FC2ブログ

== 未亡人涼香 ==

未亡人涼香 (1)青天の霹靂

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
未亡人涼香 目次

未亡人涼香 (1)青天の霹靂

「義姉(ねえ)さん…」
涼香は夫の弟の健司に促されて霊安室に足を踏み入れた。地下にある霊安室はひんやりして、涼香は素肌をなでる空気の冷たさを痛いほどに感じた。

真ん中に寝台が置かれた部屋は時が止まったかのように静かで、人型を浮き上がらせた白いシーツがイヤでも目に入ってくる。

「…、義姉(ねえ)さん…」
立ち尽くす涼香の肩に申し訳なさそうに手をかけた健司が、もう一度声をかける。
「…」
小さくうなずいてショートヘアのスソをかすかに揺らした涼香は、静かに歩を進めて寝台の前に立つ。

健司がシーツを上げると真一の顔が現れた。

静かに目を閉じたその顔は、寝ているようにしかみえず、寝息が聞こえてもおかしくない気がした。

「…」
茫然と立ち尽くし、最愛の夫の安らかな顔を見つめていた若妻の肩が、かすかに震えていた。
「真一さ、ん…」
夫の名を呼ぶのと同時にヒザが落ち、頼りなげな背中が寝台にすがりついて嗚咽を漏らす。

夫を亡くした妻の悲しいすすり泣きが、霊安室のひんやりした空気を震わせていた。


広末涼香は短大卒業と同時に仁藤真一と結婚し、翌年にはカワイイ女の子を授かり、幸せな結婚生活を送っていた。

そんな幸せな生活は5年ほど続いたが、今日突然奪われた。

交通事故だった。

出張帰りで帰社する途中だった真一は、会社の近くの横断歩道で乗用車にはね飛ばされた。

打ち所が悪く即死だった。最愛の妻に別れの言葉を伝える、ほんのわずかな時間さえ与えられず、真一は旅立たなければならなかった。

警察から連絡を受けた涼香は、警察官の事務的で沈鬱な声が告げる残酷な知らせに、糸が切れたマリオネットのように床に崩れ落ちた。

大学が休みで家にいた健司が、涼香の手から受話器を引き継ぎ、兄の死を知らされた。

茫然自失の涼香を連れだした健司は、タクシーで連絡された病院に向かった。

健司が受付で警察から連絡があった通りの話を伝えると、真一をエンゼルケアしたナースが霊安室まで案内してくれた。

冷たくなった真一と対面した涼香は、電話を受けてからずっと黙ったままだったが、二度と目を開けることのない夫の名を口にすると、いつまでも悲しい涙と嗚咽に暮れていた。

未亡人涼香 (2)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:44:45 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2969-c50bcd21
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next