FC2ブログ

== 魔法のスティック ==

魔法のスティック (78)結婚の誓い

ろま中男3 作品リスト
魔法のスティック 目次

魔法のスティック (78)結婚の誓い

「ネエちゃん、はあっ、オレのコト好き、はあっ、なんだよね…、はあっ、オレも好きだよ」
はあ、きもち、ええっ…、ネエちゃんは、一生、オレのオモチャだ…。
半ムケチンポを根本まで突き刺して欲情した女体にのしかかる変態は、スケベ笑いに緩んだ顔で快感にもだえる美紀の顔をのぞき込む。

「な、なに?…、あ、ああ…、す、好きよ…」
肉棒に満たされた膣を下腹に押しつけられたバカ弟のカラダに圧迫されて、美紀はもだえのけ反っていた。

どSな魂胆のこもったイジワルなセリフも、今の美紀にはまともに通じてなかった。

「はあっ、ネエちゃん、はあっ、結婚してください、って、はあっ、言うんだ」
これから毎日、こうやって、悦ばせて、やるかな…。
下腹を密着することで膣の締め付けを倍加させた変態は、キツク締めつけてくるヒダヒダ粘膜の刺激に荒い吐息にまみれてうわずった声を漏らす。

「んんっ、あっ、だ、ああっ、いっ、ああっ、結婚、ああんっ、して、はあっ、くださいっ」
美人姉はムリヤリ高められた膣圧の中でズリズリとピストン運動を繰り返す肉棒に、下半身の内側が焼けるような快感に襲われていた。

カラダのあちこちで爆弾がいくつもはじけるような気絶しそうな官能の悦びに、ヨダレを垂らし白目を剥苦美人姉は結婚の誓いを強制宣誓されられていた。

「よし、はっ、ネエ、はっ、ちゃん、はっ、ずっと、はっ、オレの、はっ、もんだっ」
くっ、やった…、んっ、ま、まいにち、はっ、やりほうだい、はっ、ぜえっ…。
天井に向かって突き出すピンク乳首を指のマタに挟んで、半球型の美乳をグニグニと揉みまくる変態は、子供の頃からの深層意識にずっと押し込めていた願望を叶えてまさに有頂天だった。

美人姉の艶めかしい女体をムチャクチャに愛撫するモリオは、腰の回転を上げてネットリしたシブキを飛ばしまくっていた。

「ひっ、あっ、もっ、もうっ、だっ、あっ、いっ、いっちゃ、うっ…」
ズンズンと激しく突き上げられた女体が波打つように柔らかく揺れる。

アゴを突き上げてよがりもだえる美紀は、ツヤツヤした髪を振り乱し、大きく広げた太ももにスジを浮かべてピクピク震わせ、足指を緊張させて内側に曲げていた。

「あっ、はっ、でっ、あっ、でる、うっ…」
くっ…、あっ…、もうっ、あっ…、でる、うっ…。
裏スジにしびれを感じた変態は、汗のにじんだ柔らかいカラダを抱きしめると、ふくれあがったチンポを思いっきりねじ込んだ。

「あっ、ああっ…、いっ、いっぱい…、ドクドク、ああっ、してるうっ」
子宮口で爆発した熱い粘液に背筋を反らせた美紀は、快感の絶頂の興奮でバカ弟の背中に爪を立て、腰に絡めた両足をギュッと締めつけていた。

「ああっ、ネエちゃん、おおっ、いいっ…」
はううっ、キツイ…、ああっ、ええっ、ええどおっ…。
血のつながってない美人姉にナマナカ出ししたバカ弟は、背中が焼けるような痛さと腰の締めつけに目を剥きながら、放出の快感を味わっていた。

「あ、ああっ、はっ、はあっ、はあっ…」
ただれた快感の大波をかろうじてこらえた美紀は、四肢を緩めてグッタリすると、脱力してバカ面をさらすモリオの重さを愛おしく感じていた。

「はあ、はあっ、ああっ、はあっ」
あ、ああ…、ああ…。
力の抜けたカラダからダラダラと汗を垂らす変態は、かすかに痙攣する柔らかい女体の感触を確かめるように、ゆっくりとさすっていた。

「ねえ…、赤ちゃん、できたら…、産むから…、ね…」
快感のさざ波に揺られて絶頂後の余韻を味わう美紀は、ザーメンがたっぷり注ぎ込まれた子宮を感じながら、モリオの赤ちゃんが産みたいとぼんやり考えていた。

魔法のスティック (79)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:04:29 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2863-f9f988c9
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next