FC2ブログ

== 魔法のスティック ==

魔法のスティック (64)白メイドの逆ナンパ

ろま中男3 作品リスト
魔法のスティック 目次

魔法のスティック (64)白メイドの逆ナンパ

「…、じゃあ、イクぞ、金払っとけ」
おおおっ、かわいいぞ、エロ淫乱妻の、白メイド(そしてノーパン)…。
またも絵里子が着替え終わるのを待っていたかのように試着室をのぞいた変態高校生は、上品さに萌えをトッピングした見事なセクシー白メイド姿にご満悦だったが、とっとと店を出るように促す。

「はい…、あれ?…」
ご主人様に急かされたどM奴隷は試着室を出ようとして、用意してあったピンク色のエナメル靴にちょっと驚いたが、それがピッタリだったことにも驚いていた。

モリオが買った大人のオモチャの精算もさせられた絵里子だったが、何か買ったのかわからないままカード支払いした。

「じゃあ、お仕置きの続きだ、あのオッサンに声掛けて、一発やってもらって来い」
怪しげなランジェリーショップを後にしたモリオは駅前の通りに出ると、ニヤニヤしながら暇そうなオッサンに目配せした。

「え…、あ、あの…、で、できません…」
モリオの視線の先には不潔そうな太って脂ぎったオッサンがいた。見ず知らずの男とセックスしてこいという、ご主人様のご無体な命令を理解したどM奴隷は生理的嫌悪感に襲われていた。
「ゆるして、下さい…」
いくらエロボケな精神状態でも脂ぎったオヤジに弄ばれる自分を妄想して怖じ気づく絵里子は、妙に色っぽい垂れ目ですがるようなおねだり光線を照射して翻意を促す。

「…、しねえと、また銃殺だぞ」
うおおっ、くわああっ、いいっ…、コイツ、どうして、期待通りというか、期待以上なんだ…。
潤んだ目ですがりつく白メイド人妻に萌え萌えなモリオだったが、冷たく突き放すとさっさと行くようにフリルがたっぷりした超マイクロミニのお尻を押した。

「は、はい…」
結婚前に変態ご主人様の命令には逆らえない忠実な奴隷に調教されて、エアガンの空砲発射がトラウマになっていた絵里子は、重い足取りでヒマそうなオッサンに近寄っていった。

「あ、あの…、お時間、ありますか?…、ちょっと、わたしと…」
オッサンの前で立ち止まった絵里子は、超マイクロミニで見えそうなオマタを隠す白エプロンを握ってモジモジしていたが、はにかみながら逆ナンパのセリフを口走っていた。


大学生の木村拓巳は午後の授業が休講になり、友だちと会うこともなかったので何をするでもなく、強いて言えばガールウォッチングしながら駅前の木陰にひとりで突っ立っていた。

午後まだ日の高いむせるような真夏日の駅前は、露出度の高い若い女性が頻繁に行き来していて退屈しなかったが、拓巳は上品そうな仕草に妙な色気を漂わせる白メイドに注目した。

「へ…」
なんだ、メイド喫茶の呼び込み?…、それとも、美人局?…。
そのセクシーメイドに声をかけられてスケベ心を膨らませるのと同時に、警戒心で心に壁を作った大学生は、探るような目をむけたが大きく空いた胸元のクッキリした谷間に釘付けになっていた。

「あの…、お願いします…」
見るからに生理的嫌悪感をもよおす汚らしいオッサンに、どうしても声をかけることの出来なかった絵里子は、しかたなくその横にいた大学生風イケ面に声をかけた。

「お願いします、って言われても…」
開いた胸元の生地で表面張力のようにプックリしてあふれそうな胸から目を離せないイケ面大学生は、スケベなオスの本能に支配されるのと同時に警戒心を徐々に緩めていた。

なにやってんだ、しっかりしろ、エロ奴隷…。
命令に逆らってイケ面大学生に声をかけた絵里子にイラついたモリオは、リムーバルチンポを発動させた。

「…、あ、あんっ…、お、お願い…、もう、ああ…、ガマン、出来ないの…」
躊躇する大学生にどうしようかと振り返った絵里子は、突然あそこに現れた魔法のチンポにもだえる。艶めかしいあえぎ声を上げて絵里子は拓巳に寄りかかっていた。

「え、は、はあ…、で、どこに…」
えっ、はあっ、ええ匂い…、えっ、ノーパンだよっ…。
白メイド姿のエロ人妻のよろめきにあっさりもっていかれたイケ面大学生は、しなだれかかる女体を支えるフリをしてフリルマイクロミニのお尻に手を伸ばすと、指先にシットリしたナマ尻の感触が触れて、下がりきった警戒心を吹き飛ばして本能ムキ出しのケダモノになっていた。

魔法のスティック (65)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:48:54 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2845-1a6d14cb
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next