FC2ブログ

== 文庫本の彼女 ==

文庫本の彼女 (2)彼女との出会い

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
文庫本の彼女 目次

文庫本の彼女 (2)彼女との出会い

非常停止信号を受信しました、しばらく停車します…。
車掌のアナウンスが流れてそれまで順調に運行していた電車が減速して駅間の線路上で停止した。

水沢はチッと舌打ちした。

水沢は混雑を嫌って早い時間の電車に乗るが、朝のこの時間はちょっとでも電車が遅れると次の駅で大量の客が乗り込んできて車内は立錐の余地もないほど混雑する。

またか…。
週に1回は遭遇するこの非常停止にいまだに慣れない水沢は不機嫌そうに顔を曇らせた。
…、えっ…。
気を紛らわせようとドアの上にあるモニターのトレインチャンネルに目を向けた水沢は、優先席の前で吊革につかまって文庫本を読む女性に目を奪われた。
…、きれいだ…。
険しい表情が緩んで放心したような目が彼女を見つめていた。高慢ちきな女子高生や慢性的な非常停止に対する苛立ちなどあっさり吹っ飛んで、うだつの上がらない中年は彼女の理知的な横顔にしばらく見とれていた。
…、いくつぐらいだろう…。
20代後半ぐらいに見えるが女性の年齢は見た目ではわからないと思っている。癒し系な落ち着いた空気をまとって文庫本に目を落とす女性が醸し出す優しい雰囲気に、水沢はすっかり魅了されていた。

うっ…、なに見てんだ…、
まるで恋する少年のように端正な横顔に見惚れていた水沢だったが、まじまじと女性を見つめる自分に気付くといまいましげに目を伏せた。
でも…、いい女だ…。
彼女はニット地のワンピにジャケットを羽織っている。短いジャケットの下にのぞく、腰のくびれからお尻に続く曲線が女性らしい柔らかさを示しているように感じた。

何してんだ、オレは…。
新人女子社員のことがあってから女性に触れるのは性処理のために風俗に行く時ぐらいで、意識的に素人女性を避けてきた水沢は見ず知らずの女性にムラムラする自分を叱責したが
でも、何、読んでるんだ?…。
あまり視力の良くない水沢は彼女が手にする文庫本のタイトルが見えず、それを知りたい衝動に駆られてつい近寄っていた。

停止信号が、解除されました…。
水沢が一歩踏み出すのと同時に車内アナウンスがしてガクンと車体が揺れた。
おっ…、あ…。
揺れで前のめりになった水沢は慌ててつり革に手を伸ばして彼女のすぐ後ろに立った。肩に垂れた髪から出た耳と透き通るような白い首筋が目の前にあった。

しまった…、
後ろに忍び寄る怪しい中年になってしまったと感じた水沢は彼女に警戒されると焦ったが、
あ…、はあ…。
彼女はあいかわらず落ち着いた様子で文庫本に視線を落としていた。意識しすぎを恥じた中年はそっと胸をなで下ろした。

すぐに電車は次の駅に到着した。非常停止で止まっていたのは数分だったが水沢の予想通り開いたドアから大量の乗客が乗り込んできた。
おっ、おいっ…。
後ろから押されて図らずも彼女の後ろに密着してしまった。
あ…、や、やばい…
普段から痴漢扱いされるのを恐れて満員電車では女性に近寄らないようにしている水沢は、ドキマギしながら彼女の様子をうかがった。
…、なんだ…。
みっともなくキョドるオッサンに対して彼女の様子は変わらなかった。水沢は自分が完全無視されていることに若干落胆したが、それよりも安心する気持ちのほうがはるかに強かった。

うっ…、やばい…。
安堵したのもつかのま密着する下半身から伝わる柔らかい感触に気付いた水沢は、恥知らずにも下半身の一部を固くしていた。
お、おいっ、押すなっ…、
痴漢扱いされるのを恐れて体を離そうと後ろにズレようとしても逆に押し返され、水沢はニット地ワンピの柔らかいふくらみのワレメに固くなった分身を食い込ませていた。

くっ…、おいっ…。
なんとか後退しようとするが後ろの乗客もムキになって押し返してくる。
はああ…、しょうがないか…。
押しくらまんじゅう状態の車内でムダな抵抗をあきらめたオッサンは、痴漢行為と言われてもしかたない状態を恥じながら、下半身から伝わる女体の柔らかさにますます自分自身を固くしていた。

文庫本の彼女 (3)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:14:58 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2934-74f6ce40
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next