FC2ブログ

== 隣の奥さん 奈津実 ==

隣の奥さん 奈津実 (27)口と舌と指

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
隣の奥さん 奈津実 目次

隣の奥さん 奈津実 (27)口と舌と指

「うひっ、あふあっ、そ、そんな、とこ…」
あうっ、ひいいっ…、はあっ、いいっ、きもち、いいぞっ…。
ダランとした息子を若妻のしなやかな指先で優しく愛撫され、ご機嫌のエロボケ慎次はうれしそうな悲鳴を上げる。

「あ…、ごめんなさい」
大げさな反応に慌てて手を離した奈津実は、ソレを掴んでいた手を胸の前で握り、申し訳なさそうに顔を伏せると、
「痛かったですか?」
淫靡なメスの欲望を秘めた瞳を上目遣いに見せて、慎次の様子をうかがう。

「あ、いえ、ちがいます、こっちに」
うひいっ、かわいいっ…、どうして、こんなに、萌え萌えなんだよっ、おらっ、こっち来い…。
「え、あんっ、やあん、恥ずかしい…」
美巨乳の前で手を合わせて戸惑う若妻に、萌えまくりのエロボケは、お尻に両手を回すと柔らかい弾力に指を食い込ませて抱え上げ、股間にまたがらせてダッコした。

「はあ、きもち、いい…、濡れてますね…」
うひっ、また、勃っちまうよおっ…、はううっ…、きもちいい…。
ザーメン混じりの粘液で濡れた柔らかい秘肉に、気の抜けた息子を密着させたエロ浪人は、唇をすぼめたバカ面をさらしながら腰を振り始めた。
「あ、あんっ、やあんっ、だって…」
あぐらをかいた慎次の股間に、広げたオマタを密着させた奈津実は、フニャチンが濡れたスジを行き来する快感に、艶めかしい声を漏らす。

「だって?…、はあっ、なん、ですか?…」
うへへっ、たまらんのう、カワイイ…、はあ、気持ちいい…。
切なげに表情に漂うメスの淫靡な空気にオスの本能を昂ぶらせ、腰の動きを早める慎次は、恥じらってうつむく顔をのぞき込む。
「だって…、電車でも、あん…、そんな風に、してたでしょ…、だから…」
近すぎる興奮したオスの顔から目を背けた奈津実は、半立ちに固くなった息子がスジに食い込む刺激に、まだイッてない女体を艶めかしくよがらせる。

「…、電車で?…、じゃあ、あのときから、濡れ濡れ?…」
は?…、電車で、スリつけてた時から…、感じてた?…。
ボディソープを手に塗りたくって、熟れた女体をなで回した慎次は、奈津実の切なげに告白で、満員電車で密着したときから、奈津実が欲情していたことを知った。
「ああん…、そんな言い方、や…、恥ずかしい…」
泡まみれの手で体中をまさぐられて、切なげに女体を揺らす奈津実は、イヤらしい笑いで見つめる慎次の目から逃れるように、ギュッと抱きついて耳元で興奮した吐息を漏らす。

「うひひっ、奈津実さん、感じやすいんですね…」
やっぱ、人妻は、エッチ大好き、ってか…、
自分から胸の柔らかい弾力を押しつけて来る奈津実に、上機嫌のエロボケ慎次は興奮した吐息を響かせ、
また、でかくなってきたよ…。
元気を取り戻した息子を、ネットリ濡れたスジにこすり付ける気持ち良さを貪っていた。

「やだ…、慎次さんの、イジワル…、えいっ」
エロボケ浪人の言葉責めに頬をピンクに染めた奈津実は、腰を引いてオマタに手を入れると、屹立した息子を強めのグリップで握った。
「あひっ…、あ、ううっ…、す、すいません、もっと、優しく、して…」
ぐっ、あ、おおっ、いっ、いいっ、けど、ちょっと、強い…、う、たまらんっ…。
新妻の逆襲にあっさり降参したヘタレ慎次は、みっともない泣き言を漏らしたが、どMな倒錯した悦びにしびれ、だらしなく泣き笑いの顔をゆがませていた。

「うふっ…、ごめんなさい」
情けない顔でマゾっぽい悦びに浸る慎次を、エッチな笑みで見つめた奈津実はカラダを離すと、
「じゃあ、お詫びに…」
シャワーで息子にまとわりつく泡を流し、お口の奉仕をはじめた。

「うひっ、あ、ああっ、い、いいっ…」
んっ、あ、い、いいっ、きもち、いいっ…、
ポッテリプックリ唇がカリ根をシゴき、舌先が絶妙のタッチで鈴口を嬲る。
「はっ、あっ、はっ、ああっ、いいっ…」
あ、いっ、すげっ…、ま、また…、で、出ちまう、ああっ…。
極上の口技を受けるエロボケ浪人は、トロけそうな快感に支配されて情けない声を上げ、甘美なお口の奉仕に手も足も出せず、早くも発射しそうになっていた。

「…、お風呂入りましょ…」
そんな早漏浪人の状態を敏感に察知したのか、フェラと突然中断した奈津実は、湯船にお湯を溜めはじめる。
「は、はあ…、奈津実、さん…」
やべ、さっき出したのに、またすぐ出したら、早漏だと、思われちまう…、
奈津実の気遣いに気付かないエロボケは、早漏な口内発射に至らずに済んだことにホッとした。
や、やらしっ…、イタズラしてやる…。
湯船をのぞき込む奈津実の無防備な下半身のエロさに、にわかにスケベ心をもたげたヘタレは、太ももの根本でプックリしたあそこの肉に、イヤらしい意志を込めた指を伸ばしてイジりだす。

「あ、あんっ、慎次さあん…、だめえ…」
エロガキのオイタに甘えた声を漏らした若妻は、逃げるでもなく逆にお尻を突き出し、足を開いて感じる部分を触りやすくしていた。
「は、ああっ、ん…っ、あ、はあっ、ああっ」
ヘタレ慎次のひとりよがりで稚拙な指マンに、まだエクスタシーに達してない火照った女体を妖しく揺らす奈津実は、バスタブのヘリにたわわな乳房を押しつけて、ムッチリとゆがませる淫靡な光景を披露していた。

隣の奥さん 奈津実 (28)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:09:55 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2902-6ffd1f87
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next