FC2ブログ

== 文庫本の彼女 ==

文庫本の彼女 (26)エロブタのご奉仕

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
文庫本の彼女 目次

文庫本の彼女 (26)エロブタのご奉仕

「許さん」
肉感的な女体をイスに縛り付けて自由を奪った水沢は、彼女を支配して君臨するご主人様になりきっていた。
「オマエはブタだ」
公園の公衆トイレで口走ったセリフを持ち出した変態中年は、ケーブルとビニールひもが食い込むエロチックな裸体を見下ろしていた。

「はい、私は淫乱なメスブタです」
図に乗る中年の言われるままに、全く抵抗する様子を見せない彼女は、公衆トイレでのやりとりを覚えていた。
「ぶひっ、ぶー、ぶー」
みずから恥ずかしい鳴きマネをして、暴力的な性欲をぶちまけて調子に乗るオッサンの悪ノリに、自発的に迎合してノリまくっていた。

「いやらしい、ブーちゃんだなあ」
そこまでやるのか…、
唇をすぼませて変顔を見せる癒し系美女の、恥知らずで稚拙なモノマネに、オッサンはご機嫌だった。
「さっきから、こればっか、見てるだろ」
淫乱女は、コイツを咥えるためなら、なんでもするんだな…。
いやらしい笑いでだらしなく顔をゆがめると、彼女の淫靡な視線が突き刺さる、膨らんだ股間を指差し、腰をつき出していた。

「ぶうっ、ぶうぶうっ」
エロブタになりきった彼女は、突き出したポッテリ唇から、にヨダレを垂らさんばかりに身を乗り出し、
「ぶううっ、ぶううっ」
胸の上下を縛り上げたビニールひもを、柔らかい肉体に淫靡に食い込ませていた。

「まあ、いい、そろそろエサ」
本、読んでると、賢そうなのに…
イスに縛られた腕を引っ張って乗り出す彼女の、突き出した胸に豊かな乳房がタプタプ揺れる。
「やらないとな」
今のコイツは、ニンフォマニアだな…。
性欲ムキ出し美人に、いつもの劣等感を意識の奥に引っ込めた中年は、スラックスを脱いで、ビンビン反り上がる肉棒を、異常性欲な色情狂をさらけだす彼女の前に突き出した。

水沢のプライドの高さは劣等感の裏返しだった。自分では同期よりも仕事が出来ると思っていても、会社では人事評価が絶対で、後輩であっても上司には下手に振る舞わなければならない。

そんな風に気持ちと現実が解離した、抑圧された会社生活を送るウチに、水沢のめんどくさい性格が形成されていた。

「ぶうっ、ぶうっ」
それに対して性欲ムキ出しの、ある意味素直で天真爛漫とも言える赤裸々な彼女は、復讐という見当違いな大義名分を水沢に忘れさせていた。
「ぶううっ、ぶううっ」
天井に向かってそそり立つ先端を第一チンポ液で濡らし、かすかに湯気を上げるソレに、唇を突き出してくる彼女に、水沢は内心うれしくてしょうがなかった。

「そんなに欲しいか」
このエロブタ、ヨダレ、垂らしてやがる…。
ビニールひもがカラダに食い込むのもかまわずに乗り出す彼女に、水沢は艶めかしい唇が届くギリギリの距離に、ソレを差し出した。
「おおっ、いいぞっ」
くううっ…、ペロペロしてやがる、いいぞ…。
アゴを突き出すようにして体を伸ばした彼女は、舌を差し出し、鈴口やカリを舐めまくってくる。

「慌てるな、ちゃんと食わしてやる」
ぐひひっ…、このバカ女が…。
いったん腰を引いた水沢は、彼女の後ろ側に回って後ろ手をイスから解き、緊縛されたままの女体を押した。

「ぶひいっ、ぶうっ、ぶわふっ」
乱暴に床に倒された肉体は、ブタの鳴きマネで悲しそうな悲鳴を上げたが、すぐにヒザ立ちになって、水沢の股間に食らいついてくる。
「んっ、ちゅっ、ちゅっ、んんっ」
後ろ手に縛られたまま、器用にバランスを取った肉感的な女体は、反り上がるソレにしゃぶり付き、数回キスを浴びせると、
「ちゅぶっじゅるうっ」
サオに吸い付いて舌を絡めてくる。

ヒザ立ちするガーターストッキングが食い込む太ももの、根本の中心線で食い込んだケーブルは、両側からからみつく柔らかい肉からあふれる愛液でネチョネチョに濡れ、糸を引くネットリした滴を床に垂らしていた。

「おっ、おおっ」
くううっ、たまらん…。
極上のフェラを捧げられて上機嫌のオッサンは、ヒザやモモこするをこするロケットオッパイのくすぐったい気持ち良さを感じながら、
「んっ…、おおおっ」
はあっ、うっ、おお…。
ノドの奥まで咥え込むディープスロートと、攻めどころを心得た絶妙の舌使いにのけ反り、早くも発射の予感に襲われ、たるみ気味のカラダをみっともなく緊張させていた。

文庫本の彼女 (27)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:17:01 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2958-8d31d8da
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next