FC2ブログ

== 魔法のスティック ==

魔法のスティック (55)人妻の極上のカラダ

ろま中男3 作品リスト
魔法のスティック 目次

魔法のスティック (55)人妻の極上のカラダ

「んごっ、うっ、くうっ、おおっ、うおおっ」
おあっ、すげっ…、いっ、いいっ、ぎもぢ、う゛ぇえっ…。
シットリしたナマ太ももを抱え上げて人妻の柔らかいカラダに挑みかかった変態高校生は、熟れた女体のトロけそうな気持ち良さに気の抜けたマヌケ面を見せたが、ケダモノのようなうなり声を上げると猛然と腰を振り始めた。

「ひっ、やっ、あっ、ああっ」
女盛りの女体に狂った野獣の激しい挿入が女の蜜をあふれさせる蜜壺を荒らしまくり、ネットリした汁を細かいシブキにして女性器と男性器の接合部分に飛び散らす。
「いっ、ああっ、だっ、ああっ、やっ、ああっ」
膣を激しく出入りして粘膜を荒らすビンビンの肉棒に、潤んで細めた目尻から涙をこぼす美人妻のカラダの奥底でくすぶっていたメスの欲情が一気に爆発して、か細い首が折れそうなほどのけ反った女体は間断にあえぎ声を漏らし、しっとり濡れた女体を妖しく波打たせる。

「ぬっ、ぐっ、うっ、おおっ、あうっ、うおっ」
ええっ、ええどっ、た、たまらんどおっ…。
はしたなく開脚させたオマタにズコジュブズジュッと挿入を繰り返す変態は、緊張したカラダから汗をダラダラ垂れ流す。野性の本能に支配された変態はトロトロの亀裂に吸い混まれて一体化するような極上の快感にまみれ、ケダモノじみたうなり声を上げていた。

「あっ、いっ、いいっ、いっちゃう、あっ、いっ、いいっ」
疲れを知らない若い欲棒に翻弄されて着乱れた女体を妖しく波立たせる淫乱妻は、喉の奥からあふれ出る悩ましげなあえぎ声を激しい吐息混じりに漏らし、愛液にまみれて妖しいテカリを放つ肉棒に濡れ濡れの秘肉を絡ませ、潮を吹いてネットリしたシブキを飛ばす。

「おおっ、いいかっ、ああっ、おおっ」
いっ、いいっ、ああっ、きもぢ、ええっ…。
熟成された女体にのめり込んだ変態はがむしゃらに腰を振って快感を貪って、ダラダラとあふれ出る愛液を半ムケチンポでかき回して、ラブホにヌチャジュブッと粘っこい湿った音を響かせる。

「ああっ、いっ、いくうっ、いっちゃう、ああっ、いくうっ」
留まることのない激しい挿入に、欲情した体のあちこちで快感をパチパチと破裂させる美人妻は、頭を激しく振って目尻から涙をポロポロこぼしながらツヤツヤセミロングの髪を振り乱し、変態少年のまだ肉付きの薄い背中に両手をギュッと絡ませ、ネイルケアされたキレイな爪を突き立てる。

「いっ、ああっ、おおっ、いいっ、いっ、でっ、出るっ」
ああっ、おおっ…、おっ、くっ…、ううおっ、おおっ…。
背中が焼けるようなヒリヒリした熱さにますます劣情を熱くした変態高校生は、熟成された女体にのめり込んでがむしゃらに腰を振って快感を貪っていたが、突然裏スジをビクンと震わせると熱い粘液をナマでドクドク放出した。

「あっ、ああっ、あっ…、あ、ああっ…」
前触れもなくいきなりナカ出しされた女体は力んだ四肢を若い変態の体に絡ませ、灼熱の白濁液で子宮を焼かれるどMな悦びに頼りなく開けた唇のハシからヨダレを垂らす。肉欲に溺れた淫乱妻は、汗でしっとり濡れた半裸の女体を緊張させて絶頂の快楽を味わっていた。

「あっ、はあっ、ああっ、はあっ、あへっ…、はああっ」
え、えがった…、はあっ、ひとづま、うひょおっ…、さ、サイコー、だべえっ…。
昨日筆下ろししたばかりの変態は極上のセックスに夢心地だった。エロ高校生はシャツを肩からはだけられてブラをムリヤリズリ上げられ、汗で濡れた乳房に手を当ててうれしそうな緩んだバカ面をさらしていたが、尿道の残滓を搾り取ろうとするかのように膣がキュッキュッと収縮する気持ち良さに、マヌケな声を漏らした。

「あ、ああっ、はあっはあっ、ああっ…」
久しぶりの嵐のような激しいセックスが収まって淫乱妻は悩ましげに脱力していたが、まだまだカラダのあちこちで線香花火がはじけるような快感に襲われて、汗でしっとり濡れた柔肌が思い出したようにビクビク痙攣する。

「奥、さん…、よかったか…、んぐっ、あうっ」
はあっ、えがったあ…、うっ…、かわいいっ…。
甘い吐息で上下する形のいい乳房をまさぐっていたモリオはやっと息が落ち着いて顔を上げ、放心状態の妖しい艶めきを漂わせる絵里子をのぞき込む。無垢な表情を見せる美人妻に見惚れた変態は、ぬめるような輝きを放つシャインリップのだらしないスキマから垂れるおツユを舐め取るように、本能のままベロチューしていた。

「あっ、ふあっ、あっ、はああっ…」
ベロベロと唇のまわりを舐め回されて舌をねじ込まれた絵里子は、苦しそうなうめき声とともにはしたない鼻息の音を漏らしていたが、子宮口までねじ込まれた肉棒がだんだん縮んで膣のナカで小さくなるのを感じながら、ウットリと目を閉じて乱暴なキスを受け入れていた。

魔法のスティック (56)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:01:46 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2832-f6372289
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next