FC2ブログ

== 隣の奥さん 奈津実 ==

隣の奥さん 奈津実 (25)求め合うケダモノども

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
隣の奥さん 奈津実 目次

隣の奥さん 奈津実 (25)求め合うケダモノども

「はあ、あっ、ああ…」
ああ?…、風呂?…、はあ、風呂か…。
発情した美人妻のトロけそうなキスに腰砕けな慎次は、野獣の本能で息子をこすり付け、ネチョネチョに濡れた秘肉が絡みついてくる、甘美なスマタの快感を味わっていた。

「あ、んっ、あ、ああっ…」
欲望ムキ出しの性獣を極上の口技で飼い慣らした人妻は、母猿にしがみつく子猿のように、前屈みに浴室に入場する慎次に抱きつき、艶めかしい太ももを腰に絡ませ、
「はあ、は、ああっ…」
愛液まみれの秘所のスジに密着して摩擦する肉棒の快感に、甘えたかすれ声を漏らしてもだえる。

「はあ、ああっ、な、奈津実…」
はあ、とうとう…、ああ…、人妻と、ナマ、本番だ…。
タイルの床に四つん這いで入り込んだ慎次は、しがみつく欲情した女体にのしかかるように倒れ込んだ。
「はうっ、あ、はあっ、入れる、ぞ…」
エロい…、ああ、かわいい…、
火照った柔らかい女体に抱きついたエロ浪人は、切なげな表情で唇のハシに笑みを浮かべる奈津実を見つめ、
う、おおっ…、くうっ…、ああっ、やって、やるっ…。
いきり立つ肉棒をネットリした汁気をあふれさせる亀裂にこすり付けて、オスの本能であふれる泉を捜していた。

「はあっ…、あ…、そ、そこ…」
背中に触れてひんやりするタイル地の床の冷たさに、淫靡な官能の期待に火照る、汗ばんだ女体を緊張させた奈津実は、
「ああ、いい…、は、はあっ、き…、きて…」
こすり付けられるビンビンのカリを、はしたなく濡れた亀裂で咥え込もうと、自ら腰を突き上げていた。

「うっ、あ、は、はあ…」
おっ…、く…、はっ、入った…、
人妻に導かれたエロ浪人が腰を押しつけると、床から離れたお尻がプルンと揺れる。
あ、はあっ、あったけえ…。
あっけない挿入に膣に吸い込まれる錯覚さえ覚えた慎次は、息子に絡みついてくるヒダヒダ粘膜のぬめった温かさにウットリしていた。

「あ…、おっきい…、はあ、ステキ…、慎次さん」
タイルの床を濡らすほどあふれ出た愛液で、スムーズに接合を果たした女体は、膣壁を広げる肉棒の容量にメスの官能を昂ぶらせ、
「あ、は、ああっ…」
汗がにじんでテカリを揺らす艶めかしい女体をみだらに波打たせる。
「し、慎次、さん…、ああ、来て…」
膨らみきった肉棒で拡張された粘膜を、ウネウネと律動させる女体は、
「はあっ、ああっ、お、おねがいっ…」
さらなる悦びを求めて甘えた声を漏らす。

「んっ、あっ、あっ、ああっ、はあっ、ああっ」
ぐっ、おっ、おおっ、くっっ、いっ、いいっ…、ああっ、はあっ…。
メスの欲望をむき出しにしておねだりする奈津実に、フンと荒い鼻息を鳴らした慎次は猛然と腰を振り始めた。

「あっ、いっ、いいっ、ああっ、くっ、はあっ」
ズプジュブッとネットリした愛液を肉棒がかき回す音が、冷えた浴室に響く。
「おおっ、いっ、あ、いいっ、ああっ」
汗がにじんだ女体にしがみついた慎次は、狂ったように腰を上下させて、愛液まみれの肉棒の挿入を繰り返す。
「あっ、いっっ、いいのっ、もっと、は、あっ、してえっ」
激しい挿入にズンズンと突き上げられ、たわわに波打つ熟れた女体は、肉棒の出入りに合わせてクチュックチュッと、秘肉のスキマから愛液をかき出されていた。

「おっ、おおっ、くっ…」
タイル地の床に乱れた髪を広げ、激しく頭を振って快感にまみれる奈津実を押さえつけるように、
「ぐっ、おおっ…、いっ、いい、ぞっ」
よがりもだえる女体にギュッと抱きついて、乳首がツンと突き出し、汗でしっとり濡れた乳房のナマ肌を手の平で包み込んだ慎次は、
「はあっ、んっ、おっ、はあっ、ああっ」
乱暴に揉み砕きながら、ふくれあがったカリを膣壁にこすり付ける快感を求め、全身から汗を吹き出しながら、緊張してエクボと作った尻タブを忙しく上下させて、激しい挿入を続けた。

隣の奥さん 奈津実 (26)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:56:09 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2900-b03d6c11
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next