FC2ブログ

== 隣の奥さん 奈津実 ==

隣の奥さん 奈津実 (44)暴走する慎次

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
隣の奥さん 奈津実 目次

隣の奥さん 奈津実 (44)暴走する慎次

「慎次さん、やめてえっ」
オシッコがまだ終わらないうちにフェラを強制された奈津実は、邪悪な熱気をはらんで膨らんだカリから顔を背けて悲鳴を上げた。

「お、おとなしく、しろっ」
くそっ、ヤケクソだっ…。
放出されるオシッコが便器を叩く水音にどSな加虐色情を昂ぶらせたエロ猿は、抗う奈津実の頭を押さえてガマン汁にまみれた肉棒の先端を押しつける。
「うっ、んんっ、らめっ、やらっ」
健康な男性の暴力的な腕力に、若妻は抵抗むなしくズルムケチンポを咥えさせられた。

「んっ、う、おっ、おおっ」
くうっ、いっ、いいぞっ…。
プックリした唇がサオをシゴく。新妻の唇をチンポで犯す快感にのぼせ上がったエロ猿は、勢いをつけて腰を振り唾液で濡れた肉棒を勢いよく出し入れする。
「やっ、らっ、あひっ、ふわあっ」
乱暴に頭を前後にシェイクされた奈津実は気が遠くなりそうだったが、緊張した腰に手を当ててかろうじて自分を保っていた。

「オラッ、いれてやるっ」
本番だっ…、やってやるっ…。
ビンビンの肉棒を若妻の唾液で濡らしたエロ浪人は、生殖本能にとらわれてナマ本番の欲求に取り憑かれると、下半身にすがりつく艶めかしい裸体をトイレから引きずり出す。
「やっ、やめてっ」
あそこに滴るオシッコの後始末も出来てない奈津実は、強引に手を引かれて抵抗したが、トイレの外の廊下に押し倒される。

「んっ、うっ、べしょちょじゅぶぶっ」
奈津実の、オマ○コ…。
無駄な抵抗をする裸体を太ももで抱え上げた慎次は、まんぐり返しの体勢でオマタをぱっくり開かせ、オシッコの湿り気を帯びた肉の合わせ目にしゃぶり付く。
「やっ、いやああっ」
放尿の名残がへばりつく恥ずかしい肉を吸引され、ベロベロと舐め回されて、奈津実は泣き声混じりの悲鳴を上げる。

「うっ、うまいぞ、奈津実っ」
くううっ、食っちまうかっ…。
秘肉のワレメからにじみ出るオシッコ混じりの愛液を吸い取り、ゴクンと飲み込んだ変態は、血走った目で若妻のあられもない姿を見下ろす。
「やっ、やあ…」
口のまわりをベトベトに濡らし、狂気を帯びた目でにらみつける慎次に、奈津実は怯えるだけだった。
「お願い、もう、許して…、あ、はああっ」
しかし女体の奥に潜むどMな欲情は、乱暴に扱われる悦びに女体の芯を熱くし、かすかにスキマを見せる亀裂から、いやらしい汁を垂らしていた。

「入れてやる、うれしいか」
はあはあっ、入れ頃だ…。
秘肉の合わせ目からにじむネットリした汁にニンマリした変態浪人は、抱え上げたお尻を下げて、ヌメリ気を帯びたスジに熱く昂ぶった息子の狙いを定めた。
「やっ、あっ…、ああ…」
先端を食い込ませてのしかかってくる慎次を押しのけようと無駄な抵抗をした奈津実は、膣壁をかき分けて侵入してくる熱い肉棒に、切なげな表情を見せて髪の乱れた頭をのけ反らせる。

「は、はいった…、う、うれしいだろっ、奈津実っ」
うっ、くうっ、ああっ、いいっ、はうっ…、
愛液をまとって絡みついてくる粘膜の気持ち良さにバカ笑いを浮かべた慎次は、
「おらっ、おらあっ」
うっ、おっ、おおっ…。
嫌がる新妻の汗のにじんだ柔らかい肉体を上半身で押さえつけ、ムッチリ太ももの根本に押しつけた腰をムチャクチャに振りまくった。

「やっ、やだっ、らめてっ、あひっ」
のしかかる若い肉体から逃げようのない奈津実は、ズンズンと突き上げられる勢いに頭を揺らして、頼りない悲鳴を上げていたが
「や、やらあっ、ああっ、はあっ」
どMなメスの欲情は悦びにまみれ、ズルムケチンポが出入りする肉の裂け目から、ネットリした汁を垂らし、二人の股間の間にネチョネチョの糸を引いていた。

隣の奥さん 奈津実 (45)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:24:15 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2977-24b914de
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next