FC2ブログ

== ろま中男劇場 ==

ろま中男劇場 3.新人銀行員奈々 (24)映画館の暗がりで

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
ろま中男劇場 目次

ろま中男劇場 3.新人銀行員奈々 (24)映画館の暗がりで

「(うっ…、あ、はあっ、ああっ)」
映画館の暗がりとはいえ、誰かに見られるかもしれない場所で手淫をはじめた奈々に、声が出せない精志は落ち着き無く周りをチラ見しながら快感にもだえていた。

すごい…、ピクピクしてる…、はあ、ああ…、
催淫剤の効き目でメスの欲情を昂ぶらせる奈々は、ハアハアと甘く湿った吐息を漏らしながら、
セイシ君、気持ち、いいんだね、…。
しなやかな指先で精志の分身をなぞっていたが、ペロリと唇を舐めて湿らせると口に含んだ。

「(あ、ああっ、そこ、あっ、ああっ)」
美少女のとろけそうな口淫にのけぞった精志は劣情を昂ぶらせ、奈々の丸くて柔らかいお尻に手を伸ばしていた。

あ、あん…、奈々も、よくして…
ミニスカの上からお尻をまさぐられた奈々は触りやすいように腰を浮かせ、自分からミニスカをまくり上げてナマ尻をムキ出しにする。
あ、そこ…、おしり…、ああんっ、はあっ、気持ち、いい…。
チュクチュプと湿った音を立てて硬くなった先端をしゃぶる奈々は、ノーパンのお尻のアナをイジる指先に不快感を感じるよりも、ゾクゾクする興奮を感じていた。

「(う…、ああっ、いいっ、きもちいい…)」
映画そっちのけでちちくり合う二人だった。股間に顔を埋める奈々に覆い被さる精志は、お尻をさわりながら空いた手で胸をタプタプとなぶりはじめる。
はあ…、ああ…、固くなってる…。
ビスチェをズラして胸をムキ出しにすると、指先ですでに硬くなった先端をクリクリしていた。

「(あ、あんっ、いい、きもち、いいよおっ)」
オッパイ、イジられると…、奈々、あひい、かんじちゃう…。
お口の奉仕を続ける奈々は、乳房の先端をイジられて火照った女体を震わせていた。突き出したお尻の奥からプックリ顔を出したおそそのスジからネットリした蜜が垂れてくる。

「だ、もう…、ああ…」
しかし若くてこらえ性のない高校生は美少女の舌技にあっさり降参していた。
「う…」
あ、ああっ、で、でるう…。
裏スジがしびれるような快感に襲われた精志は、こらえきれずに尿道をこみ上げる熱い奔流をそのまま奈々の口の中に放出していた。

あっ、んっ…、うくっ、こくっ、こくっ、う、んっ、…。
早すぎる絶頂の奔流を奈々はしっかり口で受け止めて全部飲み込んでいた。催淫剤で増幅されたメスの昂ぶりは、それを飲む行為にも異常に興奮して女体を熱く火照らせていた。

「(…、出ちゃったね…、えへへっ)」
セイシ君、早すぎるよ…、でも、いいの、…。
濡れた唇で妖艶な表情を見せた奈々は、上目遣いに見上げるとカワイイ笑顔を浮かべる。

「あ、はあっ…」
精志は早すぎる絶頂に面目なさを感じたが、幸せな気持ちが勝っていた。絶頂でしばらく硬直しいていたが、手の平の柔らかい感触を思いだしてまたお尻をまさぐりはじめた。

「(あ、あんっ…、気持ち、いいよお…)」
はあんっ、オッパイ、気持ち、いいの、…。
お尻に続いて再開された胸の愛撫にウットリした奈々は、ちゃんと後始末も忘れてなかった。しぼんでいく精志の分身を咥えて舌でペロペロしてキレイにしていた。

「(奈々さん…、ありがと…)」
キレイに舐め上げるとちゃんとしまってファスナーを上げる奈々に、精志はヤニさがってだらしなく笑っていた。
はあ…、やわらかくて、きもちいい…。
背中に手を回して奈々を抱き寄せた精志は、吸い付いてくるようなしっとり舌柔肌の感触にウットリして、たっぷりした乳房を手で受けてモミモミしながら、ノーパンの股間に手を入れて濡れたスジを指先でこすっていた。

「(あ、あんっ、セイシ君…、奈々、声が、出ちゃう…)」
ああん…、気持ち、いいよお…、あそこ、クチュクチュ、されると…、
奈々は催淫剤の効き目で精志の稚拙な愛撫に感じまくっていた。
はあっ…、奈々、バカになりそう、…。
火照った女体が浮くような浮揚感でフワフワする奈々は、ウットリして精志にしなだれかかり、甘えたあえぎ声を耳元にささやいていた。

「(奈々さん、カワイイよ…、声でそうになったら、ボクが押さえるから…)」
指先の動き一つ一つに反応する奈々が、精志はうれしくてしょうがない。映画館という公衆の場で淫らな行為に耽る背徳感も精志を異常に興奮させていた。

「(うん…、気持ち、いいよお…、好きい…)」
はあっ、もっと、してえ…。セイシ、ああっ、君…、はあっ、好きい、…。
発情した女体を抱いた精志はワキの下からのばした手で乳搾りのように乳房を揉み砕く。濡れたスジに三本の指が絡みついて卑猥に蠢く。

はあっ、あああ、いいっ、いいの、もっと、クチュクチュしてえ…。
催淫剤の効き目で女体を支配されてすっかりエロボケ状態の奈々は、秘所をイジられて感じまくる恥ずかしい姿を誰かに見られるなんて、思いもしなかった。

「(奈々さん、はあっ、ボクも、好きだ…)」
腕の中でもだえる美女に有頂天の精志は、興奮した鼻息で奈々のセミロングの髪を揺らす。鼻先を奈々の鼻にすりつけた精志は、また湧き上がる劣情で股間を膨らませ、キスをしようとして唇を付きだしていた。

「(あふうっ、いい…、ああんっ…)」
ああ、チューされた…、気持ち、いいよお、…。
公衆の場であることなどすっかり忘れたエロボケカップルは、唇を吸い合って絡み合っていた。若い精志はオスの昂ぶりを示すように、ズボンに大げさなテントを張っていた。

ろま中男劇場 3.新人銀行員奈々 (25)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:07:19 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2890-896dde77
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next