FC2ブログ

== 文庫本の彼女 ==

文庫本の彼女 (6)暴走するエロオヤジ

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
文庫本の彼女 目次

文庫本の彼女 (6)暴走するエロオヤジ

「ん…、ああ…」
ムッチリ太ももに食い込んだガーターストッキングのナマ肌のシットリした弾力を押し分けて侵入した痴漢の手で濡れたパンティが食い込んで淫靡なシワを刻んだ部分をイジられた癒し系美女は、まるで水沢にだけ聞かせるような小さな音量で切なげなあえぎ声を漏らしていた。

感じてる…、気持ちいいんだ…。
ケダモノのような欲望に支配されたスケベ中年は、理知的な横顔を淫靡にゆがませてメスの艶めかしい雰囲気を漂わせる和風美人にいやらしい笑いで緩みそうな顔をかろうじて保ち、股間のモノをビンビンに固くしてた。
こっちも…、よく、してくれ…。
指先の愛撫に濡れる美女にウハウハなオッサンは、ギンギンに反り上がって窮屈さを訴える愚息に応えるべく社会の窓を開放して先端を濡らしたソレをブルンと取りだした。
んっ、はっ…、ああっ、いいぞっ…。
劣情まみれの痴漢中年はソレをヌルヌルに濡れた湿地帯に差し込むと、恥知らずにも満員電車内で腰を振って濡れたパンティのスジをなぞって行き来させた。

「ん…、や…、だめ…、え…」
熱くいきり立ったソレに感じる部分をパンティ越しに刺激された美女は火照った女体をつらそうに震わせながら、快感にゆがむ美しい顔を伏せて懸命に文庫本を読むフリを続けながらかすかな色っぽい声を漏らす。

そんなに…、おっ、おおっ…、
混んだ車内で怪しい動きを見せるオッサンを後ろの乗客は不機嫌そうに押し返してくるが、エロの没頭するスケベ中年はそんなことなど全く眼中になかった。
いいのか…、気持ちいいか…。
目を閉じてまぶたに力を入れる切なげな横顔をのぞき込んで興奮する中年は、熟れたオンナ盛りのカラダに密着して濡れたパンティ生地に息子をすりつける快感に没頭していた。
もっと…、よくしてやるからな…。
オスの生殖本能に支配された水沢は満員電車痴漢の罪悪感などとっくに意識の外に駆逐していた。快感にまみれニヤケた痴漢オヤジはニットワンピに両手を入れると、パンティを太ももまでズリ下げた。

「あ…、は、ああ…」
ニットワンピにギリギリ隠されて太ももにパンティを絡ませる恥ずかしい姿を優先席の客に見られるコトはなかったが、公衆の面前でパンティを脱がされた美女は悩ましげに火照った女体を揺らし、文庫本を押しつけるようにしたポッテリリップのスキマから艶めかしい吐息を漏らす。

「…、はあ…、ああ…」
くっ、いっ、いいっ…、た、たまらんっ…。
ネットリした汁で濡れた亀裂に直接息子をこすり付けたエロボケ中年は、車内スマタの気持ち良さに興奮に昂ぶった吐息で透き通るような白い首筋をなぞる。
くっ、いっ、いいぞっ…
混んだ車内で押し合いする通勤客なんてお構いなしにみだらな欲望に支配された中年はフィニッシュに向かって恥知らずに腰を振りまくった。
はっ、ああっ…、
理知的な横顔を切なげにゆがめる美女に興奮しまくる変態オヤジは、周りで不機嫌そうに立つリーマン達への気遣いなど微塵もなかった。
いっ、いいっ…。
ニットワンピの女体に密着して愚息を剥き出しにした股間をお尻のワレメに押しつけ、オンナの脂がのってシットリした腰肉に指を食い込ませ、ヌルヌルに濡れた秘肉の合わせ目に息子でなぞる気持ち良さにただただ没頭していた。

文庫本の彼女 (7)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:20:26 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2938-97c61f4e
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next