FC2ブログ

== 魔法のスティック ==

魔法のスティック (68)見知らぬ美少女と

ろま中男3 作品リスト
魔法のスティック 目次

魔法のスティック (68)見知らぬ美少女と

「降りようか」
ぐひひ…、頂いちまおう…。
バーチャルチンポの陵辱妄想を続けてツインテール美少女のスレンダーな女体をなで回し、柑橘系のいい匂いに緩んだバカ面をさらすモリオは、駅に到着するアナウンスを聞いてうわずった声をに漏らす。

「は、はい」
オカルトチックな半ムケチンポの挿入にもだえる美少女はうつろな目でうなずくと、変態のイヤらしい手に抱え上げられて電車を降りた。

「ここで、ちょっと休もう、胸、苦しくない?」
ここなら、いいだろ…、またまた、ハツモノ、ゲットだぜえっ…。
紺ヒダミニのお尻をなで回しながらキョロキョロした変態は、植え込みがうまい具合に目隠しになったベンチを見つけた。

快感まみれで朦朧とした少女を座らせたヘンタイはバーチャル挿入の妄想を続けながら、セーラー服の上衣に手を入れてブラのホックを外す。

「あ、あん…、こっちも、お願い…」
胸を圧迫していたCカップブラが緩んで気の抜けた声を漏らした美少女は、紺ミニスカのオマタを広げるとパンティを脱がすようにおねだりした。

「へ…、あ、ああ…」
え…、ヤル気満々?…、カワイイ顔して、ヤリまくってんのか…。
広げたナマ太ももの間に垂れる紺ヒダスカートに隠れたパンティを脱がして、とおねだりされた変態は一瞬面食らったが、すぐにケダモノの本能をむき出しにして紺ミニスカに手を入れるとパンティをズリ下げる。

美少女のおねだりに虚を突かれて、モリオはバーチャルチンポの挿入妄想を中断していた。

「ペロペロ、してあげる」
パンティのあの部分にベッタリと張り付いた粘液をのぞき込んでスケベ笑いするモリオに、魔法のチンポの呪縛から解放されてやや正気を取り戻した美少女が、お口のご奉仕を申し出る。

「え、あ、ああっ、悪いな…」
コイツ、やりまくってるよ…、ヤリマンだよ…。
エロ美少女に主導権を取られたモリオは下半身裸になると、汁気で濡れた半ムケチンポをヌメッとしたシャインリップのプックリ唇に差し出す。

「うふっ、女の子の匂い、がするよ」
さっきまで膣ナカで暴れ回っていたチンポを寄り目で見つめた美少女は、それが自分の愛液だと知ってか知らずか、妖しい笑みを浮かべて鈴口に軽くキスした。

「おっ…、もっと、しゃぶってくれ」
唇を突き出して先端をチューチューされたモリオは、尻タブにエクボを作って下半身を緊張させていた。

カワイイ舌が半ムケチンポに絡みつく気持ち良さにのけ反る変態は、根元まで咥えるように要求した。

「いいよ、出そうになったら、出して、いいからね」
コギャルのフェラにしてはうますぎる舌使いに興奮する変態を、探るような上目遣いでニッコリ笑った美少女は、ダランとした玉袋を優しく揉みほぐしながら先端がノドに入るまで咥え込む。

「くっ、うっ、いいぞっ、おっ、おおっ」
ジュブチュッヌチュジュッとイヤらしい音を立て、たっぷりのおツユを絡めたディープスロートなブロージョブを捧げられた変態は、思わずツインテールを掴んで前後に腰を振っていた。

「んふっ、けほっ、んっ、んんっ…、やんっ、くるしい…」
頭を激しく前後に揺さぶられた美少女はツバまみれのチンポを吐き出し、苦しそうに咳き込む。

「ワリイ…、じゃあ、本番するか」
しまった…、まあ、いいか、フェラで出すの、もったいないし、な…。
ヤリ過ぎを後悔した変態だったが、口内発射するつもりはなかったので、咎めるように笑う美少女にのしかかると、汗でシットリと湿ったナマ太ももを抱え、ビンビンのそれを濡れた切れ目に押し当てた。

「あ、あん…、やっぱり、さっきの…」
先端を誘うように腰をかすかに浮かせた少女は、それをすんなり受け入れるとモリオの背中に手を回す。

膣に突入した生チンポを味わうようにキュッキュッと軽く締めつけると、思わせぶりな笑みを浮かべて迫ってくる変態を大きな目で見つめた。

「なにが…、イクぞっ、おっ、おおっ…」
バレたか?…、まあ、いいや、イカせてもらおうっ…。
カワイイ顔を心持ちピンクに染めて妖しい笑みを浮かべる彼女に、リムーバブルチンポの正体がバレたかと思ったが、そんなことより若くて新鮮な女体を貪る本能が先だった。

ラッシュ前の空白時間でひとけのないホームのベンチで、お淫ら三昧に重なり合う二人を傾きはじめた夏の日が照らしていた。

「はっ、はあっ、んっ、おっ、おおっ、ふっ、ぐっ」
あたりはばからぬ興奮した吐息を響かせるモリオは、上衣をまくり上げてひりだした手頃な大きさの乳房を手の平で包み込み、女の脂がまだ薄い腰肉に指を食い込ませ、半ムケチンポの挿入を繰り返す。

「あ、あんっ、いっ、いいっ…」
着乱れたセーラー服美少女は紺ミニスカを腰までまくり上げられて、M字開脚したあそこに突入するチンポの快感にまみれ、カワイイ顔に淫靡な笑みを浮かべる。

エロガキが腰を突き上げるたびにツインテールがピョンピョン跳ねて、欲情した新鮮な女体が柔らかくきしんで揺れる。

「んっ、あっ、くっ、はあっ、ああっ、いいっ」
湿った快感を貪る淫乱美少女は眉根を寄せた切なげな表情でプックリ唇をギュッと結び、ネットリした汁にまみれた柔らかい肉を忙しく出入りする肉棒に引っ張られ押し込まれながら、自ら腰を振って膣壁をこするカリの気持ち良さにのめり込んでいた。

魔法のスティック (69)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:40:12 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2849-f990033e
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next