FC2ブログ

== 腐女子モヨ子 ==

腐女子モヨ子 (30)オタ女の倒錯妄想

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
腐女子モヨ子 目次

腐女子モヨ子 (30)オタ女の倒錯妄想

「ひいっ、ぐひっ、ありがとう、ぐふふっ、ございますっ」
ケータイに女装したテツとのキスシーンを収めて満足そうなモヨ子は、またも床に顔面から激突したが、オタ笑いでヘラヘラしていた。

「おらっ、もう、準備はいいだろ」
ホントに、わからん…、
レズのカラミにしか見えないケータイ画面を、うれしそうに見つめるモヨ子の首根っこをつかんで立たせたテツは、
どうして、こんなヤツと…。
理解不能なオタ女の精神構造に悩まされながら、そんなモヨ子に引かれている自分に困惑していた。

「あひっ、ぐふっ、まだ時間が…」
テツにぶら下げられて脱力したモヨ子は、腐女子会合の予定にはまだ早いことを告げる。
「なっ、んだとおっ」
だったら、こんなカッコするのは、もっと後でも良かっただろっ…。
半ばモヨ子の口車に乗せられてした女装に、どSな癇癪を起こしたテツだったが、
「まてよ」
じゃあ、一発やる時間ぐらい、あるか…。
女装イケ面はチェックミニスカを盛り上げ、某有名女子校のセーラー服美少女にスケベ心を出していた。

「またがれ」
こんなカッコで、やることも…、
化粧濃いめの女にしか見えないテツはイスに座ると、JK姿に不似合いな如意棒をミニスカのスキマからそそり立たせ、
ないだろうしな…。
モヨ子に自分から挿入するよう命令した。

「ひいいっ、あ、あひゃひょろおっ」
同人誌の1ジャンルである『フタナリ』もどきな状況を目の当たりにした変態オタ女は、
「す、すてきいっ…、ぐふ、ひひいっ」
実際にはありえない非現実妄想にうっとりし、『ふたなりひら*』なテツの耽美倒錯にヨダレを垂らさんばかりに欣喜雀躍した。
「し、しつれい、ぐふううっ、いっ、いっ」
ハアハアと荒い吐息にまみれた淫乱オタ女は、もどかしげにパンティを脱ぐと、イッちゃったアブナイ目つきでテツを見つめながら、
「いたし、ぐへえっ、ますっ」
リセエンヌなチェックミニスカからいきり立つソレを、いやらしいヨダレを垂らした秘肉のスキマに咥え込んだ。

「う…、自分で、しろ…」
大丈夫か、コイツ…、
変態オタ妄想にまみれる、ある意味絶好調のモヨ子に、若干の恐れを感じながら、
でも、きもち、ええっ…。
ネットリ愛液にまみれた秘肉に、息子が心地よく圧迫される気持ち良さに、テツは美しくメイクされた顔をうれしそうに緩めていた。

「はひっ、いっ、かしこ、うひいっ、まりっ」
両性具有の美女に犯されながら、みずから腰を振るという倒錯妄想にどっぷり浸かったオタ女は、何度も軽いエクスタシーに襲われ、幸せの絶頂だった。

「んっ、あっ、ふあわっ、あひいっ」
愛液で濡れた肉棒を見え隠れさせ、緊張気味に上下するスベスベお尻を汗が滴り、反り返った背中がビクビクと震える。
「いっ、あひっ、うひいっ、あうっ、くううっ」
ただれた快感の大波に襲われた淫乱オタは、御三家といわれる女子校セーラー服に包まれた女体を切なげによがらせ、どSご主人様の美女顔に湿った吐息を吐きかける。

「おらっ、まだだぞっ」
コイツ、もう、イキやがったか…。
オタの大好物に接して早くも絶頂に達したモヨ子に、どSな冷たい視線を向けたテツは、思いっきり腰を突き上げ、
「ひいっ、あふっ、ふあわあっ」
ふくれあがった肉棒を根元まで挿入し、快感にしびれる敏感な膣粘膜をかき分け、子宮まで挿入する。

「あひっ、ぐえっ、あふ、ふひゃあっ」
サディステックなキツイ攻撃に、三白眼な目を見開いたモヨ子は、プックリ唇のスキマからヨダレを垂らし、官能の悦びにまみれ、発情した新鮮な肉体をピクピク痙攣させていた。

*「ふたなり」と「在原業平」を合わせた「ふたなりひら」という言葉もあり、半陰陽の意味のほかに女性のように美しい男性のことを指す。(「ふたなり」Wikipediaより)。

腐女子モヨ子 (31) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:19:30 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3005-c7d17924
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next