FC2ブログ

== 腐女子モヨ子 ==

腐女子モヨ子 (36)お口のご奉仕

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
腐女子モヨ子 目次

腐女子モヨ子 (36)お口のご奉仕

「イカせてやる」
とりあえず、指マンでイッちまえ…。
切なげでエッチな表情を見せる敦子に、サディステックな異常性欲を燃え上がらせた美女顔テツは、指マンで絶頂を味合わせてやると宣言した。

「い、いや…、許して…」
鉄面皮な仏頂面だった毛玉オタクは、トロンとした上目遣いで甘ったれた顔を見せ、指先の淫らな愛撫で、恥ずかしい亀裂からいやらしい汁を垂れ流し、
「だ、あ、だ、だめえ…」
気が遠くなりそうな熱い官能で男を拒んできた若い肉体をトロけさせ、乱れた夏服セーラーっぽい私服を艶めかしく揺らしていた。

「おら、イケッ」
ドスケベオタ女めっ…。
陰気でかたくなな態度がすっかりなりを潜め、若い性欲をむき出しにして乱れる敦子に、攻撃的な性衝動を昂ぶらせたテツは、
イッちまえ、おら、おらあっ…。
官能に溺れて崩れ落ちそうな女体を、汗ばんだお尻に回した手で支え、オマタに差し込んだ手を激しく動かし続けた。

「やっ…、だ、だめ…」
濡れた柔らかい秘肉の合わせ目を力んだ指先が忙しく行き来し、ネットリしたしぶきを飛ばす。
「ひっ…、あ、あああ…」
快感に耐えてテツのJKコスの体にすがりつき、苦しげにのけ反っていた敦子は、頭の中が真っ白になって何かがはじけた。
「あっ…、んっ、くう…」
快感の絶頂に達したカラダがビクンと伸び上がり、ビッショリ濡れたパンティが無残に食い込んだスジから、プシュッと潮を吹いた。
「い、や…、や、ああっ…」
オナニーとは比べものにならない悦楽の大波に翻弄されるしかないボブカットオタクは、ネトッとした汁をウチ太ももに垂らし、ニーハイの脚を内マタに震わせていた。

「あ~あ、汚しちまったなあ…」
コイツ、メロメロだよ…。
敦子は絶頂の余韻で若い肉体を切なげに波立たせていた。湿った熱い吐息に上気した頬をピンクに染め、だらしないアヘ顔で淫靡な輝きを帯びたうつろな視線を女装変態に向けていた。
「ほら、脱がしてやるよ」
ビショビショだな…。
オマタにしゃがんだどS女装イケ面は、抵抗する気力さえ残ってない欲情した女体から、パンティをズリ下げると、便座に座らせてニーハイの足を広げさせた。

最初はすべてを拒絶してかたくなだった無抵抗が、いまは成り行き任せにすべてを許していた。少女の心の裡で自己完結していた閉鎖的な秘めた性の悦びが、女装イケ面の気まぐれで解放的に開花していた。

「今度は、オレがよくなる番だぞ」
ヤラシイ、カラダ…、しやがって…、
ひしゃげたお尻にフレアミニをしわくちゃにたくし上げ、汗で妖しくテカるムチムチ太ももを大胆に広げ、愛液まみれのピンク色の性器を見せつける敦子は、
メチャクチャに、してやる…。
女体の奥に押し隠してきたメスの本能を支配され、新たな悦びが与えられるのを待ち望んでいた。

「しゃぶれ」
ごちそうだぞ…、
少女の若い性欲に当てられ、股間を熱くしたテツは敦子の目の前にミニスカの腰を突き出す。
ペロペロ、しやがれ…。
リセエンヌなチェックミニに不似合いな凶悪な肉棒が、ボブカット美少女の目の前で怒張し、キンキンと音が聞こえる錯覚さえ感じさせた。

「…」
敦子はうつろな妖しい寄り目で、鈴口から汁を垂らしたソレを見ていたが、唇の間に押しつけられると、ごく自然にアゴを緩めて先端を咥えた。
「くっ…、いいぞ…」
くああっ、ええ気持ちじゃあっ…。
厚めの唇のプルンとした感触に、カリを圧迫される気持ち良さを噛みしめながら、テツはゆっくりと腰を前後させる。
「あっ、んっ、うっ、ううっ…」
JKコスのチェックミニをまとった引き締まった腰が前後に揺れ、無残に広げられた唇を血管の浮き出た肉棒が出入りする。
「ふぁっ、あふ、おっ、んっ」
引き延ばされた唇をおツユで濡らし、肉棒の出入りでファニーなひょっとこ顔を見せる毛玉オタクは、
「ふっ、ふぬっ、あっ、うふっ、んうっ」
ギュッと閉じた目尻から涙をこぼし、広げたオマタからいやらしい汁を垂らして、イラマチオ気味な強引なオーラルセックスで、どMな悦びにまみれていた。

腐女子モヨ子 (37) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:58:56 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3011-29c8e9ca
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next