FC2ブログ

== 隣の奥さん 奈津実 ==

隣の奥さん 奈津実 (46)慎ちゃんママプレイ

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
隣の奥さん 奈津実 目次

隣の奥さん 奈津実 (46)慎ちゃんママプレイ

「ママ、ボクのオチンチン、入れてもいいの?」
なんだこりゃ…、
よくわからない展開だったが、奈津実の瑞々しい裸体にしがみついた慎次は、
でも、いいや、ママに、甘えちまおうっ…。
濡れた秘肉がチンポに絡みつく気持ち良さに有頂天で、即本番の体勢に入った。

「いいのよ、慎ちゃんのオチンチンは」
秘肉の合わせ目に食い込むチンポに女体の芯をゾクゾクさせた奈津実は、すらりとした指でソコを指差したが
「もともと、ママのここに入ってたんだから」
艶めかしい表情を見せる若妻はあくまでもママの優しい態度を崩さない。

「じゃあ、入れるよ、ママ」
くううっ、気持ちいいっ…、
濡れ濡れのスジにガマン汁を垂らす鈴口でこすり付けたエロ浪人は、
入れてやるっ…。
いやらしい汁をあふれさせる穴の引っかかりを感じ、腰を押しつけた。

「あ、あんっ、慎ちゃん、はあっ」
汗に濡れて妖しいテカリを放つ太ももを思いっきり広げられた奈津実は、秘肉を巻き込んで挿入される肉棒に、
「おっきく、ああっ、なったわね」
発情したメスの吐息にまみれて苦しげにのけ反り、軽くウェーブのかかった髪を淫らに踊らせた。

「うん、ボク、おっきくなったよ」
これは、なんだ?…、
快感にもだえる女体にのしかかり、肉棒を根本まで突き刺した慎次は、
でも、気持ち、いいっ…。
キレイな顔を切なげにゆがめてムリして笑顔を見せる奈津実に、異常な性欲を感じていた。
「でもね、ボク」
倒錯した性的興奮にまみれた慎次は、いったん息子を抜き出すと
「後ろからのほうが、上手なんだ」
淫靡な空気を漂わせるムチムチした肉体を乱暴に裏返し、尻タブのムッチリした弾力にサオを握って肉棒を押しつけながら、その奥の濡れた亀裂に推し進める。

「あ、はあっ、あんっ、そうねっ」
板張りの床に女豹のポーズでお尻を高々と上げた新妻は、
「慎ちゃん、はああっ、ステキよお」
物欲しげなスキマを見せる秘肉の合わせ目を行き来する熱い肉棒に、キレイな背中をビクビク震わせた。

「ママは、ココが気持ち、いいんだよね」
くうっ、イヤらしいぞ、奈津実…、
淫靡な官能の悦びに震えもだえ、甘い吐息にまみれる美人妻に、ますますエロパワーを充満させた慎次は、
もっとかわいがってやるっ…。
ヒタヒタに濡れたスジから顔を出したポッチをイジリ出す。

「ひっ…、あっ…、ま、ママあっ…」
ふくれあがったカリに膣口からオシッコの穴まで刺激され、一番感じるポッチをイジられた奈津実は、
「ふあっ、ひゃっ、ああっ…、そこ、あっ…、だめ、あっ、ああっ」
狂ったように髪を振り乱し、口角からヨダレを垂らし、快感まみれの淫らなメスに成り下がっていた。

「ママ、はあっ、オチンチン、はあっ、舐めたい?」
このエロママがあっ…、
普段の落ち着いた雰囲気をかなぐり捨てて淫らに豹変した若妻に、慎次も狂っていた。
オレ様の、チンポ、咥えろっ…、
美人顔に跨ってシックスナインの体勢なったエロ浪人は、ビクビク震えるチンポをヨダレまみれの唇にネジ込むと、
エロイぞっ、食ってやるっ…。
秘肉からはみ出したピンクのビラビラを、口いっぱいに頬張って舌でかき回しながら、チューチューと湿った音を音と立てた。

「うえっ、わふぶっ…、う…、ちゅっ」
ふくれあがったオチンチンをノドまでネジ込まれた奈津実は、なんとか嘔吐しそうな苦しさに耐えると、
「ふぇあっ、ふおっ、ちゅずじゅるっ」
ヤケドしそうな熱い肉棒に舌を絡ませ、ヌラヌラに濡れたサオを唇でシゴいていた。

隣の奥さん 奈津実 (47)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:00:00 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2979-aa05a955
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next