FC2ブログ

== 未亡人涼香 ==

未亡人涼香 (3)強引な欲望

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
未亡人涼香 目次

未亡人涼香 (3)強引な欲望

「ずっと、好きだったんだっ」
抱きついた勢いで涼香を床に押し倒した健司は、体を圧迫する柔らかい感触にケダモノじみた興奮を煽られ、熟れた女体が描く艶めかしい曲線を、乱暴にまさぐりはじめた。

「や…」
しわくちゃにたくし上げられたスカートから、スベスベした太もものナマ肌をさらした涼香は、
「やめてえっ」
亡くしたばかりの夫への操を守ろうと抗ったが、興奮した健司の切迫した表情に圧倒されて、ギュッと目を閉じた。

「やめっ」
ケダモノじみた本能に支配された健司は、シットリした腰肉をまさぐった手でパンティを強引にズリ下げる。
「やめないっ」
内マタに力を入れた太ももをムリヤリこじ開け、サカリのついた義弟はカラダをネジ込んだ。

「だあ、めえ…」
ハアハアと荒い息にまみれて迫ってくる健司に、唇をムリヤリ押しつけられてふさがれる。
「やあ…、やだあ…」
ふさがれた唇のスキマから拒絶のセリフを漏らす涼香は、熱く昂ぶった男性自身をムキだしにされた秘所に押しつけられ、
「だめえ…」
こもった悲鳴のような声を漏らす。

「義姉(ねえ)さん、好きだ…」
オスの欲望に支配されて生殖本能に突き動かされる義弟は、抵抗する涼香をカラダ全体で押さえつけ、
「好きだっ」
秘所のワレメに怒張した分身を強引にネジ込む。
「義姉(ねえ)さん…、くっ、うっ…」
無理強いする独りよがりな欲望を拒否するように、受け入れ体勢のできない女体は、秘肉をピッタリ閉じていたが、
「は、はいった…」
健司は入り口を見つけると腰を押しつけ、先端をムリヤリ挿入した。

「い、いたい」
湿り気の無い肉の亀裂に強引に入り込んでくる暴力的な欲望に、涼香は痛みしか感じなかった。
「や、やだ、やめてえ」
乾いた粘膜が怒張したソレに引っ張られ、ちぎれそうな痛みに苦しそうに顔をしかめる若妻は、
「いたい、やだあっ」
のしかかってくる若い肉体を押しのけようと、か細い両手でむなしい抵抗を続けていた。

「くう…」
愛液という潤滑油無しでの接合は、健司にも苦痛に近いキツイ刺激を与えていた。
「も、くっ…、もう、すこし…」
苦痛に顔をしかめて腰を押しつけるが、インモラルな交接を阻止するかのように、湿り気の無い粘膜がムキ出しの先端に密着し、膣奥への侵入を阻む。

「お願い、やめてえ」
力任せにのしかかる暴力的な欲望に屈服しそうな弱気を叱咤するかのように、義姉は声を上げたが
「やっ、だあっ」
健司は攻め手を変えて胸の愛撫をはじめた。

「だめえっ」
力を込めた両手がボタンを引きちぎり、はだけたシャツに肩の白い肌がムキ出しにされる。ズリ上げられたブラで、豊かな乳房が無残にゆがめられてひしゃげる。
「ああっ、やああっ」
乳房のナマ肌を這い回る淫らな手に刺激された若妻は、最愛の夫にしか聞かせたことのない、艶めかしい声を漏らしていた。

「う、くうっ…、はあっ、ああっ」
欲情した女のさえずりに淫らな欲望を昂ぶらせた義弟は、固くなった乳首をチューチューと音を立てて吸いながら、乳房のたっぷりした容量を揉みくだく。
「はあっ、ああっ、ああっ」
乱暴に服を脱がせて涼香を上半身ハダカにした健司は、吸い付くような素肌を抱きしめてまさぐりながら、所かまわすキスを浴びせる。

「や、やああ…」
感じる部分への乱暴だが執拗な愛撫に、熟れた女体に潜んでいたメスの本能が呼び起こされる。
「ああっ、だ、だめえ」
透き通るような素肌に微電流が走るような快感に襲われた若妻は、
「お願い、やめてえ…」
義弟のカラダを押し返していた両手から力が抜けて、ただむなしい抵抗のセリフを漏らしていた。

未亡人涼香 (4)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:42:49 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2971-34ae13f4
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next