせた。

「ひいいっ、あ、ああっ…」
キレイなお尻に真っ赤な紅葉模様を刻印された敦子は、聖水の残滓を両足の間に垂らしながらビクッとのけ反った。
「ご、ごえんあ、すあいっ」
肉体的精神的暴力に打ちのめされたオタ美少女は、喉にこみ上げる嗚咽でロレツが回らず、舌足らずに謝っていた。

「許さんっ、ションベン垂れは、さらしてやるっ」
泣いてやがる…、もっと、イジめてやるっ…、
ガマン出来ない嗚咽で肩を揺らす毛玉美少女に、どSな興奮をますます昂ぶらせるテツは、
「運動部のガキどもに見せてやるっ」
羞恥プレイだっ…。
後ろ手にドアを開けると、目鼻口から体液を垂れ流して震える敦子を引っ張り出した。

「やっ、やらやらっ、それたけは」
健康的な運動部の女の子のまえで、ビショ濡れオマタのお漏らし醜態をさらし、好奇に満ちた目で蔑まれる妄想に襲われ、どMな被虐色情を熱くした敦子は
「れったい、いやらああっ」
無残に広げられた秘裂を貫く肉棒から逃げ出し、トイレの床に倒れ込んで丸まっていた。

「キタネエな…、トイレの床で土下座か…」
泣け泣けっ…、
セーラー服っぽいボーダーの私服をまとって丸まった生き物を見下ろすどM女装イケ面は、
鼻水、ヨダレ、ションベン、愛液まみれのオタ女っ…。
加虐色情にまみれた禍々しい愛棒をそそり立たせ、リセエンヌなチェックミニを持ちあげていた。

「おれらいれふっ、ゆふひへっ」
だらしなく倒れ込んだトイレの床を指摘され、体を起こした毛玉美少女はどS暴君の女装ニーハイ脚線美にすがりつき、情けなくゆるんだ口のハシからヨダレを垂らし、屈辱的残虐行為の翻意を懸命に請願していた。
「ほれらけは、ゆるひへ、くらはいっ」
悪魔のように高圧的な暴君に、ボブカット美少女は心身ともに完全屈服し、涙まみれの大きな目には、マゾヒスティックな悦びさえ漂わせていた。

腐女子モヨ子 (39) につづく
ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:53:36 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3013-a5f72856
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next