FC2ブログ

== 魔法のスティック ==

魔法のスティック (54)よろめく人妻

ろま中男3 作品リスト
魔法のスティック 目次

魔法のスティック (54)よろめく人妻

「んっ、いやあ…、ああっ、お、お願い…、許してえ…」
強制フェラで舌を絡めていた美人妻は天使の輪を見せる髪を引っ張られて、ツバでネチョネチョに濡れた半ムケチンポを吐き出すと、力なく悩ましげなつぶやきを漏らす。

「うまかったか…、奥さん」
あぶねっ…、フェラで出したら、もったいないからな…、おらっ、喰らえっ…。
極上のフェラに発射しそうになった変態は慌ててセクシーな唇を引きはがしたが、虚勢を張って端正な横顔にチンポビンタをくらわせると、加虐色情の滲んだ残酷な笑いを浮かべていた。

「あんっ、ああっ、お願いです…」
ビタビタと頬にチンポではたかれた美人妻は上目遣いの潤んだ目で、変態暴君に破廉恥行為をやめるように訴えていた。しかし膝下丈のスカートがはだけてシットリしたナマ太ももをさらした絵里子は、女の子座りで広げたオマタの中心で開きかけた花びらの中心からネットリした汁を垂らし、シーツに恥ずかしいシミを作っていた。

「チューしてやるっ」
か、かわいいじゃねえかっ、たまらんぞおっ…。
人妻のウットリした上目遣い見つめられて裏スジが感電したような衝撃を受けた変態は、しゃがんで抱きつくと火照った女体を触りまくりながら、さっきまで半ムケチンポを咥えていた唇にしゃぶり付いてムリヤリ舌を差し込んでベロチューした。

「んっ、ふわっ、んあっ、あふあっ、ふあっ」
ケダモノじみた衝動に駆られて襲いかかってくる変態の勢いのままベッドに押し倒された絵里子は、乱暴なキスで広げられた口のナカを舌でベロベロ舐め回されて、苦しそうなあえぎ声を漏らして流し込まれるツバをムリヤリ飲み込まされていた。

「じゃあ、オッパイ、飲ませてね、ママ」
ぐへひいっ、たまらんのおっ…、次はオッパイだべえっ…。
ムリヤリなキスで苦悶する美人妻の切なげな表情にますますサド気を昂ぶらせたモリオは、布地の多いスカートを腰上にまくり上げて、広げさせたナマ足の中心で濡れ濡れの花園に半ムケチンポをすりつけながら、荒い鼻息を漏らしてシャツのボタンを外しはじめる。

「や、ああっ、だめえ、あっ、そこ、ああっ」
ヌルヌルに濡れて開花しはじめた花びらを邪悪な肉棒でこすられて、熟れた女体が切なげにもだえる。女の悦びにまみれた美人妻はかすかに残った貞淑観念でボタンを外す手を押さえたが、快感まみれのカラダは力が入らず、ジリジリしながらボタンを外す変態の手にしなやかな指を添えているだけだった。

「…、ビンビンだね、奥さん」
おおおっ、オッパイ登場っ…、乳首、ちょっと色が濃い目だけど、でへへっ、おっ立ってるよ…。
シャツを肩からはだけさせてブラをむき出しにした変態は、濡れたスジにいきり立つ分身をこすり付けながら、フロントホックを器用に外して寝てもちゃんと形を保った頃合いの乳房をひりだした。変態が濃い目と思ったのはハツモノのこのみや美紀のピンク乳首と比較したからで、白い透き通るような肌色が濃い程度だった。

「あっ、やっ、ああっ…、だ、ああっ、ゆるしてえ…」
変態が血走った目で半球型のオッパイに吸い付くと、若い有閑夫人の火照った体が反り上がる。イヤらしい舌先が乳首をチロチロして乳房全体が吸い取られそうに吸引される。野獣に成り下がった変態高校生の手が空いた乳房を握りしめて揉み砕き、もう一方の手がシットリ太ももを抱え上げてオマタを開帳させ、納豆のような糸を引くスジに隠れていた膣口をあらわにする。

「んぐっ、はあ…、母乳でないのかよ、奥さんっ」
張りのあるオッパイの気持ちいい弾力をさんざん堪能した変態は、艶めかしい太ももを抱え上げた手でいきり立つ息子の先端を膣口に狙いを定めながら、イヤらしい笑いを浮かべて切なげに顔をしかめる絵里子をのぞき込んでいた。

「やあ、ああっ、出ま、ああっ、せん…、お願い、もう、ああっ、許し、ああっ、てえ」
幼稚園の娘を産んだ母体の授乳時期はとっくに終わっている。迫ってくる残忍な笑いにギュッと目を閉じた美人妻は、熱い肉棒の先端が濡れたカラダの切れ目に侵入してくる予感に、火照った女体をかすかに震わせながら、変態の不満そうな声に応えていた。

「しょうがねえ、また出るようにしてやる、かっ…」
ぐひひっ、たまらんのおっ…、奥さん…、いい顔ぜよっ…。
ギュッと閉じた目尻からコロコロと涙をこぼす美人妻にマゾ気を最高潮に昂ぶらせた変態は、膣口のネットリトロトロに食い込んだ先端にニンマリすると
「おっ、おおっ…」
おら、お待ちかねのチンチンだっ…、くっ、あ…、ふあっ、と、とろけるっ…。
腰を押しつけて一気に根元まで挿入した。バーチャルナマ本番で熟れた女体のトロトロ具合を経験していたモリオだったが、リアル挿入はその何倍も気持ちよかった。

「ひっ、あんっ、んっ…、あ、ああっ…」
充分すぎる愛液を湛えた蜜壺は膨らみきった肉棒をあっさり咥え込み、タートルネックのカリで子宮口をこじ開けられていた。バーチャルチンポで陵辱されていた絵里子もモリオと同じで、リアル生チンポに犯された経産婦の下半身はこみ上げるうずきに耐えきれずにのけぞり、ベッドに押しつけられた頭はキラキラした髪を振り乱してアゴを突き上げ、震える白い喉を興奮した鼻息を鳴らす変態のギラついた目にさらしていた。

魔法のスティック (55)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:23:01 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/2831-1741242a
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next