FC2ブログ

== みなしごルリイ パパと呼ばないで ==

みなしごルリイ パパと呼ばないで (15)シスターとお風呂

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
みなしごルリイ パパと呼ばないで 目次

みなしごルリイ パパと呼ばないで (15)シスターとお風呂

「お風呂のご用意が出来ております」
大理石がまばゆいばかりにふんだんに使われた玄関に所在なさげに立ち、どこで靴を脱ぐのかルリイが迷っていると、
「お疲れでしょう、温かいお湯で癒しされてはどうでしょう」
ハデな美人顔に冷ややかな表情を見せる白メイドの恵が、うやうやしく声をかけた。

「お風呂?…」
いきなり?…、
小汚いガキをバカバカしいほどに超巨大で清潔な大邸宅に入れる前に、キレイにしておこうというという白メイドの冷淡な魂胆など、まったく関知しないルリイは
「そうだ、シスターも、一緒に入ろうよ」
でも、ホテルでちゃんと入ってないし、入りたいな…、シスターと一緒に…。
色々ありすぎた一日の疲れをお湯で流すのもいいと思って、屋敷の主人から母親兼教育係を命じられたシスターに甘えていた。

「そうね、そうしましょう」
ルリイとは別の意味で未体験の出来事に翻弄されたシスターも、お風呂に入っていまだカラダにまとわりつく男のみだらな欲望を洗い流したかった。
「どうぞ、こちらです」
シスターの了解を待っていたかのように、レースたっぷりペチコートでかろうじてお尻を隠した、ミニスカ白メイド恵が先に立って歩き出す。

「うわあっ、広いねっ、施設のお風呂の」
すっごいっ、きっれえっ…、
恵に案内された、まばゆいばかりの大理石で囲まれたピカピカの脱衣所で、さっさとセーラー服を脱いでハダカになったルリイは、
「10倍…、20倍以上はあるよ」
25メートル自由形で、競争できちゃうよっ…。
湯気で向こうが見えないくらいだだっ広い大浴場に、スッポンポンの若い女体を隠すのも忘れ、またまた感嘆の声を上げていた。

「そうね」
恵からバス用品の説明を簡単に受けたシスターは、今日初めて男を知った艶めかしい女体をタオルで隠しながら、バスルームに入った。
「すごいお風呂ね…」
風呂の豪華さに見劣りしないオンナ盛りの魅惑的な女体を立たせたシスターは、呆れるくらいの広大さに感心した声を漏らし、すぐにシャワーを浴びはじめた。

「あ、シスター、洗ってあげる」
うわあっ…、シスターたらっ、
小さい頃はシスターにお風呂に入れてもらっていたが、小学校高学年になると小さい子を入れてあげる役割になっていたルリイは、
ないす、ばっでぃっ…。
ひさしぶりの一緒のお風呂にワクワクしていた。
色っぽい、せっくしいっ、だよおっ…。
ご機嫌なお気楽娘は、湯気とお湯の滴をまとったオンナ盛りの柔らかい曲線に見惚れて、妙にはしゃいだ声を上げた。

「そう…、じゃあ、おねがいします…」
シャワーを浴びてまとわりつくけだるい空気を洗い流したシスターは、うれしそうなルリイに寂しそうな笑みで顔を伏せ、イスに腰掛けてスベスベした背中を向けた。
「お願いしますなんて…、他人行儀は、いやだよ」
あれ、シスター、なんかヘン…、やっぱり、不安なのかな?…。
ボディソープをスポンジに取ったルリイは、いつもと違うシスターに戸惑いながら、艶めかしい柔肌から匂い立つ女の色香を潜在意識で感じていた。

「あっ、あんっ…」
ルリイがスポンジを背中に当てると、ビクッと震えた女体から妖しい声が漏れる。
「えっ、ごめんっ、痛かった」
ええっ…、どうしたのっ、シスター??…。
過敏に反応する修道女に思わず後ろに飛び退いたルリイは、今まで聞いたことのないシスターの声に戸惑ったが、女の本能でそれが悦びを感じたときに出る声だと理解していた。

「あっ、違うの」
それが恥ずかしい声だとシスター本人が一番意識していた。豪徳寺に翻弄された官能の時間が頭をよぎったシスターは、
「そうだ、ルリイ、座って、ねっ」
慌てて立ち上がるとルリイを座らせた。

「え、うん…、そうだ、シスターに洗ってもらうの、ひさしぶりだね」
どうしたの、今日のシスター、絶対ヘンだよ…、
いつもとは違うシスターに戸惑うルリイだったが、
でも、聞けない…。
その理由が想像できてしまいそうな気がして、そのことを遠ざけるようにわざと陽気に振る舞っていた。

みなしごルリイ パパと呼ばないで (16)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:56:59 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2929-34e6b5f5
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next