FC2ブログ

== ろま中男劇場 ==

ろま中男劇場 3.新人銀行員奈々 (27)奈々にナカ出し

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
ろま中男劇場 目次

ろま中男劇場 3.新人銀行員奈々 (27)奈々にナカ出し

「あ、はあっ、は、ああっ…、優しいね、セイシくうん」
あ、ああっ、は…、やめちゃった…、セイシくん…、かわいい、…。
このままケダモノじみた欲望のまま陵辱され続け、中断すると思ってなかった奈々は、しかし一息つくと振り返って桃色吐息にまみれながら、カワイイ笑顔で精志を見つめた。

「こっちも、して、欲しい…、お願い…」
奈々、オッパイ、イジられると…、すごく、気持ち、いいの…。
ビスチェのボタンを外して張り詰めたツヤツヤしたナマ乳を見せた奈々は、甘えた声で興奮した鼻息を鳴らす少年におねだりした。

「あ、はいっ」
たっぷりした乳房の中心で突きだしたピンクの乳首が揺れるのを見た精志は、汗のにじんだムチムチのナマ太ももを抱えて前から突入する。
「ふっ、ぬふっ、はあっ、ああっ」
腰のグラインドをしながら、猫背になって乳首を口に含んでクチュクチュしながら、もう一方のオッパイを揉み砕いた。

「あ…、ああっ、はあっ、いいっ、ああっ、はあっ」
くうっ、あっ、いっ、いいっ、おちんちんがっ…、
再開された突き上げで壁に押しつけられた若い女体をもだえさせる奈々は、
ひあっ、くう、おっ、おっぱい、いいのっ…。
忙しく出入りする肉棒でヌルヌルヒダヒダのナカをかき回される悦びにのけぞり、舌と手で愛撫されたオッパイの気持ち良さに激しくよがりもだえた。

「うっ、いいっ、ですっ…、奈々、さんっ」
カワイイ顔に妖しい表情を見せる奈々に、朝に初体験したばかりの少年は萌えまくりの発情しまくりだった。
「はあっ、ああっ、いっ、おおっ…」
とろけそうな女体にがむしゃらに腰を振る精志はオッパイの谷間に顔を埋めながら、奇妙なくらいカラダを折り曲げて挿入を続けていた。

「あっ、セイシ…、はあっ、くうんっ…、イク、ああっ…、ときは…」
ああ、きもち、いいっ、いいっ、いきそう…、ああ、もっと…、
疲れ知らずの激しい挿入に突き上げられてまたつま先立ちになった奈々は、女体の中心で次々にはじける快感で半開きにした目にウットリした笑みを浮かべながら、
「チュー、ひっ、はっ…、して、はっ、ああっ…、欲しい、あっ、のっ」
奈々を、ああっ、メチャクチャにっ、ああっ、してえっ、…。
精志の肩に手を置いてのけぞった頭を壁にすりつけていた。

「はあっ、奈々、はあっ、さんっ、すっ、スキだっ、ふうっ、はわうっ」
奈々の甘えた声に汗まみれの顔を上げた精志は、裏スジに熱い奔流を感じてカワイイ唇のしゃぶりつくと、下唇をなぶりながら舌で口腔内をベロベロ舐め回す。

「あんっ、うふあっ…、ふにゃっ…」
あっ、ひいっ…、お腹にっ、あひいっ…、
尿道を駆け上がる熱い濁流を注ぎ込もうと思いっきり腰を突き上げて、カリを子宮口に食い込ませて奈々の女体を浮き上がらせた精志は
「あふあっ、あひゃらあっ…」
あ、熱いっ…、ああっ…、
気持ちのいい唇に吸い付きながら白濁した粘液をナカ出しで暴発させた。
「ふみっ、にゃあうっ、ふみなあっ…」
奈々、イクッ…、いっちゃう、ふああっ、イクウッ、…。
子宮を灼熱のザーメンで焦がされた奈々は、ノドをこみ上げるあえぎ声を艶めかしい吐息にして、ふさがれた口から漏らしていた。

ろま中男劇場 3.新人銀行員奈々 (28)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:44:37 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2893-9d00855f
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next