FC2ブログ

== 隣の奥さん 奈津実 ==

隣の奥さん 奈津実 (11)奈津実と渋谷

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
隣の奥さん 奈津実 目次

隣の奥さん 奈津実 (11)奈津実と渋谷

「…、おい」
はあ…、チューも、いいな…。
うつろな目をしたむっつり美少女の唇をさんざん弄んで股間を熱くした変態予備校生は、
けっこう、いいカラダ…、してんだよな…、
幼さをかすかに感じさせる初々しい女体の、スベスベムッチリした柔肌が描くエロい曲線をなで回していた。

「これ、今度までに、ちゃんと剃ってこいよ」
やっぱ、コイツは…、パイパンだよな…。
そしてオマタの薄いおケケを握ると、ブチっとむしった。

「ひいっ…、あああっ、わ、わかりました」
イッ、痛いいっ…、あ、ああっ…、やああ…、漏れ、ちゃったああっ…
乱暴にあそこの毛をむしり取られた憐れなどM奴隷は、ヒモが食い込んだスジからピュッと汁気を飛ばした。
はああ…、恥ずかしい、のに…、ああ、うれしい、なんて…、こずえ、変態…。
お漏らしの恥ずかしさで若い女体をゾクゾクさせたこずえは、しかし毛をむしられてジンジンする痛みに倒錯した悦びを感じ、どMな恍惚で女体を熱くしていた。

「…、あ…」
さて、これから、どうしてやるかな…、あれ?…。
奴隷調教が染みこんだ若い女体に残虐な性欲を昂ぶらせる変態浪人だったが
「じゃあ、オレ、帰るから…、ちゃんと、剃ってこいよ」
もう、こんな時間だ…、奈津実さんと、デートだっ…。
時計に目をやるともう3時を過ぎていた。奈津実との約束を急に思いだした慎次は、こずえをほっぽり出すと駅に向かった。

「え…」
なに?…、どうしたの?…、
気まぐれなご主人様にあっさり突き放されたこずえは、ビルの間の路地で呆然と立っていた。
え…、どうして?…。
肩幅に開いたオマタをイタズラな風がヒューと吹き抜け、ネットリ濡れたあそこの柔らかい肉をひんやり冷ます。
やっ…。
偶然の放置プレイでひとり置き去りにされた奴隷少女は、
いっちゃ、いやあっ…、やあっ…。
パンティとは名ばかりのヒモがスジに食い込み、ヌメリ気で濡れて火照ったオマタにギュッと握った拳を押しつけ、ボロボロ涙をこぼして泣きだした。

「あ、慎次さん」
慎次が駅に着いたとき奈津実はすでにホームにいてすぐに気づくと、嬉しそうな笑顔で走り寄ってくる。
「あ、はい…」
はああ…、やっぱ、大人の女の人は、ちがう…。
清楚なたたずまいに熟れた女の艶めかしさを漂わせる人妻に、往きの電車内での抱擁の心地いい女体の弾力を思い出した慎次は、恥知らずに股間を膨らませていた。

「よかった、来てくれて…」
ニヤける慎次の直前で立ち止まった奈津実が、うれしそうな笑顔で見つめる。
「そんな…」
カワイイよっ…、奈津実さあんっ…、はあっ、はああ…。
1歳か2歳しか違わないが、落ち着いてシットリした人妻の魅力に慎次はメロメロだった。
当たってるよ…、この、カラダを…、ギュッて、してえっ…。
吐息でゆっくり上下するふくよかな胸のふくらみが、時々慎次の胸に当たってソコだけヤケに熱く感じた。

「つきあって欲しい、ところがあるんです…、いいですか?」
ニヤける慎次の目をずっと見つめたまま、ニコニコ笑っていた奈津実が、甘えるような口調でささやく。
「えっ、ええっ、もちろんっ…、あ…」
つきあって、欲しいってえっ、うおおおっ、やったああっ…、
ニッコリ笑う奈津実に告白されたと勘違いした慎次は、空を浮遊するような幸福感にまみれたが、
あ、アレ?…、ところって…、はああ…。
その後の言葉に激しく落ちこんだ。

「渋谷で水着、買いたいんです」
恥ずかしそうに笑って目を伏せた美人妻は二の腕が柔らかい胸を圧迫し、股間に押しつけた両手で持ったカバンを微妙に前後に揺らしていた。

「あ、いいですよ、いきましょう」
水着、奈津実さんの、水着姿が、見れるっ…、
布地が極端に少ないビキニで裸同然に素肌をさらす奈津実の、匂い立つような艶めかしいあらわな姿を妄想した慎次は、
行くに、決まってるだろっ…。
ますます股間を膨らませて一も二もなくOKした。

隣の奥さん 奈津実 (12)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:19:42 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2880-7fd7e089
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next