FC2ブログ

== 魔法のスティック ==

魔法のスティック (69)やっぱり謎の上級生

ろま中男3 作品リスト
魔法のスティック 目次

魔法のスティック (69)やっぱり謎の上級生

「君たち、なにしてるんだ」
植え込みに目隠しされているとはいえ、駅のホームというオープンスペースでサカリまくるモリオと謎のヤリマン美少女を見つけた駅員が、けしからんといわんばかりの口調で声をかけた。

美少女の濡れ濡れマ○コに半ムケチンポを出し入れするのに熱中していた変態高校生は、近寄ってくる駅員に全く気付いてなかった。

「え…、や、やべっ、逃げるぞっ」
背中に厳しい問いかけを受けてハッとなったモリオは、振り返って睨みつける駅員を見ると慌ててズボンを穿く。
「ああんっ、やんっ、まってえっ」
ツインテール美少女もパンティをはく余裕などなく、ホックを外されたブラからはみ出た手頃な大きさの乳房をタプタプ上下させ、紺ヒダミニのスソを揺らしてナマ尻をチラチラしながら逃げるモリオを追った。

「はあっ、はあっ、やばかった」
途中からツインテール美少女の手を握って走ったモリオは、改札を走り抜けて駅を出るとやっと立ち止まって荒い吐息に忙しく肩を上下させる。
「はあっ、はあっ、面白かった、ねっ」
ツインテールをピョンピョン揺らしてモリオに引っ張られた美少女は悪びれる様子もなく、忙しい吐息でセーラー服の胸を上下に揺らしながら楽しそうに笑っていた。

「…、どうする、続き、する?」
しばらくして吐息が収まった彼女は、おねだりするような上目遣いでエロガキを見上げながら、紺ヒダミニのスソをヒラヒラさせていた。

「あ、ああ…、そうだな…」
…、ここ、どこだ…。
思いっきり走って体力を消耗し、エロ心が引っ込んでしまった変態は、気まぐれで降りた見知らぬ駅がどこなのかが気になっていた。

「…、じゃあ、また今度ね…、メルアド交換しましょ」
モリオにサカる気配がないのを敏感に読み取ったツインテール美少女は、余裕の態度で引き下がるとケータイを取りだした。

「え、ああっ…、ちょっと、写真撮らせろよ」
彼女にペースを握られたままメルアドを交換したモリオは、なんだが悔しくてエロ画像を撮らせろと迫った。

「…、エッチ…、いいよ、こっち来て」
エロガキの魂胆をあっさり読み取った不思議少女は小生意気な笑みを返すと、階段下の柱の陰に呼び込み、ノーパンのミニスカを持ちあげてキレイに処理された茂みを見せる。

「…、もっと、脚広げろよ…、オッパイも見せて」
コイツ、ほんと、慣れてるな…、奴隷の一人に、キープしとこ…。
艶めかしいポーズを見せるツインテール美少女に、モリオは色々なポーズを取るように図々しく要求した。

「もう、エッチなんだから…、オナニーしてるトコも、撮りたい?」
セーラー服の上衣をまくり上げて形のいい乳房を下から支えてポーズを取った彼女は、挑戦的な笑みを浮かべながらミニスカをウエストに巻き込むと、茂みの奥に指を伸ばす。

「…、それは動画で送ってくれ、エッチな声も、聞かせてくれよ」
余裕かよ…、まあいいや…。
ノリノリの淫乱美少女に押され気味のエロガキはちょっと悔しそうにつぶやいたが、小さく息を吐いて背中を向けた。

「あれ、名前、聞かないの?」
逃げ出そうとするかのように背中を向けたモリオに小生意気な声が追いかける。実際はカワイイ声だったのだが、モリオにはそう聞こえた。

「言えよ」
なんか、腹立つな…。
ツインテール美少女には終始押され気味で、どSな絶倫ご主人様を自負するモリオは不機嫌になっていたが、無表情に振り返ると背中に手を回してホックを留める美少女をにらみつけた。

「3年の仁科依里よ、お姉さんのこと、よく知ってるのよ、足立モリオくん…」
空威張りするモリオに戻した紺ミニスカをパンパンと払ってニッコリ笑った美少女は、同じ学校の上級生で姉の美紀とも知己だと伝えた。

「あ…、そうっ…、じゃあな、エロ動画、送って来いよ」
なんだよ、上級生で、ネエちゃんの知り合いかよ…。
上の学年だとわかっても今更下級生らしい言葉使いをするのもみっともないので、ミエミエの虚勢を張ったエロガキはなんだかいたたまれずその場を立ち去ろうとした。

「キミのおちんちん、気に入ったし、すっごいエッチなの、送ってあげる…、だから、あんまりお姉さんヘンなコトしちゃ、ダメよ」
お気楽に笑う依里は、リムーバブルチンポの秘密や姉弟の禁忌の秘め事を知っているかのような口ぶりで、落ち着きなさげに歩を進めるモリオを見送った。

なんだ、それ…、アイツ、何者?…。
思わせぶりなセリフに振り返ると、モリオの視線を意識してスリムなお尻をプリプリ振ってミニスカのスソを扇情的に揺らした依里が、階段を上がるときにミニスカをつまみ上げてナマ脚の根元まで見せつけると、軽くウインクして駅のホームに戻っていった。

魔法のスティック (70)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 09:53:18 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2850-97a01171
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next