FC2ブログ

== 隣の奥さん 奈津実 ==

隣の奥さん 奈津実 (8)マクドのトイレ

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
隣の奥さん 奈津実 目次

隣の奥さん 奈津実 (8)マクドのトイレ

「はあっ、ああっ、んちゅっ、むじゅるっ、ちゅじゅうっ」
ああ、私、伍代くんの、ああっ、おちんちん、はあっ、しゃぶってる…。
嗅覚の鋭いエロ美少女は、ズルムケチンポに染みついたオス汁の匂いに発情し、シワの寄ったパンティのシミをますます大きくし、シャインリップの唇で濃厚なフェラを捧げていた。

「おおっ…、おっ、おいっ、なに、すんだっ」
ああっ…、あうっ、なんで、フェラ?…、やめっ、おおっ…。
こずえの勢いに押されて下半身裸にされたマヌケなエロ予備校生は、腰がトロけそうなフェラの魅力に抗って、腰にしがみついて息子を咥えるエロ美少女を引きはがした。

「あ…、ご、ごめんなさい…、わたし、あの…」
や、やだ、わたし…、
どM奴隷のスイッチが入って卑猥なご奉仕を捧げてしまったこずえは、強引に押しやられてトイレのドアに背を押しつけると、
「うっ、ううっ…」
あ、ああっ…、はしたない、変態オンナだと、思われた…。
欲求不満な淫乱女のような振る舞いを恥じて泣き出した。

「…、おれだけ、なんて、不公平だろ、こずえも、脱げよ」
泣いた?!…、なんなんだ、もう、ヤケクソだ…。
ドアに背をあててずるずると座り込むこずえのムッチリナマ太ももを見下ろした慎次は、ビンビンの息子のやり場に困って、思わず命令口調でハダカになれと命令した。

「え…、あ、あの…、はい…」
脱げ?…、どうして?…、脱げば、許してくれる?…。
叱りつけるような口調に涙を一杯に溜めた目で見上げたこずえは、ビックリしたようにしばし慎次を見つめていたが、シャツのボタンに手をかけると震える指先で外しはじめた。
「こっちが、先だろ」
ああっ、もう、がまんできねえっ…。
シャツがはだけてブラが食い込んでプックリした胸を見た慎次は、エロ美少女のしゃがんだカラダを持ちあげると、フレアミニに手を入れてハイレグパンティをズリ下げた。

「あ、やっ、ああっ、だ、だめえ…」
やんっ、あっ、やあっ、恥ずかしいっ…。
足先からパンティを抜いてポケットにねじ込んだ慎次は、ナマ太モモを抱え上げて肩にのせると、あそこに吸い付いた。
えっ、ああっ、だ、だめえっ…。
立ったまま大マタ開きされてヌルヌルに濡れた秘唇を吸われたこずえは、のけ反って頭をドアにすりつけながら、それでもシャツのボタンを外し続けた。

「うがっ、ぬっ、ぬうっ…」
もう、どうでも、いいっ…。
濡れ濡れのスジを指で広げたエロ予備校生はケダモノじみた性欲に支配されていた。わけがわからないまま白いポッチから穴に向かってベロベロと舐めまくる。
「あっ、やっ、ああっ…」
ひあっ、ああっ、い、いいっ、はあ、変に、あっ、なっちゃう…。
両手であそこの柔らかい肉を押し広げられ、感じる部分のクンニにもだえるエロ美少女は、切なげに幼さの残るカラダを震わせながら、ボタンを外してシャツを肩から抜くとブラのホックを外した。

「入れてやる」
がまん、できねえっ、いれるぞっ…。
少女の秘所をベロベロ舐めながら膣口を探り当てた慎次は、肩にのせたナマ太ももを抱えるとサオを握って入り口に押し当てた。
「あっ、ああっ…、ああ…」
や、こわい…、あっ、はいって、ああっ、くるう…。
せり上がってくるこわばった顔が恐くて逃げるようにのけ反ったこずえは、あそこに入り込んでくる熱い肉棒の刺激に、幼い顔に似合わないあえぎ声を上げていた。

「お、うっ…、おらっ、おらっ…」
あ、あったけえ…、お、おっ、くっ、おおっ…。
絡みついてくる粘膜の気持ち良さをじっくり味わいながら、ゆっくりと根元まで押しつけた慎次は、泣きながら顔をそらすこずえにどSな加虐色情を昂ぶらせ、ガンガンと腰を振っていきり立つズルムケチンポの挿入を開始した。

隣の奥さん 奈津実 (9)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:09:00 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2877-ea0f4b15
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next