FC2ブログ

== 文庫本の彼女 ==

文庫本の彼女 (10)彼女のおねだり

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
文庫本の彼女 目次

文庫本の彼女 (10)彼女のおねだり

「大きくなったね」
公園の女子トイレに水沢を誘い込んだ知的美女は、おちょぼ口でトロけそうな極上なフェラを捧げ、中年チンポをビンビンにすると、ちょっと得意そうなうれしそうな笑みで見上げていた。

「ああ…、はあ…」
きもち、いい…、はあっ、ああ…。
思ったより清潔な公園の女子トイレの個室で、極楽気分のバカ面をさらして興奮した水沢は、あいまいな返事を返すのが精一杯だった。

「もう一回する?」
ガーターストッキングが食い込んだムッチリ太ももを、見せつけるようにしゃがんでいた彼女が立ち上がり、甘えるような上目遣いでしなだれかかってくる。

「あ、はあ…」
これは、夢なのか…。
ついさっきまで逮捕されて日陰の人生を歩む絶望にうちひしがれていたオッサンは、知性的な整った顔に淫靡な雰囲気を漂わせ、下げた手でビンビンの息子を優しくまさぐる彼女を、ただ見つめていた。

「?…、ひょっとして」
はっきりしない中年に興醒めな表情を見せた彼女だったが、満員電車内でバックから犯された状況を思い出し、
「バックからが、好きなの?…、チョット待って」
恥ずかしそうに笑うと背中を向けて、ニット地ワンピのスソに手を入れ、いろんな汁でネチョネチョのパンティを脱ぎはじめる。

ザーメンや愛液でネチョネチョに濡れたパンティを指先でつまんで、ファニーな寄り目で見つめた彼女は、
「やだ、はずかし」
ソレを汚物入れに押し込むと、ぼんやり見つめる水沢にカワイイ笑顔を見せた。
「いいよ」
トイレの便座に手をついて、ツルツルした張りのある双臀をオッサンに見せつけ、足を広げて妖しく濡れた肉の合わせ目を突き出した。

いいのか?…、でも…、
まだ犯罪行為の後ろめたさを感じていたオッサンは、淫らな空気をまとって自らおねだりする彼女に半信半疑だったが、
ああっ、ええいっ…、
フンと鼻息を荒くして、濡れた秘密の花園から漂う、むせかえるようなオンナ臭さをめいっぱい吸い込むと、
やるしかないっ…。
カチャカチャとベルトを外して下半身裸になり、熟れた女体にしがみついた。

「あ、ああんっ」
後ろからのしかかってくるオッサンの体重をか細い両手で支えた彼女は、ゴソゴソと入り口を探って濡れたスジを行き来するカリに甘えた声を漏らす。
「あんっ…、き、きもち、いいっ…」
ソレが入り口を見つけると即奥まで挿入された。彼女は熟れた女体を艶めかしくのけ反らせ、ツヤツヤロングヘアを踊らせ、快感にまみれたあえぎ声を上げた。

「うっ、くっ、おおっ…、ああっ…」
ああっ、いいっ、おおおっ…。
知的美女の誘いにまたもうかうかと乗ったオッサンは、肉欲に狂ったケダモノになった。
「ふっ、おおっ、ふあっ、はあっ…」
くうっ、ああっ、いいっ…。
シットリした感触の腰肉を抱えたオッサンは、お尻のワレメの奥で出入りしてネットリしたしぶきを飛ばす息子を、欲望にまみれた目で満足そうに見下ろし、腰を振りまくった。

「あんっ、はあっ、激しっ」
パンパンと弾力のある丸いお尻とオッサンの腰がぶつかる淫靡な音が個室に響く。
「ああっ、もっとおっ」
ニットワンピを胸のふくらみの下までまくり上げられて、白くまぶしい柔らかいおなかを晒したカラダが、
「いいのっ、もっとおっ」
オッサンチンポの突き上げに、透き通るような素肌を波立たせる、しなやかな女体が前後に揺さぶられていた。

「はあっ、ああっ」
くっ、おっ、おおっ…、
荒い息にまみれてオンナ盛りの女体に狂った水沢は、オッサンの肉体を限界まで酷使して、
ああっ、はあっ、ああ…。
官能の悦びにもだえる魅惑的な女体を攻めまくっていた。

「あっ、そこっ、あっ、あたるっ」
勢いに任せた挿入で子宮をこじ開けられる快感に、ケダモノじみた嬌声を上げた彼女は
「ああっ、えっ、もっと、がんぱってえっ」
突然のガス欠で停止したオッサンに、鼻にかかった甘えた声でおねだりした。

「あっ、はあっ、オッパイ、はあっ、揉み、たい…」
くっ…、ううっ…、
息が切れた水沢は彼女にのしかかっていた。
はあっ…、休まないと…、
40近いカラダの限界を感じてちょっとへこんだオッサンは、若い女体に太刀打ち出来ない情けなさをごまかすように、重力に引かれてタプタプ揺れるふくらみに手を伸ばしていた。

文庫本の彼女 (11)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:10:25 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2942-2b5aee5a
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next