FC2ブログ

== みなしごルリイ パパと呼ばないで ==

みなしごルリイ パパと呼ばないで (10)豪徳寺の素顔

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
みなしごルリイ パパと呼ばないで 目次

みなしごルリイ パパと呼ばないで (10)豪徳寺の素顔

「まあ、こんなに…、本当にありがとうございます、豪徳寺様に、主のご加護がありますように…」
施設に到着した豪徳寺は事情説明もそこそこに、苦しい財政状況を建て直してもあまりある多額の小切手を切った。応対する院長はすがりつかんばかりに感動して大げさに感謝していた。

「ルリイ、元気でね…」
その頃ルリイの部屋で少ない荷物をまとめる手伝いをしていたシスターアンジェラが、しみじみした声でつぶやく。
「シスターアンジェラ、ありがとう…、でも、いつでも遊びに来るから…」
シスター、わたし、泣いちゃいそうだよ…、だめ、泣いちゃ…、心配させちゃう…。
さみしそうな笑顔を見せるシスターに、ルリイはもらい泣きしそうな心細げな表情で応えたが、すぐに明るい笑顔を見せた。

「そうね…、お金持ちのお父さんに、たっぷり甘えなさい」
黒い修道服に身を包んだ若いシスターは、ムリに笑顔を作るルリイの頭を愛おしそうになでると、優しい笑顔を見せた。
「うん、わたし、幸せになるから…」
私を育ててくれて…、ホントに、ありがとう…。
この施設に来たときから10年以上も面倒を見てくれたシスターアンジェラはまだ30前で、ルリイにとっては年の離れたお姉さんのような存在だった。

母親と死別してここに来た頃のルリイは寝る前によく泣いてむずがったが、そんなときはシスターアンジェラが添い寝して、天使のような声で子守唄を歌ってくれた。

母であり優しい姉であるシスターアンジェラとの別れを、ルリイは決して泣くまいと心に誓っていたが、つい気を抜くと自然に目が潤んできて、アンジェラに見られないように横を向くと目をぬぐっていた。

「みんなとも、挨拶するのよ…、こんな急じゃなければ、お祝いの会が出来たんだけど…」
こっそりと涙をぬぐうルリイを見ないふりをするシスターは、施設の仲間にお別れをしてくるようにルリイを送り出した。

「シスター、ルリイがお世話になりました」
ルリイが部屋を出て行くと、入れ替わるように豪徳寺が入ってきた。
「いえ、そんなことは…、たくさんの援助をありがとうございます、私たちみんな、豪徳寺様に感謝しています」
眼光に妖しい輝きを秘めた恰幅のいい紳士から目をそらすように丁寧にお辞儀したシスターは、黒い修道服の股間に両手をギュッと押しつけて、多額の寄付に感謝の言葉を述べた。

「ルリイのお母さん代わりをしてくれていたそうで…、ということは私の妻と同じコトですね」
ケダモノじみた眼光で修道服に肉感的な柔らかい曲線を浮かび上がらせた、魅惑的な女体を舐め回すように見つめた豪徳寺は、膨らんだ股間を突き出すようににじり寄り、デタラメな理屈をうそぶいていた。
「あ、あの…」
目を伏せた視界に入ってきた不作法に膨らんだ股間から顔を背けたシスターは、突然性欲まみれの中年男にまだ男を知らない女盛りのカラダを抱き寄せられていた。
「おっしゃる意味が…」
30を目前にした修道女は、貞潔の誓願を守っていまだに清いカラダのままだった。
「よく、わかりません…」
ケダモノじみた欲望をさらけ出す権力者にあからさまに逆らえないシスターアンジェラは、修道服の上から柔肌をなで回すイヤらしい手をはねのけるコトもできず、女体の奥から湧き上がる経験したことのない想いに戸惑っていた。

「ルリイにホテルで触られた時は、自分を保つのに懸命でした…」
男を知らないままの女盛りの色香を漂わせる艶めかしいカラダに、淫らな妄想を膨らませた豪徳寺は、怯えるシスターの手を取って邪悪な熱気をはらんだ股間に押しつけた。
「あなたもルリイが実の親に犯されるなんて、みたくないでしょう」
抵抗するそぶりのない肉感的な修道女に倒錯した興奮を昂ぶらせた豪徳寺は、しなやかな指先で社会の窓を下げさせるとビンビンに反り上がったそれを直接触らせる。

「あの、私は…、主に我が身を捧げて…」
手の平に熱い脈動を伝えてくる豪徳寺のソレにうわずった声を漏らすシスターは、女盛りのカラダの奥から湧き上がるメスの本能に、冷静な判断力を駆逐されていた。
「私も心は、ルリイの母に捧げました」
戸惑いながら女の色香を漂わせる肉感的なカラダにニンマリした豪徳寺は、腰に回した手を伸ばし、修道服越しのオマタに指先を食い込ませる。

「お、お許し、下さい、はああ…、身も心も主のモノ、ああ…」
強圧的な態度で迫ってくる中年紳士のケダモノじみた欲望に、シスターアンジェラは逆らえなかった。

大富豪の権力者を怒らせたら、せっかくの多額の援助がフイになってしまうという気持ちもあったが、それ以上に頂点に立つ男が持つ独特の威圧感に蹂躙されることを、奉仕するコトを生き甲斐にしてきたシスターの女体の奥に潜むサガが望んでいた。

「ああっ、だめ、くっ…、はあ、です…、はっ、ああっ、許して…」
オマタに食い込んだ淫らな指先に女の中心部を刺激されたシスターは、悩ましげな表情で甘えた声を漏らし、修道衣に包まれた火照った女体を切なげにくねらせる。
「やっ、あっ、ああっ、だ、あんっ、だめえ…」
貞淑な修道女の顔に淫靡なメスの雰囲気を漂わせたシスターは、股間に誘い込まれた手でギンギンに反り上がったそれをぎこちなく愛撫していた。

みなしごルリイ パパと呼ばないで (11)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:2 ━ Trackback:0 ━ 20:51:28 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

Re: 早速!
> 楽しみにしていました
>
熱烈なリクエストに応えました(笑)。

> プレッシャーを掛けるつもりはないので
> 気楽に更新して下さい
当て木を外したら、入力速度が一気に上がりました。

まだ手が痛いのでムリせずに更新していきます。
早速!
楽しみにしていました

プレッシャーを掛けるつもりはないので
気楽に更新して下さい





        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2923-31fd6d21
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next