FC2ブログ

== 魔法のスティック ==

魔法のスティック (72)メガネッ娘の甘美なカラダ

ろま中男3 作品リスト
魔法のスティック 目次

魔法のスティック (72)メガネッ娘の甘美なカラダ

「いいからっ、ちゃんと調べてやるから、おとなしくろっ」
くあっ、とまらんぞおっ、やってやるっ…。
抵抗するメガネッ娘美少女に加虐色情を昂ぶらせたモリオは、濡れたパンティのシワになった部分に指をグリグリ押しつける。

強姦に近い強引な行為にどSな衝動を昂ぶらせてゾクゾクした変態は、グラスに口を付けてアルコール入りドリンクを含むと、頼りなげに震える厚めの唇に強引に吸い付いた。

「あふっ、ら、らめえっ…、あふあっ、らめ、ふわあ、ふううっ…」
ロングヘア美少女史代は、指先に圧迫されてジンワリと汁気をにじみ出す、コットンパンティが2重になった部分の執拗な愛撫に、スリムなムチムチボディをもだえさせる。

ムリヤリキスされて注ぎ込まれたドリンクがコクコクとノドを鳴らして嚥下され、おツユの垂れた厚めの唇のスキマから舌足らずなセリフが漏れる。

「じゃあ、本番だ、おとなしくしろよ」
ぐふふっ…、ハツモノ、頂きだぜえっ…。
指マンとアルコール注入キスを続けたモリオは、抵抗が緩んでうつろな視線を泳がせる史代にニンマリした。

下半身裸になった変態は湿ったコットンパンティをはぎ取ると、ニーハイトップが食い込んだ太ももを広げさせ、ヌメリ気を帯びてピッタリ閉じたスジに先端をこすり付ける。

「やあんっ、あっ、やっ、ああっ、らめえっ、あああっ」
ソファにM字開脚させられて変態にのしかからせたメガネッ娘は、イヤイヤして頭を振ってロングヘアをサラサラと踊らせる。

カウパーな汁で濡れた先端がスジをかき分け、膣口を見つけるとそうするのが当たり前のように入り込む。

「おっ、くっ…、き、きついぞっ…、おおっ…」
んっ、いくぞっ…、おっ、いっ、いいっ、キツイぞおっ…。
女体の入り口の引っかかりを感じた変態は、フンと湿った鼻息を響かせると腰を押しつけた。

全く湿り気の無かったバーチャル挿入の時よりも、ヌメリ気の増した粘膜は半ムケチンポの侵入を許したが、やっぱりハツモノらしいキツサで締めつけてくる。

「やっ、やだあっ、ら、らめえっ、おねらい、らめてえ…」
酔いが回っているのか初めて味わう快感のせいなのか、舌足らずに抗うメガネッ娘はのけ反って白い喉をさらしながら、モリオの背中に手を回してギュッと力を入れていた。

「んっ、あ、ああっ」
なんだ、あ、そうか、美代か…。
変態強姦魔のモリオがハツモノのキツイオマ○コに根元までツッコンでウットリしていると、ケータイがなった。

「駅前のカラオケ、○○号室にいるから、すぐ来い」
うっしっし…、3P突入だな…。
どこにいるの?…、と不安そうに問いかける美代に、変態高校生はナマ本番をやめるつもりはまったくなく、イタしてる真っ最中のその場へ美代に来るように伝えた。

「やっ、ら、あっ、おね、らいっ…、今、やめてっ、くれ、ららっ…、られ、ひっ、にもっ…、いわらっ、いいっ、いから、あっ…」
調子よく振る腰にオマタを叩かれてパンパンと音を立てる若い女体が、舌足らずなあえぎ声を漏らして苦しそうによがる。

乱れたロングヘアがかかった頬をほんのりピンク色に染めたメガネッ娘は、忙しく出入りする肉棒に愛液をかき出されて、丸出しの尻アナをネットリ濡らしていた。

「あっ…、モリ、くん?…」
紺ミニスカとニーハイ以外何も付けてないムチムチスリムな女体の気持ち良さに、エロバカが調子こいて腰を振っていると美人教師美代が入ってくる。
「なに…、してるの?…」
セックス真っ最中のカラオケボックスに入ってしまった美代は部屋を間違えたかと思ったが、すぐに尻タブエクボを浮かべたケツを振る男がモリオだと気付いた。

「ああっ、うっ、来た、くっ、か…、脱げ、お、よ…、かわい、おおっ、がって、おうっ、やるっ」
やっと、きたか…、でへへっ、あこがれの3P、だぜえ…。
呆然とする美代に振り返ってチラ見した変態は、昂奮した吐息にまみれながらニンマリ笑うと3P開始を宣言した。

「そ、そんな…、やだ…、いやよおっ」
少女のキツキツマ○コを無残に広げて根元まで入り込んだ肉棒と、その上でブラブラする玉袋を潤んだ目で見つめた美代は、タイトスカートのオマタにギュッと握ったコブシを押しつけ、悲鳴のような悲しい叫びを恥知らずなケツに響かせていた。

魔法のスティック (73)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:10:05 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2853-15605efe
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next