FC2ブログ

== 文庫本の彼女 ==

文庫本の彼女 (31)迫るコギャル

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
文庫本の彼女 目次

文庫本の彼女 (31)迫るコギャル

「あの…、まずかった、っすか…」
本題が切り出せない優柔不断な水沢の不機嫌そうな顔を見て、コギャルは申し訳なさそうにつぶやき、
「あっ、砂糖、わすれてた、っす」
砂糖を入れ忘れて不興を買ったのだと早合点し、席を立った。

「いやっ、うまいよ」
うわっ…、気、使わせてんな…。
コギャルが砂糖の場所を知るわけもなく、立ち上がったはいいが所在なさげな立ち姿が目の前にあった。申し訳なくてオッサンはまた情けない笑顔を見せた。

「あ…、そおっすか」
そんな笑顔でもコギャルにはうれしいらしく、コンビニではついぞ見せることの無かった、楽しそうな笑みを浮かべて、席に着いた。
「なんで、今日は」
なんだ…、気味悪いな…。
濃い化粧の笑顔をかわいいと思うより、不気味に感じた水沢はやっと本題を切り出した、というか口を滑らせた。

「あっ…、あのっすね…」
ご機嫌だったコギャルは、その問いかけに顔を上げると言葉につまっていたが
「あのっ、途中だったっす…」
うつむいてモジモジしながらつぶやく。

「途中?」
なにが?…。
コギャルのはっきりしない態度に水沢が不審げな視線を向けると
「コンビニで、後ろから、したっす」
その目に責められたと感じたかのように、慌てて立ち上がり、水沢に背中を向けた。

「は?…」
コンビニ?…、やっぱり、あの痴漢行為を…。
ナマ脚に揺れるチェックミニのスソを眺めていた小心者のヘタレ中年は、やっぱりコギャルがあの痴漢行為を責めに来たのだと緊張したが
「あの、どうぞっす」
恥ずかしそうに顔を伏せたコギャルがなにやら促してきた。

「どうぞって?」
なにが…。
緊張した様子でお尻を向けるコギャルに戸惑っていると
「後ろから、ダッコ、したっす」
早くしろと言わんばかりの、ヤケクソ気味の声がした。

「あ、はい」
なんか…、きょわい…。
コギャルの勢いに押されたヘタレ中年は、いわれるままに抱きつき、お尻に股間を押しつけていた。
「こすりつけてたっす」
直立不動で破廉恥行為を受けるコギャルは、夢遊病者まがいのオッサンがコンビニでしでかしたコトを、再現しろと強弁する。

「は、はいっ」
きょ、きょわいっ…。
コギャルの強い口調にのまれたオッサンは、見かけ以上に豊かなお尻に股間を食い込ませると、腰を懸命に振り始めた。

「ど…」
いつのまにかオッサンの両手は、アノラックの柔らかいふくらみを包み込んでいた。
「どおっすか」
エロオヤジにお尻と胸を刺激されるコギャルは、さっきまでの強引な態度が消えて、甘えた感じの声を漏らしていた。

「は、はあ…」
やわらかい…、って言えばいいのか…。
強圧的な態度がなりを潜めたコギャルに、オッサンは助平な気分になりかけていた。お尻の気持ちいい弾力が息子を半立ちにしていた。

「気持ち、いいです」
って、言えばいいんだよな…。
本気で若い女体を貪りはじめたオッサンが、いやらしい鼻息を鳴らし、ヤニ下がった顔で応えると
「そっ、そおっすかっ」
弾んだ声を上げたコギャルは、うれしそうに振り向いた。

文庫本の彼女 (32)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:16:05 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2963-9a167735
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next